サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きりひと讃歌 1(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1994/11/17
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-192001-2
文庫

紙の本

きりひと讃歌 1 (小学館文庫)

著者 手塚 治虫 (著)

原因不明の奇病「モンモウ病」をめぐる、陰謀と復讐の物語 ▼第1話/六十六号室▼第2話/袋小路▼第3話/前駆症状▼第4話/陥没▼第5話/ゴルゴダの丘 ●登場人物/小山内...

もっと見る

きりひと讃歌 1 (小学館文庫)

税込 618 5pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

きりひと讃歌(小学館文庫) 3巻セット

  • 税込価格:1,85516pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原因不明の奇病「モンモウ病」をめぐる、陰謀と復讐の物語

▼第1話/六十六号室▼第2話/袋小路▼第3話/前駆症状▼第4話/陥没▼第5話/ゴルゴダの丘 ●登場人物/小山内桐人(M大医学部付属病院医師・モンモウ病の研究を行っていたが、師である竜ケ浦の企みにより、自らモンモウ病にかかってしまい、世界各地をさまよう運命となる)、竜ケ浦(M大医学部付属病院第一内科医長・医師会の会長を目指し、モンモウ病を利用して業績を上げようと画策する)、占部(M大医学部付属病院医師・桐人とは古くからの仲だが、桐人・いずみと竜ケ浦の板挟みになって苦悩する)、いずみ(桐人の婚約者) ●あらすじ/人間がだんだんと、犬か狸のような姿へと変わり果ててしまう不治の病「モンモウ病」。M大医学部付属病院では、内科医長の竜ケ浦を中心にモンモウ病の研究が行なわれている。しかしその内部では、モンモウ病についての意見が対立しており、伝染病説を説く竜ケ浦は、風土病説を唱える桐人を疎ましく思っていた。そこで竜ケ浦は、どす黒い企みを胸に、モンモウ病の論文をまとめ終わった桐人に、その患者が多数発生している犬神沢村へ発つよう勧める(第1話)。▼桐人がやってきた犬神沢村は、深い雪に閉ざされた片田舎であり、住民もまた閉鎖的である。彼は着いた翌日から早速調査を始め、町外れの「あかずの小屋」でモンモウ病患者を発見する。その患者は、なんと前日に村から彼へあてがわれた「たづ」という娘の父親だった。彼の診察を済ませ、桐人はふもとの町に薬を買いに出るが、その途中で1人の男に襲われる。桐人の一挙一動は、住民たちによって全て監視されており、彼を陥れようとする計画が影で進行していたのだ!(第2話)。 ●本巻の特徴/第1巻では、犬神沢村でモンモウ病に冒されてしまった桐人の放浪の物語と竜ケ浦の医師会会長を目指す企み、そして桐人を失ったいずみに強引に迫る占部の姿が描かれる。 ●その他の登場キャラクター/たづ(犬神沢村の娘。桐人が村にいる間、彼の妻となる:第2、3、4話)、万大人(台湾の大富豪。自分の屋敷で、異常な残酷ショーを日夜繰り広げさせている:第4、5話)、ヘレン・フリーズ(修道女で、モンモウ病患者。占部にともなって来日する:第5、7話)、麗花(「人間テンプラ」を得意とする奇術師。万大人のもとで桐人と出会う:第6話)【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

桐人をとりまく黒い影が数奇な運命へといざなう

2002/07/28 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏野涼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とつぜん姿形が犬のようになってしまったらあなたはどうしますか?四国の奥地でまれに発生するという(現実かどうかは知らないけれど)。その名はモンモウ病。原因の分からない不治の病だ。桐人はさる大学病院でモンモウ病の患者を担当することになる。このモンモウ病の原因を風土病だと考えた桐人は、その原因をさぐるべく徳島へと渡る。これが彼を陥れるワナだとも知らずに。桐人は伝染病説をとる医長の“生体実験”の被験者にさせられてしまった!?そして桐人は発病してしまう。その後の運命は「過酷」以外の何ものでもない。彼がこんな目にあってしまう背景に、彼とは関係のない医学会をめぐる政治があるのだから、やりきれない思いがする。現実にはこんなことがないと信じたいが、医療をめぐる不祥事が続発しているのをみると大変不安だ。
それにしても、奇病と医学会の闇を関連させて物語により深みをあたえ、ともすれば読み手に心理的な負担をかけがちなテーマにもかかわらず、一気に読ませる作品を作り上げる手塚治虫の才能には改めて感心させられた。ブラックジャックと並ぶ医学漫画の傑作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/23 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/22 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/30 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/22 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/03 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/20 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/25 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/13 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/14 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/06 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。