サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.7
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-03044-3
文庫

紙の本

とんでもねえ野郎 (ちくま文庫)

著者 杉浦 日向子 (著)

とんでもねえ野郎 (ちくま文庫)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

江戸260年、太平の末の緩さにつけこんだ不良御家人の好き勝手ぶりが微笑ましい。

2012/03/05 18:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時は幕末。
 役人は増えすぎ余りすぎ。
 景気も悪く指揮する仕事もない。
 したがって最低の給金だけ。

 小普請の主人公・桃園彦次郎もその例に漏れない。
 暇だからと始めたのは、空き家の女郎屋を改造した道場。
 ところがこの幕末、道場に通うのはもっぱら町人の子供という時代。
 だから道場は、その辺の託児所状態なのだ。

 そんな設定のこの本は、桃園彦次郎の不良御家人ぶりが炸裂しているユーモラスなマンガ。
 暇を持て余した幕末の平和な雰囲気がぷんぷん匂ってくる。

 この彦次郎、不良御家人なのだが弱いから喧嘩はしない。
 もっぱら誰かにたかって、ただ酒を飲んでいる。

「おーい千造」
「これは旦那、よい天気で」
「それだから一杯やろう」
「ありがたいですな」
「見たぜ。てめえ 今 祝儀せしめたろう」
 などと言っては酒をたかる。

 彦次郎と八丁堀与力・大恩寺浅之丞の関係も面白い。
 この二人は幼馴染みで気心も知れている。
 だから彦次郎は、浅之丞の人の好さにつけこんで、しばしばいたずらをする。

「うちのヤツが病気で心細がっているから、非番の折りにでも見舞ってやってくれないか」
 と彦次郎。
 彦次郎の妻『若菜さん』を慕う浅之丞の気持ちを知って知らずか。
 浅之城はさっそく見舞いの品を持って桃園家を訪れた。
 彦次郎は妻に声をかける。
「大恩寺がハチ(飼犬の名)の見舞いにきてくれたぞ」
 ハチはしっぽを振り回しながら浅之丞の顔を舐めまくるのであった。

 ところでこのマンガは、ほとんどオチがない。
 それでも面白いのは、彦次郎の好き勝手ぶりで進む話が純粋に楽しいからだろう。
 またオチのない楽しい話は、オチなどない日常の中に湧いたおもしろ話という感覚があって、『ははは』と何気なく笑ってしまうような気楽な笑いを誘ってくれる。
 江戸260年、太平の末の緩さにつけこんだ彦次郎の好き勝手ぶりが、この時代の大らかさを感じさせるのも、微笑ましい。

 巻末の対談も良かった。
 彦次郎が道場を構えた蒟蒻島は実際にあって、その由来とか、歌舞伎や江戸の読み本は起承転結の結がないこととか。
 そんな江戸の豆知識に触れて、もっと江戸を知りたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白痛快・杉浦劇場

2002/02/16 16:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江戸・蒟蒻島にある「真武館」というオンボロ道場の主・桃園彦次郎は、「とんでもねえ野郎」である。借金踏み倒し、無銭飲食、女遊び、……悪びれもせず、日々やりたい放題に生きる。しかし彼の妻・若菜は、いつも明るく朗らか。養子で新参与力の大恩寺浅之丞は、人の好い性格で、いつも彦次郎の被害に遭う……。
 ギャグ漫画でも本当に面白いものは少ないが、この漫画はとにかく面白く、笑える。作者は恐らくギャグ漫画を描こうと思ったわけではないだろう。何も考えずに、計算せずに生まれた傑作なのだ。
 個人的に大恩寺浅之丞が好きだ。彦次郎のせいで、新しい刀を折るハメになったり、風呂に入れられて着物を持ち逃げされたり、野良犬をあてがわれたり……自分の生活だけでも気苦労が多い中で、彼はとにかく不幸である。そこが可哀想で可愛い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/25 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/03 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/04 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/23 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/06 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/28 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/17 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/29 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/30 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/09 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/15 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/31 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。