サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 大長編ドラえもん Vol.7 (てんとう虫コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大長編ドラえもん Vol.7 (てんとう虫コミックス)(てんとう虫コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: てんとう虫コミックス
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-140607-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

大長編ドラえもん Vol.7 のび太と鉄人兵団 (てんとう虫コミックス)

著者 藤子・F・不二雄 (著)

大長編ドラえもん Vol.7 のび太と鉄人兵団 (てんとう虫コミックス)

421(税込)

大長編ドラえもん7 のび太と鉄人兵団

432(税込)

大長編ドラえもん7 のび太と鉄人兵団

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「大長編ドラえもん Vol.7 (てんとう虫コミックス)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お友達になってね

2016/10/02 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

北極でロボットのパーツを拾ったのび太。
ドラえもんと協力して組み立て、巨大ロボットを作り上げます。
完成したロボットで遊んでいる時、ロボットが恐ろしい破壊力をもっていることを知り、
危険だとロボットの事は忘れようとします。
しかしそのロボットを探す不思議な少女・リルルがのび太の前に現れて…。

「鉄人兵団」も人気の高い話の一つです。
ドラえもんたちと祖国との間に揺れ動く、
ゲストキャラのリルルがとても魅力的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

のび太と鉄人兵団

2001/07/02 21:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スネ夫にロボットのラジコンを自慢され、くやしがるのび太だったが、偶然どこからか巨大なロボットを手に入れる。しかしそのロボットは地球侵略を企む“鉄人兵団”のものだった。地球の平和を守るべく、戦うことを決意するのび太たちだったが……。シリーズ7作目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/24 02:10

投稿元:ブクログ

大長編シリーズの中ではだんとつでNo1。リルルが最後に挨拶にくるところがあの人のところ、というのが泣ける。

2010/10/24 13:50

投稿元:ブクログ

幼稚園のころよりロボット大好き人間だった僕は、この『鉄人兵団』も大好きでした。同時に、リアルなロボットたちと容赦ない攻撃の数々、怖すぎでした。でもって、リルルのセクシーなシーンが多くてドキドキでした。鏡面世界にも憧れたものです。

最後のリルルとしずかちゃんのお別れのシーンは、映画ドラえもんの中でも、最も感動的なシーンのひとつです。今も語り継がれていますよね。

2012/02/26 21:28

投稿元:ブクログ

何故か懐かしく、無性にまた読みたくなって。大長編シリーズでは1、2を争う人気作品ではないでしょうか。他のもまた読み返したい。

2015/03/04 00:42

投稿元:ブクログ

ガンダム系(って言っていいのかよく分からんのですけど)に対するパロディなんじゃないかと昔から思ってます。そんな意味ありげに描かなくても、こんな感じでもいけるでしょう?という軽やかさ。劇画・オバQみたいなもんです。ということは置いておくと好きなシーンはリルルさん消滅なんですけど、泣く二人の手前で博士に射す陰…あの描写だけで、彼が背負ったものの大きさってのがドーンときますよね。そしてオヤジ蚊と子鹿。

2009/03/27 23:26

投稿元:ブクログ

映画化は9作目くらいまでがすき。
リルルの原型は「タイムパトロールぼん」の女の子じゃないかなーと、あやふやな記憶で考えてるんだけどマイナーすぎて誰にも言えない

2009/09/23 14:49

投稿元:ブクログ

これはロボットとロボットの大戦争です。そして、少女リルルに出会った。いい人と思ったのにリルルが悪い人です。でも、最後友達の友情を感動されて、皆を救うために、身を犠牲にした。ちょっと悲しいと思う。これはロボットのことちょっとびっくりです。最初、リルルは人間と思ったのに正体はロボットです。こんな念入りな技術今まで、まだ作られないと思う。

2013/12/31 13:27

投稿元:ブクログ

映画でも観たことのある作品の1つ。
やはり大人になって読むと、示唆に富む名言があちらこちらに鏤められている。

「みんなが競い合えば、それにつれて社会も発展していく。ただし、ひとつ間違えると…、自分の利益のためには他人をおしのけてもという…、弱い者をふみつけにして強い者だけが栄える、弱肉強食の世界になる」(p194)

2011/02/24 11:43

投稿元:ブクログ

3月5日ロードショーのドラえもん映画2011の原作本です。http://doraeiga.com/2011/
ドラえもんのお話って、どこか優しいところがあって大好きです。ラストのシーンでリルルが天使になりたいっていうセリフ、大人でもうるっときてしまいます。どの世代からも愛されるのが分かりますね。
http://sgk.me/eXIPni

2012/08/24 17:35

投稿元:ブクログ

初めに書いておくが、以下は決して批判ではない。わたしがこの作品から受けた圧倒的な感動も、作家の偉大さも、最早傷一つつけられるものではない。
 
大人になってから再読しての印象は、「小さい」ということと「速い」ということである。前者がどういうことかといえば、ザンダクロスの部品が落ちてくる場面や、氷原を探索して熊をかわすリルルなどに対して、重量感、先入観としての寒さといった臨場感が得られず、少々呆気にとられてしまった。藤子氏は同様の絵柄で大人の鑑賞に足る作品をいくつも作ってきた人であるので、それが描けないはずがない。つまり、明らかに、子供向けの味付けをしていたのだ。その点で素朴に衝撃を受けた。
 
次に後者であるが、展開/転回がとにかく早い。考えに浸るための時間(マンガ表現では空間量)というものが、ほとんどないどころか、むしろ半ば無理くりに切り詰められている。制限された紙面によくこれほどの転回数を折り込んだものだと驚いた。長編作品で子どもの注意を引くというのはかくのような仕事でもって成り立つのだろう。(子どもの頃の私はそれでも何度も途中でうたた寝してしまったものだ。)
 
射撃の名手であるのび太がリルルに対して銃口を向けたシーンは、最早手垢のついたような展開であるにもかかわらず、猛烈な迫力でわたしの心臓を鷲掴みにした。静香がリルルに一旦は激昂するものの、戻ってくる場面なども、自分がため息をつくことでそれまで緊張し続けていたことに気づくほどだった。とても斜に構えて笑えるようなものではない。藤子氏の手腕がなせる業である。
 
今回発見したのは、子どもの頃のわたしは圧倒的な数量差のある鉄人兵団の布陣に全く絶望しなかったということであり、大人になってなおわたしは恐怖感を味わうことがなかった。ドラえもんで恐怖を味わったのは、仲間がいなくなってしまうこと(竜の騎士のスネ夫、ドラビアンナイトでの静香、ブリキの迷宮のドラえもん)と、家族が敵によって魔物に変えられてしまったこと(西遊記)、幽霊的な敵(メデューサ、ツチダマ)などであって、機械に対する恐怖感の王道は<人心を解さない>ということだが、そういう要素は無かった。
 
この作品をある秘密道具で決着させたことを藤子氏は悔いていたそうだが、自我を得た一アンドロイドが長い葛藤の末に到った結論としてこれほど胸を打つエンディングはそうそう無いのではないか。それを間近で見た者の心中はいかほどのものであったか。

終盤の彼女のセリフはどこまでも美しい。

2014/04/07 04:35

投稿元:ブクログ

「新・のび太の大魔境」の映画CMを観ていたら何となく物悲しい気持ちになり、自分の思い出のドラに浸りたくなって唐突に買ってきました。私はドラえもんは原作派だったのですが、既読の大長編の中ではこれが一番好きです。もーう…咽び泣きました。リルルに襲われながらも彼女を見捨てられないしずかちゃんに、「いくじなし」と言われながらもリルルを撃てないのび太に、自身の感情に戸惑いながら地球侵略中止を進言するリルルに、後半はもう延々と泣いてました。子供が読んでも面白いけど、大人が読む方が胸に迫るものがあると思います。
ところで、大長編の敵の中では鉄人兵団(中でも総司令)が私一番怖くてですね…。夢に出そうだったなあ。やっぱりロボットだし、表情が出ないからですかね。

2015/10/20 16:06

投稿元:ブクログ

他の方が大変有意義なレビューを書いていますので詳しくは書きませんが、子供の頃見たこの本や映画版で、20年後に再読してまさか涙を流すとは思いませんでした。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む