サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

手塚治虫名作集 16 アポロの歌 2(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-748304-8
文庫

紙の本

手塚治虫名作集 16 アポロの歌 2 (集英社文庫)

著者 手塚 治虫 (著)

手塚治虫名作集 16 アポロの歌 2 (集英社文庫)

627(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

手塚治虫名作集(集英社文庫) 21巻セット

  • 税込価格:12,992120pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

終わりのない苦しみは何のためのものなのか?愛の意義を問う物語は結末を迎える。

2001/01/26 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ランゲルハンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近石昭吾はいまだ終わりのない罰を受け続けている。愛を信じないゆえに続く、永久の愛の苦しみ。彼はいつまで試練に耐えなければならないのか? 彼が愛を信じるようになればこの試練は終わるのか?
 第4章では近未来が舞台となっている。そこを闊歩しているのはかつて人間がつくり出した合成人。女王率いる合成人たちは、本物の人間を追放しようとしていた。女王暗殺の使命を負った昭吾は、逆に合成人たちに捉えられてしまう。合成人は彼にあることをさせるために彼を殺さないでおいたのだ。
 自分たちをつくった人間よりも頭脳も肉体も優れている合成人たちだが、彼らは愛というものをもたない。彼らを動かしているのは合理主義のみだ。合成人の前身は都会の人間だった。自然を汚し、自分たちの都合のいいように変えてしまう都会の人間の性質を、合成人もそのまま受け継いだのだ。
 現代の日本も、科学と経済の発展によって、少なくとも物質的な繁栄を享受している。それでも科学はさらに高度化しようとし、経済においても再び好況になるべく国家をあげて努力している。そこには何かが足りない気がしないだろうか? 競争原理や合理主義に則ってさらに努力を続けて、これ以上に豊かさを追求するのだろうか? 何を求めて人間たちは毎日のように争い合い、ストレスを自らつくり出しているのか? 私たちは愛をもたない合成人に近づいているのではないだろうか?
 そして第5章。ついに愛というものを掴んだ昭吾の姿に、彼を治療していた医師は思わず「きみはなおったな…!」とつぶやく。それでも今回も彼の愛は報われない。
 時と場所を超え、結ばれぬ愛を繰り返す昭吾は、長い歴史の中で愛に苦しめられてきた人類の姿の象徴ではないだろうか。それでも愛があるからこそ人間なのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/10 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/21 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る