サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

るきさん(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 117件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/126p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03211-8
文庫

紙の本

るきさん (ちくま文庫)

著者 高野 文子 (著)

るきさん (ちくま文庫)

税込 626 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

仕事で疲れた時、風呂上がりにほっと一息ついたとき...

ジュンク堂書店福岡店さん

仕事で疲れた時、風呂上がりにほっと一息ついたとき、
そして寝る前のひと時…

いつも傍らに置いておきたいのがこの作品。

まず個性的な色使いとデッサンに心を掴まれ、
マイペースな「るきさん」を羨んで、
友達の「えっちゃん」に救われた気分になって、
最後はじんわり癒される。

連載終了から20年経っても色褪せることのない、
まさに名作です。


コミック担当 えもと

ジュンク堂書店千日前店

「るきさんは今日もど...

ジュンク堂書店千日前店さん

「るきさんは今日もどこかで、少し楽しく、うふふと生きている。」
(『るきさん』氷室冴子の解説より)

この本の主人公「るきさん」は、恋人はなし、友達はひとり、
仕事は在宅の事務仕事。趣味は読書と切手収集のとことん
呑気でマイペースな女性です。
気にしない、贅沢しない、落ち込まない、そんなるきさんの日常に
思わずほっと肩の力が抜けていく・・・

常に眉間が開いていてリラックス状態のるきさんのような生き方が
できたらと、と何度も読み返してしまいます。

文庫担当 山下

丸善札幌北一条店

みんなのレビュー117件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

自分を見失ったときに読むとホッとします。

2006/01/09 02:28

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:豆丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

るきさんは日常しかかかれてないほのぼの系まんが
30過ぎだと思われるマイペースかつ規則的に生きるのがこの本の主人公。
時代背景はバブル期終板だったかな?
でも、今読んでもとても面白いし、マイペースさに救われます。
同じ靴・同じはさみを沢山買ってそこらじゅうに置いておくってとても便利だと気づかされたりする。
また、主人公の友人がいい味出していてるきさんと正反対のようでなんだか似ている、
この本の良さを説明するのはちょっと難しいけれど期会があればぜひとも読んじゃってください。
とく一人で生きる女性にお勧めですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ、エッセイ漫画の最高峰!

2011/10/08 17:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

高野文子さんの描く漫画には、きちんと暮らす日々、生活が織り込まれている様に思う。
この『るきさん』からも日々を溌剌と暮らす姿が感じ取られて好印象を持った。

冒頭の一コマ目、バリバリ仕事をこなす為、長い髪を後ろで結んで凛として作業に臨むるきさん。
二コマ目は、彼女のお仕事(仕事にお、が付いてるのが何とも好印象)

お医者の保険の請求を加算機で打ち込みするのに、お薬の名前を呟きながらタイピングする
微笑ましいるきさんの姿が。この二つのコマで既にるきさんの事を好きになった。

彼女は一ヶ月分の仕事を一週間でこなし、プライベートでは髪の毛を解き、図書館に出掛けたり、
郵便局へと切手を求めに行ったりと充実している。夕飯を食べ、お風呂に浸かって、寝床で読書をする。

なんて肩の力が抜けているんだろう。うらやましい位に自然体だ。
友達の『えっちゃん』とも名コンビなのがよく分かる。ほっこりするなぁ、うん、気持ちがほぐれるよ。

ラストの飄々としつつも大胆な話の終わらせ方には驚かされたけど、
それもまた『るきさん』っぽくて好きだった。あ~、面白かったなぁ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

るきさんで笑おう。

2003/12/18 00:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BIT - この投稿者のレビュー一覧を見る

るきさんを読むと、元気が出る。


確かに、のほほんとしたるきさんの生活に癒されているという部分もある。
しかし、それ以上に、単純にこの漫画はおもしろいのだ。
何回読んでも笑ってしまうコマがある。
普通の人の生活にもありえる、細かい、しかも確実に笑ってしまうネタがちりばめられている。
しかも、完璧に計算されたテンポと構図とセリフで。

「豊かさ」とか「人生」とか考えさせられる漫画ではあるけれど、敢えて単純に笑うために読むというのも、この本の読み方としてアリだと思う。
つまり、いろいろな読み方ができるということ。
一冊で何度でもおいしい、素敵な本です。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名もなくフツーにのんびりと……。

2002/06/19 21:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岡野義高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あたしなんか 今すっごい 贅沢な気分した」
「した 手持ちの宝石売りながら暮らす 没落貴族のハイミスの気分」


るきさんは在宅の仕事。
医者の保険の請求を代行している。
電卓をはじくのがとても早い。
だから、一ヶ月の仕事が一週間で終わる。
でも、もっと仕事をしよう、などとは考えない。
るきさんは、のんびりと暮らすライフスタイルを選んだのだ。
とくべつ給料がいいわけでもないので、シンプルで質素な生活となる。

世間の流行とは無縁だけれど、キャリア・ウーマンの親友、えっちゃんが、ときどき世間の風を吹きこんでくれるので、それでじゅうぶんなのだ。

最小限の金だけ稼いで、多少貧乏でも、のんびりと暮らす、というライフスタイルは憧れなんだけど、これを、るきさんがやると、21世紀版「風流」な暮らしになる。
金がなくても、おもしろおかしくすごせるのだ。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ずっと手元に置いておきたい一冊

2016/03/24 20:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メロリーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

PCがあるし今ではかなわないだろう時代のとってもうらやましい生活。在宅の仕事で一か月の仕事を一週間で終わらせてのんびり過ごす。劇的な事や特別なドラマは何も起きません。お金のかかる趣味もなく。それなのになんて贅沢で豊かなんだろう。親友のえっちゃんがキャリアウーマンでファッションやお買物大好きでるきさんと対照的なキャラなので、よりるきさんが際立ち、えっちゃんが登場する事でのんびりした世界にも動きが出る。本当に何度読んでもあきないマンガです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和やかで確かな人生

2019/04/14 01:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:beni - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ10年来の愛読書なのだが、この漫画の最初の日付が 88.6.2 となっていて、その度に驚く。
バブルの時代から、こんな女性像を描けた高野文子氏は、噂通り天才なのであろう。

何度読んでも飽きないのは、ストーリーの軽妙さもあるが、絵の上手さもあると思う。
何も精緻に描きこまれた絵だけが巧いのではない。
肝心な線だけ残して後はデフォルメ
これが出来る人が漫画が上手い人なのだと、つくづく感じる。

軽妙洒脱という言葉を、この作品に贈りたい。
こういう本に巡り合えた自分は幸運である。

一人で生きている、生きていきたい、特に女性へ。
人生の道連れに是非「るきさん」を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡々と、楽しく生きる

2018/05/29 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アンパン - この投稿者のレビュー一覧を見る

生活を淡々と、しかし羨ましいほどに楽しんでいるるきさん。あんな生き方ができたらいいなと思う。
るきさんとえつこさんの、つかずはなれずの関係性もとても良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく笑える

2017/06/25 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑いなしでは読めません!

漫画になっているので、普段本を読まない人でも楽しむことができます!!
るきさんの生き方、考え方が素敵で何度も読み直してしまう本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おばあちゃんになっても大切にしたい本

2017/03/09 10:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

購入してから、
すでに10周くらい繰り返し読んでいます。
話も覚えてしまいました。
でも全くあきません。
少し時代が古いのが逆に親しみがもてる気がします。
スマホじゃなくて固定電話とか、バブリーな服とか…
この時代を生きてたわけではありませんが、
懐かしくもあり、るきさんのひょうひょうした生き方に、憧れを感じます。
高野文子さんのシンプルだけどセンスのある色使いも素晴らしい…
疲れた時でも、サラッと読めるところが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

るきさんの生活は皆の憧れ

2016/01/31 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

るきさんの生活は皆の憧れ、こんな生活してみたい。話の雰囲気と絵柄がぴったり合っていて読んでいて心地よい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大好き!

2015/07/12 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hohoho - この投稿者のレビュー一覧を見る

プレゼントに、子どもが気にいってたまに取り出しては読むのできれいなものを、と3冊めになるでしょうか?
単行本サイズのものも持っていますが、元気がないとき枕元に・・・。
著者自身はさほど思い入れもないし気にいっているわけではないというこの『るきさん』だけれど、私は大好きです。
読み飽きませんし、なんだか癒されてしまう。
るきさんの淡々とマイペースな日常、満たされている感に(毎日ばたばた気持ちも体もあくせくしている自分としては)憧れてしまうのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

るきさん、マイペース過ぎて微笑ましい

2006/12/19 17:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 AERAの日本のマンガ特集に関連した記事で、
荒俣宏さんが、高野文子さんのことを、「マンガでしか、表現できないことをやっている」と、言っていたので、そりゃ凄いと、興味を持ち、読んでみました。
 メインの狙いは、「黄色い本」で、今回は、一応「黄色い本」への前ふりです。
 この「るきさん」雑誌HANAKOに連載さられていたみたいです。
医療事務の計算業務を在宅でやっている、るきさん。
 仕事はめちゃめちゃ手早く、一ヶ月の仕事を一週間でやっちゃいます。
るきさん、めちゃめちゃマイペースです。
 図書館では、子供と本の奪い合い、趣味は切手集め、ギーギーいう郵便局の扉をいつも開け、欲しい切手を虎視眈々と狙っています。
手紙を出すという、友人のえっちゃんに、シブすぎる切手を渡し、
ちょっと嫌がられています。
 流行にとらわれないファッションなので、昔の写真を見ても、るきさん、殆ど変化なし。
基本的に、御気楽なるきさん、OLのえっちゃんに成り変わることを夢想するエピソードも
 笑っちゃいます。
(えっちゃんのお茶の評判をあげとくわよとか、
5時になったら帰ってもいいんでしょとか、言ってます)
 ラストに(このパートだけ、恐らく単行本用に書き下ろし)
イタリアに現在滞在中という、るきさんからお便りが届きます。
 相変わらずのるきさんの様子から、本当にイタリアに行っているのか、
ちょっと不明だったりします。
 これ、高野さんが、こんな感じの人なのか、
流行や周りにとらわれずにこういう風に生きたいというテーマなのか、
あまりよく知らないので、ちょっとよくわかりませんが、
 バブルは終わったかもしれないけどまだデフレ前のリッチな時期に描かれたはずなのに、
微笑ましくて、なんかいいですね、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

総天然色るきさん

2002/07/31 21:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アカシア・ペコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まんが『るきさん』はオールカラーだ。文庫版だとなおさらお得感が増す。実は白地もけっこうあるけれど、目にやさしく配色されているので、ほとんどオールカラーだと言ってよい。色が記号として使われているような気もする。話ごとに色気がある。オールカラーだろう、おそらく。
 さて、主人公・るきさんにはるきさんワールドがある。サザエさんにサザエさんワールドがあるように。るきさんはいつまでもるきさんのままである。ただし『るきさん』においては家族を意識させる描写が無ければ、団欒も無い。代わりに他者としてるきさんの友人・えつこさんが登場してくるわけだが、えつこさんにもえつこさんワールドがちゃんとある。パースペクティヴの異なる二人の生活観の並置は読者の生活観とも相対化されやすいから停滞感のどつぼには嵌まりにくくなっている(この感想は単行本で読むという事情にも関係するだろう)。ところが『るきさん』はあくまでまんがなのであり、まんがの枠のなかでは完全な停滞がたしかに続いている。だから『るきさん』が最終回を迎えるとき、るきさんはるきさんワールドをすてざるをえないのだが、「世界」と「わたし」とは依然ちかい場所にあるもので、それは読んでからのお楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常を描く

2002/04/24 22:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

「日常」のみを描いたマンガ。ほのぼのとした感じがいい。なぜ「ほのぼのとした感じ」がするかというと、それは一コマの情報量を見ればわかる。世間でいう「売れるマンガ」というのは、一コマの中に膨大な「情報」や「意味」を詰め込んだ作品が多いように思う。それに対しこの「るきさん」は、ど〜でもいいことにコマを使っていて、それがすごく「ほのぼのとした感じ」を作り出している。ここに何か変わった情報があるわけでもないし、特別な意味がこめられているわけでもない。ごくごくありきたりな独身女性二人の生活が、「普通」に描かれているだけだ。それなのに、この本を読むと、他のマンガにはないものを感じてしまう。それ以上うまく言えないので、ぜひ読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/10 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。