サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孔子暗黒伝(集英社文庫コミック版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

孔子暗黒伝 (集英社文庫 コミック版)

著者 諸星 大二郎 (著)

孔子暗黒伝 (集英社文庫 コミック版)

税込 792 7pt

孔子暗黒伝

税込 752 6pt

孔子暗黒伝

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 94.5MB 無制限
Android EPUB 94.5MB 無制限
Win EPUB 94.5MB 無制限
Mac EPUB 94.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なんというスケールの大きさ。すごいなあ。わくわくしたなあ。

2010/01/18 23:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「週刊少年ジャンプ」に、1977年~78年にわたって掲載された漫画。1949年生まれの諸星大二郎、当時、20代後半。というのがちょっと信じられないくらいスケールがでかくて、途方もない広がりと深みを兼ね備えた作品。孔子は出てくるわ、老子は出てくるわ、さらには仏陀(ブッダ)まで出てくるわ、話の風呂敷が一体どこまで広がっていくのか、いやもう、たまげました!

 空間的には古代中国とインド、さらには東方の島国にまで話が展開するとともに、時間的にみれば、紀元前の古代の世界と、宇宙衛星が回る2000年以上も未来の時代とが輪っかのようにつながるという、なんというスケールの大きさ。すごいなあ。わくわくしたなあ。

 なかでも印象に残ったのは、ある生き物の角にからまっていた布に空いた穴が、コンピュータの二進法の記号と重なることが分かるシーン。二千年あまりの時を超えて、はるか古代と未来の尾っぽがひとつに合わさったみたいな、スリリングな驚きに打たれました。

 北森鴻が何かでおすすめしていたので興味を持って読んでみた「妖怪ハンター」シリーズを足がかりに、あれこれと読んできた諸星大二郎作品。今さらではありますが、本作品とめぐり合うことができた喜び、「こんなすごい作品があったのね!」という驚きを堪能しました。

 にしても、これが、作者の20代のマンガてんですから・・・・・・。「ほんとなのか!」と言うしかないっす。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

濃厚!面白い!

2015/09/25 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うもも - この投稿者のレビュー一覧を見る

スケールが広い!
絵柄といい「仏教」や「儒教」などなどちょっと…いやだいぶ身構えてしまう要素てんこ盛りなのにスイスイ読めてしまいます。
読み終わったあとはボーゼン…
分厚い濃厚ストーリーを読みだい方は是非とも!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇想天外

2001/08/24 19:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫やなぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 孤高の漫画家、諸星大二郎の初期の代表作。これが少年ジャンプに連載されたとはにわかに信じがたい。気宇壮大にして奇想天外な物語は、古代史への独創的な視点に基づいていて、ただただ驚くばかり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仏教と儒教と道教、それに神道

2006/11/23 20:18

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この分量に収めるにはもったいない話である。是非、時間をかけて長編に書き直してほしい。

 まず、孔子と陽虎、顔回・子路・子貢らの人間関係を描いてほしい。論語や儒教に興味を持ったことのある人間には、ある程度それぞれの性格や人間関係が分かるが、知識が乏しい人には味わいが分からないだろう。さらの人にも分かるように、このあたりに1・2巻使ってもよいくらいだ。

 次には、釈迦である。いきなり入滅では仏教哲学のどのあたりとこの作品が対応しているのか分かりにくい。手塚治虫の『ブッダ』ほどではないとしても、ここにも1・2巻ほしいところである。その他にも、老子や狂接輿などの物語を丁寧に描き、手塚の『火の鳥』くらいの長編にしてほしい。読者各自が各自の思いで補えということなのだろうが、私には著者がどこまで分かって描いているのだろうかという興味もある。

 そして日本編はあまりにもあっけなく終わり、映画「2001年宇宙の旅」のエンディングを思い出させるような結末である。このあたりももう少しページを割いて描いてほしかった。なぜ、作者が膨張宇宙が膨張し続けるのでも、定常宇宙になるのでもなく、収縮に向かうと考えるのかはっきりしない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界は「呪い」に満ちている

2005/10/18 11:24

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『陰陽師』最終巻を読み終えて、箸休めではないが『孔子暗黒伝』を少し読み進め、結局、翌日の昼下がり、『music for 陰陽師』(ブライアン・イーノではなくて伶楽舎の雅楽の方)を聴きながら一気に読み終えた。読後、眼精疲労と軽い頭痛に襲われた。文庫では活字が小さすぎる。描線が濃すぎる。少年ジャンプ掲載時に断片的に読んだ記憶があるが、もう少しのびやかな印象だった。
 奇譚、伝奇、異説(トンデモ)本としての面白さは格別だが、なによりマンガとしての出来が破格。どこか身心の歪みと時空のズレを内蔵した人物・風景の描画とぎくしゃくしたストーリー展開が読者の想像力をかきたてる。
 『孔子暗黒伝』を読んだら『暗黒神話』も読まなきゃダメ。だれかがブログにそんなことを書いていた。で、そのふたつを読んだら『西遊妖猿伝』も読まなきゃダメとも。で、『暗黒神話』を続けて読もうと思ったが、眼と頭のことを考えてひかえた。
 京阪神エルマガジン社の『ミーツ・リージョナル』(11月号)に「街人の「イマヨミ」読本。」という特集があって、筆頭に内田樹さんの「脳内リセット故人伝」というインタビュー記事が載っている。そこにとりあげられた三冊の本のひとつが白川静『孔子伝』で、諸星大二郎『孔子暗黒伝』と酒見賢一『陋巷に在り』の知られざる原作本として紹介されている。「読んでびっくり、世界は「呪い」に満ちている。」ちなみに、他の二冊は『氷川清話』と『明治人物閑話』。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

孔子暗黒伝

2017/07/03 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史好き、特に三國志あたりの歴史が好きな人にはおもしろいマンガと思います。
暗黒伝と言うだけあってか、孔先生が訪れなければ…云々…的なシーンも有りますねw。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/02 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/31 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/29 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/01 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 04:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/14 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/18 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/17 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫コミック版 ランキング

集英社文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。