サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 角川書店の通販
  6. 角川文庫の通販
  7. アイデン&ティティ 24歳/27歳の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/369p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-343401-5
文庫

紙の本

アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

著者 みうら じゅん (著)

アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

税込 1,012 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

アイデン&ティティ 5-158
マリッジ 163-362

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店京都BAL店

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

文科系男子は必読ではなかろうか

2004/05/02 23:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バンドブームの真っ只中から終焉に至る時期に音楽を続ける男を描いた「アイデン&ティティ」と、その3年後に、同じ主人公が芸能界の流れの中でふんばりながら様々な愛に悩む「マリッジ」の2作を1冊にまとめたもの。「アイデン&ティティ」ではボブ・ディランが、「マリッジ」ではジョン・レノンとオノ・ヨーコが、それぞれ主人公にだけ見える人物として登場し、心の支えになる。そして、彼らとともに、あるいはそれ以上の存在として支えになるのが、主人公の彼女の存在だ。
 俺はバンドを組んだことはおろか、音楽をつくる才能もない。でも、主人公が彼女のためになにかをつくろうとするという設定が、すごくよかった。主人公が彼女を前にして思う「ぼくは/やっぱり/この人に/ホメてもらう/のが/一番/うれしいんだ」という言葉で、ちょっと泣いた。
 こういう女性がそばにいて、それこそ主人公が神のように思うディランやレノンと同じくらいの影響力のある言葉を与えてくれる、自分が前に進むための感情を呼び覚ましてくれるというのは、ひとつの理想だよなあ。
 もちろん、みうらじゅん氏の実体験も活かされているのだろうし、1980年代の音楽、バンドブームってこんなだったなあという懐かしさもあると思う。でも、当時をあまり覚えていない俺のような人間にも、充分に楽しめた。人によって色々な読み方ができると思う。いずれにせよ、文科系男子は必読ではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/15 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/12 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/18 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/08 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/21 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/29 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/22 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/10 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/23 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/23 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/29 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/09 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/01 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。