サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0221-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

栄光のナポレオン エロイカ 1(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.5
  • 出版社: 中央公論社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-202866-1
文庫

紙の本

栄光のナポレオン エロイカ 1 (中公文庫 コミック版)

著者 池田 理代子 (著)

栄光のナポレオン エロイカ 1 (中公文庫 コミック版)

税込 628 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

栄光のナポレオン(中公文庫) 12巻セット

  • 税込価格:7,53768pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

天才の若かりしころ

2002/05/21 18:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:瑠  - この投稿者のレビュー一覧を見る

1973年、王妃マリー・アントワネットが処刑されたのちのフランスを描く第一巻。本書はいわずとしれた「ベルサイユのばら」を描きあげた著者が、ふたたび同作品のキャラクター(ロザリー、アラン、ベルナールなど)を用いて、ナポレオン帝国の謎に挑む。まったくの無名だったころのナポレオンにはじまり、己の才能だけで運命を切り開いていく青年の勇敢さや、大胆さが綿密に描き出されている。また、分類からすれば少女漫画にあたるだけあって、ナポレオンの恋愛面も大きく取り上げられているため、比較的幅広い年齢層に愛される作品だろう。
「ベルサイユのばら」のころと画風は多少なりとも変化している物の、その完成度はまぎれもなく男装の麗人オスカル・フランソワを誕生させた著者のものである。「ベルサイユのばら」ファンはもちろんのこと、ナポレオンに興味はあるが詳しく調べるのはめんどうだというかた、そして純粋に面白い漫画を読みたいというかた、すべてのひとにご一読いただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大真面目のうぶな男

2017/10/25 22:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベルばら後のフランスをナポレオンの興亡を通して描きます。
 第1巻は、1795年のヴァンデミエールの王党派暴動の鎮圧からジョゼフィーヌとの婚約まで。フーシェ、タレイラン、ベルナドット将軍といったキーマンが続々登場し、アラン、ロザリー、ベルナールといったベルばらメンバーが脇を固めます。
 それにしても、天才的な戦略家ナポレオンは女性を見る目は全くなく、大真面目のうぶな男(現代社会だったらストーカー的な偏愛)だったとは意外です。また、家族の幸せのためなら何でもやるというフーシェの不気味さには目が離せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/29 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/18 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/26 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/11 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/22 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/19 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/18 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/26 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/24 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します中公文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。