サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. マンガ評論・読み物の通販
  5. 美術出版社の通販
  6. マンガ学 マンガによるマンガのためのマンガ理論の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マンガ学 マンガによるマンガのためのマンガ理論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 美術出版社
  • サイズ:26cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-568-50198-9
コミック

紙の本

マンガ学 マンガによるマンガのためのマンガ理論

著者 スコット・マクラウド (著),岡田 斗司夫 (監訳)

アメリカのコミック・アーティストがマンガをマンガとして真面目に分析した、洞察力に富む漫画論。メディア論としても日本論としても深読みできる、漫画をより深く理解するための完全...

もっと見る

マンガ学 マンガによるマンガのためのマンガ理論

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカのコミック・アーティストがマンガをマンガとして真面目に分析した、洞察力に富む漫画論。メディア論としても日本論としても深読みできる、漫画をより深く理解するための完全攻略本。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マンガを語る時のスタンダードにもなり得る本だと思います

2005/08/24 23:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

これこそマンガ学だと思います。タイトルがそうだからというわけでなく、マンガで表現されているからでもなく、マンガをマンガとして捉えようとしているところが何より素晴しいと思います。
従来からあるマンガ評論はどうしてもストーリーないしテーマに重点が置かれていました。キャラクターが論じられることもありましたが、それもあくまでもストーリーの中の登場人物という見方が多かったと思います。
確かにマンガ、特に日本のマンガの特徴はそのストーリー性にあります。他のメディアでは取り上げられていなかったテーマやストーリーを積極的に取り上げて、ただのお笑いマンガを大きなメディアに成長させたのは確かなことです。そこには、やはり手塚治虫の存在が大きかったのだと言わざるを得ないでしょう。それ故に、マンガを語ることはそのストーリー性を語ることだと思われてしまっている面が否めません。
しかし、マンガはあくまでもストーリーを絵で表現することで何らかのテーマを訴えるものだと思うのです。だから、ストーリーだけでなく絵についてもきちんと評論することが大切なのだと思っていました。日本のマンガ評論にもそのような立場から語られているものが見受けられるようにもなっていました。
ところが、この『マンガ学』です。最初から絵としてのマンガをいかに捉えるべきかというところから語られています。目次を見てみましょう。「マンガの記号論」「コマの隙間に何がある?」「時間と空間の認知科学」「描線の生態観察」といった章が並んでいます。あくまでもマンガを「描かれたもの」として捉えようとしているわけです。もちろん、後半にストーリーの話も出てきますが。
こうしたマンガ評論は、やはりアメリカ人だから出来たのかなあと思います。それでも、日本のマンガ評論にも必ず応用できることだと思います。この本で語られているような視点を持ったマンガ評論が出てくるのを待ちたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/15 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/09 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/03 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/06 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/04 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/11 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

マンガ評論・読み物 ランキング

マンガ評論・読み物のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。