サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

P.A. 1(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-191172-8
文庫

紙の本

P.A. 1 (小学館文庫)

著者 赤石 路代 (著)

P.A. 1 (小学館文庫)

税込 639 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

P.A.(小学館文庫) 4巻セット

  • 税込価格:2,61923pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

天才的な演技力で、次々と事件を解決するプライベートアクトレス

2000/10/28 12:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱鷺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学校では病弱なお嬢様を演じている小早川志緒は、他人の日常生活の中で依頼された役を演じるプライベート・アクトレスのバイトをしている。清純派の人気女優と有名俳優の間に生まれた志緒は、天才的な演技力を持っている。毎回、さまざまな依頼を受け、他人に完璧になりすまし、複雑な人間関係の中に飛び込んでいく。志緒は、事件に巻き込まれ、多くの困難にぶつかるが、その度に、天才的な演技力で問題を解決していく。後半では、正式に映画デビューして、本当のアクトレスになります。
 赤石さんの描く「志緒の天才ぶりが発揮される場面」はとても緊張感があって、すごいと思います。また、各話のタイトルのつけかたが、「たとえばハイネみたい」「正しいショパンの楽しみ方」「シェイクスピアのたまご」と有名人や作品をもじっていて、とても素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人の痛みを受け入れられる心

2001/03/09 21:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にむまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人の痛みを自分の痛みと感じて、依頼人の為だけに演じる女優稼業、それがP.A.(プライベートアクトレス)だ。なんでも人の為になどという考えを、主人公ははじめから持っていたわけではないが、この仕事が広がりをみせるのは天賦の才なのだろうか。その人としての感性は今の若者が忘れかけているものではないでしょうか? 打ち込める事をもつことで、きっと人を演じつつも自分磨きの一環となっているのでしょう。あまりにも複雑に絡み合う感性がぶつかり合って、思いがけずその人の心の中まで見えてしまうのは、なんとももの悲しい。読んでいると哀愁さえ覚える作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/20 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/23 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/22 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/11 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/25 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/14 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/08 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します小学館文庫コミック版 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。