サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ヒカルの碁 1 (ジャンプ・コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒカルの碁 1 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 178件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1999/04/30
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-872717-7
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ヒカルの碁 1 棋聖降臨 (ジャンプ・コミックス)

著者 ほった ゆみ (原作),小畑 健 (漫画),梅沢 由香里 (監修)

ヒカルの碁 1 棋聖降臨 (ジャンプ・コミックス)

421(税込)

ヒカルの碁 1

400 (税込)

ヒカルの碁 1

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヒカルの碁 1 (ジャンプ・コミックス)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー178件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

主人公が強いけど、それはチートです。

2016/03/27 00:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

右も左も分からない囲碁の世界で、佐為の声に従って置いていくだけでどんどん勝ち進んでいく主人公。大きな壁を目標に切磋琢磨するようなマンガとはひと味違います。初っ端からライバルを打ち負かしてるし!!

ですがそんな彼が''自分の意思''で''自分の碁''を見つけていく、という精神面での成長物語なのかな、と思っています。これからに期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

囲碁

2017/05/29 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

蔵で古い碁盤を見つけたヒカル。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込み、全く興味のなかった囲碁の世界へと一歩を踏み出す。そしてヒカルは宿命のライバル塔矢アキラと出会う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

碁を知らない方でもぜひ!!

2000/12/19 15:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カノン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小畑先生の描かれる絵はジャンプものにしてはめずらしく線が細くてきれいなんですが、このヒカルの碁もまた、きれいなんですよ。でも、最初のほうはちょっとギャグっぽいですね(笑)1巻の魅力はなんと言ってもヒカル(佐為)×アキラの対局ですね。今まで同年代でライバルがいなかった天才アキラの前にはばかる佐為の一手。アキラくんもまた進藤という幅知れぬ打ち手に翻弄されていって。塔矢名人の大物振りもすばらしい(笑)女性の方もぜひとも読んでいただきたいです。間違いなくはまりますよ(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

囲碁って楽しい!

2001/02/05 16:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリンバ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今まで囲碁というとよく分からないそして地味なイメージがあったのですが、この漫画を読んでイメージが180度変わりました! 囲碁は面白い! この漫画がキッカケで囲碁を始めてしまったくらいです(笑い)。
 物語は主人公・ヒカルが古い碁盤を見つけて、そこに宿る囲碁の天才の霊・藤原左為に出会うことからはじまります。最初は囲碁になど興味のなかったヒカルも徐々に、囲碁の魅力にとりつかれていきます。そして、読んでいる読者の方も、最初、全然、わからなかった囲碁に興味を持ってしまうでしょう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒカルの碁はなぜ少年マンガなのか

2001/06/05 03:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nokia - この投稿者のレビュー一覧を見る

 囲碁というあまりにマニアックなジャンルにも関わらず、大ヒットを飛ばしているマンガである。なぜヒットしたかというとそれは少年マンガに共通かつ必須の感覚、「全能感」だと思う。

 佐為の絶対的な力が生み出す「全能感」がこのマンガの大きなポイントなのだ。佐為の力は物語に軸を与えるとともに、それによって場面の緊張感をいとも容易く生み出すことができる。佐為の存在なくしては、このマンガのヒットはあり得なかったはず、というか、物語が成り立たない。この物語の主人公も、見方によってはヒカルというよりむしろ佐為なのだと、私には感じらる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分で努力しない最近の子供

2001/11/23 15:59

11人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『巨人の星』、『あしたのジョー』で育った私としては非常に違和感を覚える漫画ですな。要するにこの漫画の主人公は自分で努力しないんですよ。凡庸な平凡な少年が非凡なる努力、地獄の特訓を経て「天才に変身する」というのが高度成長期スポ根漫画の共通パターンでした。そこにあったのは「努力することこそが勝利の秘訣」という強烈なメッセージであり、それがある意味で日本人を励まし、駆り立てたともいえるのです。
 玉もみがかにゃ光らない。ところがこの漫画はどうだ。要するにカンニングじゃないか。他人には見えないコーチが常に身辺に寄り添い、その指示に従って勝つという安直さ。そして次に来るのが突然変異。何も努力していないのに、ある日突然内なる才能が開花して「碁の天才」に変身。んなわけねーだろ。世の中なめんなよ! こういう漫画はやるとは日本の未来は暗いのか。他力本願を地で行く「お手軽出世漫画」に僕は吐き気を催す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小畑先生の絵が上手い

2002/02/23 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 漫画を担当していらっしゃる小畑先生の絵が上手い。すごく上手いのです。小畑先生の前作「人形草紙あやつり左近」では、いまいち登場キャラに魅力を感じなかったのですが、原作者がついただけあって「ヒカルの碁」はすごく良いできだと思います。この本の影響で碁に興味を持った方も多いのではないでしょうか?

 1巻では、ヒカルと佐為や塔矢アキラとの出会いなどが描かれています。私は1巻が一番面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

囲碁がわからなくても楽しめる

2002/04/05 20:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆゆゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 普通の小学生ヒカルが、囲碁の天才の幽霊にひょんなことから出会い、囲碁に魅せられていく大ヒットマンガ。
 囲碁と聞くと地味でなんとなく暗いイメージですが、綺麗な絵と、勢いのあるストーリーで、囲碁の楽しさが活き活きと描かれています。構成も、囲碁のルールがわからなくても楽しめるようになっていて、いつのまにか「この対戦はどうなっちゃうの!?」「ガンバレ!」と夢中。「囲碁がわからない」という人も、大人も子供も、スポーツ漫画を読む感覚で、十分に楽しめます。そして、読んでいるうちにきっと囲碁がやりたくなる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダッシュで2巻を買いに走ってしまいました

2002/04/06 23:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せいじろうず - この投稿者のレビュー一覧を見る

 bk1のランキングでふと見つけたヒカルの碁。囲碁の漫画がそんなにおもしろいのか? そこのところどうなのよ?という疑問を胸に抱きつつ、1巻だけを購入。
 おもしろい。おもしろすぎる。今までありそうでなかった状況設定で、これからいったいどうなるのかとハラハラどきどき。ダッシュで2巻を買いに走ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

碁ってか

2002/04/29 21:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:茶羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

碁ですよ碁。オジンの趣味ナンバーワンなんじゃないですか。それを若者向けの漫画にしたんです。
バカにすんなよ、って思いました。何もそこまで…、って思いました。書けばいいってもんじゃないだろ、って思いました。世も末だと思いました。
なのになのに、面白い。何といっても設定っていうんでしょうか、内容がずば抜けているんです。
教えてもいいのかな、でも、言わないと分からないからちょこっとだけ教えます。
千年も前に死んだ碁の天才(貴族でしかも美男子)が少年に乗り移るんです。いかにも、よくある設定って気がしないでもないのですか、面白いんです。
碁をこんな風に書く。その発想、根性に頭が下がります。
次は二巻を読みます。鼻息荒く読むでしょう。そして、みなさんもそうすることでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新鮮な切り口で始まる囲碁マンガ

2002/07/24 00:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新鮮な切り口で始まる囲碁マンガ。発想がとても面白い。ごく普通の小学生・ヒカルが、ある日見つけた血痕のある古い碁盤。その碁盤がもとで、「囲碁の天才」藤原佐為(ふじわらのさい)の亡霊に取り憑かれてしまったヒカルは、まったく興味のなかった囲碁の世界へと一歩を踏み出す。囲碁をやりたがる佐為につきあって、渋々参加していた囲碁だったが、天才少年棋士のアキラと知り合い、その囲碁にかける熱い情熱に触れ、ヒカルの心が動き出す…。
続きが楽しみなシリーズ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

囲碁の世界にひきこまれる感じです。

2002/08/04 13:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pam - この投稿者のレビュー一覧を見る

 囲碁について全く無知な状態で読み始めました。きっかけは本屋でなんとなく手に取ったところから始まったのですが、読み始めるとどんどん世界に吸い込まれるような、そんな吸引力のあるストーリーだと思います。普通の小学生であるヒカルが囲碁に少しずつはまっていく姿と、ライバルであるアキラの真剣なまなざしがとても印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

囲碁の面白さを知りました

2004/07/09 21:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タララン - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこの「ヒカルの碁」は、アニメで初めて知りました。
最初は、碁の話なんて面白いのかな?と思っていたのですが、
いざ観てみると面白いじゃないですか!!
次回が気になって気になってしかたなくさせてしまう、
巧みでスリリングなストーリー展開には驚きです。
囲碁の面白さ、奥深さを教えてくれた漫画です。
囲碁がこんなにエキサイティングなゲームだったなんて。
最初は、かつて平安の天才棋士として名を馳せた佐為の言うとおりに
碁を打っていたヒカルが、自分でも打ちたいと、自分の碁に
目覚めていく所もいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

囲碁が分からなくても・・・

2015/02/04 12:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価の高い作品で、気になっていたので、
碁の知識は全くない状態で読み始めましたが、
それでも、何の問題も無く、話に引き込まれていきました。
囲碁なんて興味無い~と思って、躊躇してる人にも、
ぜひ!読んでもらいたい作品ですね。
ただ、私は、読み終わって、少し囲碁の知識は得たものの、
囲碁自体は、全く打てませんでしたが・・・
そんな簡単じゃないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

イイです

2015/02/06 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk - この投稿者のレビュー一覧を見る

お話はもちろんのことですが、このころの小畑センセイの絵柄が一番好きですね。とくに終盤のあたり。
変に崩して無くて、キャラも背景もすごく丁寧に描きこんであって、美しい。
カッチリした雰囲気の絵柄が、(幽霊は一名いるものの)現実的な漫画内の世界とぴったりはまってて、好きでした。

ストーリーも面白かったです。
またいつか、ほった&小畑コンビで何か描いてもらいたいなあ…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む