サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2000/06/20
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:24×28cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-09-727107-5
絵本

紙の本

だんごむしそらをとぶ

著者 松岡 達英 (作)

ぼく、だんごむし。すご〜く恐がりなので、びっくりするとすぐまん丸になってしまいます。でもね、ぼくにもでっかい夢があるんだぞ。コロコロ、もぞもぞ、だんごむしの冒険を描く。【...

もっと見る

だんごむしそらをとぶ

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

豊かなこころが育つ絵本 14巻セット

  • 税込価格:22,660206pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼく、だんごむし。すご〜く恐がりなので、びっくりするとすぐまん丸になってしまいます。でもね、ぼくにもでっかい夢があるんだぞ。コロコロ、もぞもぞ、だんごむしの冒険を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

地面の上をコロコロころがるだんご虫。ある日空を見上げて考えた。「ぼくも空を飛びたいなぁ」そしてだんご虫は空飛ぶマシンを作って、空を飛ぼうとチャレンジします…。たくさんの虫たちも登場する創作科学絵本です。【商品解説】

著者紹介

松岡 達英

略歴
〈松岡達英〉1944年新潟県生まれ。自然科学のイラストレーター。中南米・アフリカ・東南アジアなどを取材し、多くの絵本を生み出す。著書に「カムイの森」「ツーティのちいさなぼうけん」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

リアルな虫の世界。

2017/11/29 02:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えびまもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく絵が詳細で美しい絵本です。
虫の目からみたしかい、こんななんだろうな、と思わされます。
登場する虫たちもとってもリアル!4歳の息子は蜘蛛の毛の生えた足が気持ち悪くて怖くて、そのページだけ自分でめくれません。

そんなリアルな絵ですが、主人公のダンゴムシくんが空を飛びたくて発明をしちゃう!
そんなミスマッチが楽しい絵本です。
シリーズのようなので、これから他のものを読むのも楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ボタニカルアートっぽい絵

2016/07/25 20:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖がりで直ぐに丸くなっちゃうダンゴムシくんには夢があります。
表紙のだんごむしが何やらメカメカしくて「これは何?」と思い手に取りました。
虫たちがあまり擬人化されてない絵で、すごく丁寧に描かれてるので、ちょっとしたボタニカルアートっぽい雰囲気があり、とても美しいです。
ストーリーも可愛いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だんごむしそらをとぶ

2003/11/03 14:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴよぴよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼稚園に通うようになって子供がだんごむし大好きっこに…。
虫嫌いの私にとって毎日連れて帰ってくるだんごむしが
ミョ〜に気になり絵本でだんごむしってある?
そんな何気ない疑問で検索してみたらありました!
絵も本当に可愛く「あっ! そうか、こう言う視点から見れば…」
子供もこの本を読むと興味津々、笑ったり疑問に感じたり。
親子揃って大好きな1冊となりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダンゴムシ

2018/05/07 15:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

だんごむしやくもなど、虫の世界をリアルな絵で表現しているので、虫が苦手な人にはおススメできません。しかし、ストーリーはとても面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だんごむしのチャレンジ

2016/09/19 13:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

空を飛ぶことに憧れているだんごむしが主人公です。
ごくごく普通のだんごむしのお話だと思ったら、
急に工具とか使い出して、自分に装着する羽を作り始めたのでちょっとびっくり。
しかも、その羽はくもに食われたとんぼの羽というところが生々しいです。
てっきり飛ぶのは失敗して、別の方法を模索するのかと思ったら、
ちゃんと飛べました。だんごむしの自作の羽、あなどれません。
最後は地面に戻ってきます。やっぱりそっちの方がよさそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だんごむしそらをとぶ

2000/08/07 02:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひまわり - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵もとてもかわいくて、ほのぼのとした絵です。
読み終わったときに、なんだか、温かい気持ちになります。
子どもたちもとても気に入って、「読んで!」と催促され
ます。
虫がニガテな私ですが、ダンゴムシが、すごくかわいく
思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

虫好きに

2019/10/04 08:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

地面をころがるだんごむしが、空を飛びたいという思いでチャレンジする物語です。
虫がたくさん登場するので虫好きにはたまらない絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジックなテーマのわりにリアルな描写

2016/01/13 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

描き方、ではなく描写、という言葉を使いたくなるほど、虫が細かく丁寧にリアルに描かれている。虫の苦手な人間にはちょっと直視できないところもあり。特に蜘蛛がかなり…。
だんごむしがとんぼの羽根を使って空を飛ぶ、という発想自体はおもしろいと思うのだが、絵的に受け入れにくかった。読む人を選びそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

空飛ぶだんごむしの大冒険!

2000/08/01 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんぼのお休み処 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幼い都会っ子にとって、一番身近な自然の生き物と言ったら、それはだんごむしかもしれません。つい最近も、植木ばちの中で見つけました。ひょいとつまむと、くるっとまるまって、そっと引っ張ると、またもぞもぞ動き出す。なかなかユーモラスです。でも地味なので、お話の主人公としての登場は、あまりありませんでした。

 しかし、この絵本で、ついに主人公をGet! しかも、空を飛んでしまうのです。トンボの羽で、“そらとぶマシン”を作っただんごむし、ヤッタアーとばかりに冒険に飛び出します。気持ちよく空を飛び、おいしいものを食べ・・・でも空には危険もいっぱい。

 あんまり小さくて、だんごむしをしみじみと、見たことはないのですが、この絵本
を見ると、まるまって、伸びて、またまるまって、という様子が、愛嬌たっぷりに描かれていて、今度ゆっくり観察しようかな、という気持ちになります。足が14本とか、枯れ葉がすきとか、生態もしっかりと書かれています。
 虫たちや、こわいくも、しじゅうから、などほかの動物たちや、植物もとても表情豊かに、丹念に、描かれています。

 数多くの定評ある、自然科学絵本を手がけている、松岡氏ならではの絵本と言えるで
しょう。小さな生き物が好きな、子供と大人に、おすすめの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/10 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/15 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/13 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/29 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/27 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/28 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。