サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 石風社の通販
  6. 祖国を戦場にされて ビルマのささやきの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 石風社
  • サイズ:20cm/322p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88344-060-5

紙の本

祖国を戦場にされて ビルマのささやき

著者 根本 百合子 (著)

ビルマの人々が紡ぐひかえめな言葉のなかから日本軍の姿が影のように浮かびあがる−。故郷の村を日本軍と英印軍との故なき戦場とされた人々は、その時何を考えどう生きたのか。六年の...

もっと見る

祖国を戦場にされて ビルマのささやき

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ビルマの人々が紡ぐひかえめな言葉のなかから日本軍の姿が影のように浮かびあがる−。故郷の村を日本軍と英印軍との故なき戦場とされた人々は、その時何を考えどう生きたのか。六年の歳月をかけて綴った聞き書き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

根本 百合子

略歴
〈根本百合子〉1924年神戸市生まれ。東京女子大学文学部英米文学科卒業。82年より99年まで、東京都自立研修センター中国帰国者日本語教室において、中国残留孤児と家族のための日本語教育に携わる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いまでは遠い国になってしまったビルマの人々の姿や声がとても身近に感じられる。

2000/09/06 00:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上野昂志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あなたが、ビルマについて知っていることをいってください、といわれたら、何と答えるだろう。

 ビルマが、ビルマといわずにミャンマーいう国名になったこと。軍事政権が十年以上も続いていること。それに対する民主化運動の騎手と目されるアウン・サン・スーチー女史が、いまだに半軟禁状態にあること・・。ちょっと年輩の人なら、竹山道雄の『ビルマの竪琴』や会田雄次の『アーロン収容所』を読んだり、「クワイ河マーチ」で知られる映画『戦場にかける橋』を見たことがあるかもしれない。だが逆に、若い人たちは、日本軍がかつてビルマを戦場にして英国と戦ったことがあるということさえ、知らないかもしれない。 いずれにせよビルマは、いまの日本人にはひどく遠い国になってしまったのだ。

 それが、この本を読むと、ビルマがとても身近に感じられるようになる。といっても、べつに、本書は、現在のビルマの魅力を観光案内風に語ったものではない。タイトルが示しているように、1942年の日本軍侵攻とともに戦場と化したビルマにおいて、現地の人々がどんな生活をしたかを、彼ら自身に語ってもらおうと取材を重ねて書かれたものなのだ。従って、言及されていることの多くは、戦時下のことなのだが、にもかかわらず、そこには、それを語る人々の、戦中から現在に至る、歴史というよりは生きられた時間というべきものが感じられのだ。それは、聞き書きという手法にもよるが、何よりも、話を聞く相手のいまの暮らしぶりに対する著者の観察が細やかだからである。

 しかし、それにしても、ここには、実にさまざまな経験をした人たちがいる。たとえば、本城機関という諜報組織の依頼で村長を務めた聾唖学校の女性教師は、日本軍政下でも、村民が安全に暮らせるように調整役を果たしてきたが、あるとき自分の家のテーブルの脚を無断で切ってしまった日本兵を怒鳴りつけ、あわや「決闘」になりかけたとか・・。 あるいは、それこそ『戦場にかける橋』で知られる泰緬鉄道の建設に、自分から志願して出かけたものの、工事現場のあまりにも劣悪な労働に耐えきれずに脱走した「汗の兵隊」と呼ばれる人たちとか・・。また、ビルマ人の映画監督と結婚して向こうに行き、彼が監督した映画『にっぽんむすめ』の主人公の名前で呼ばれた日本女性が、戦時下に、レストランを経営して一家の経済を支えたとか・・。 逆に、日本が「大東亜」の理想を内外に示す一環として行った留学生募集に応募して日本にやってきたビルマ人青年の戦時下の日本での暮らしとか・・、実に多様なのだ。

 いや、本当は、多様である以前に多難であったということなのだが、そのことをふと忘れるくらい、ビルマの人々の語り口が穏やかなのである。著者は、副題を「ビルマのささやき」としているが、戦争中の苦難を語る彼らの声も言葉も、まさに「ささやき」というにふさわしく静かで優しいのだ。そこに昔もいまも変わらぬビルマの心があるのだろう。 (bk1ブックナビゲーター:上野昂志/評論家 2000.09.06)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。