サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 洋泉社の通販
  6. なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のためにの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:18cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-474-0
新書

紙の本

なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために (新書y)

著者 小浜 逸郎 (著)

殺人、自殺、売買春、私、愛、死刑、戦争…。時代の無意識が提示してくる問いに、現在の具体的状況を生きるひとりとして真っ正面から答える新しい倫理学の試み。【「TRC MARC...

もっと見る

なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために (新書y)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺人、自殺、売買春、私、愛、死刑、戦争…。時代の無意識が提示してくる問いに、現在の具体的状況を生きるひとりとして真っ正面から答える新しい倫理学の試み。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

人間の社会的存在を巡る試論

2022/01/10 09:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一見、タイトルから難しそうに思えるが、読んでみるとそうではない。確かに哲学的な内容ではあるが、かなり読みやすく書かれており、「なぜ○○なのか?」というような疑問に著者なりの答えを提示している。一言で言えば、「人間は人間の関係性の中で生き、他者との関係性を求める生き物である」ことを異なる問いから導きだしている。一定の理解は得られるが、若干の物足りなさと論理の甘さが伺えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中学生に分かるだろうか?

2012/05/30 09:52

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

小浜のタイムリーな話題を扱った書ということで、期待して購入したが、期待はずれであった。

問いは、次の10問である。

  第一問 人は何のために生きるのか

  第二問 自殺は許されない行為か

 第三問 「私」とは何か、「自分」とは何か

 第四問 人を愛するとはどういうことか

 第五問 不倫は許されない行為か

 第六問 売春(買春)は悪か

 第七問 他人に迷惑をかけなければ何をやってもよいのか

 第八問 なぜ人を殺してはいけないのか

 第九問 死刑は廃止すべきか

 第十問 戦争責任をどう負うべきか

 肝心の「なぜ人を殺してはいけないのか」が、もっともあやふやな答えである。この問いに対する他の安易な答えが、不十分なのはよく分かる。しかし、彼の答えで納得する中学生が多いとは思えない。また、その必要性は認めるが、問いの立て方を変えるので、この問いに直接答えてはいない。敢えて言えば、彼の答えは、「人を殺していけないわけではない」である。答えられているのは、殺人をいかに抑制するかである。

 さらに、著者の問題提起が「酒鬼薔薇事件」を契機とする少年犯罪に端を発するものであるならば、せめて中学生に分かるような言葉による答えでなくてはならないと思う。抑止が目的であるなら尚更である。

 他の問題の中のいくつかは、なかなかに良い答えが提示されているので、一度目を通す価値はあるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しい倫理的主題を問う

2000/12/11 11:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:『法学セミナー』 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本に来てニニ年というスペイン語教師が、日本人学生の無表情・無反応が未だに怖いと評者に話してくれた。しかし他方で数こそ増えてはいないが、少年の凶悪犯罪が起きている。本書の著者はこうした現象を、日本が貧困と抑圧が少ない自由で豊かな近代都市社会を実現したために、旧来の倫理規範の枠組みが必然性を失い、生の具体的な目的意識を実感しにくくなった結果だとして、この「退屈と空虚と焦燥の時代」にあらゆる倫理的主題を根源から間い直す必要があるという。
 本書が扱う一〇のテーマはどれも魅力的だ。このほか、生の目的、自殺、「私」と「自分」探し、愛、不倫、売春(買春)、死刑、戦争責任の問題が平易な言葉遣いで語られる。
 ただ、未成年の自己決定という社会的能力を高める方法や、むやみに人を殺さなくても済む共同体の模索にも具体的に立ち入って欲しかったが、無気力・無感動・無目的と言われる今日的若者のみならず、日常彼らと接する大人達にとっても、焦眉の緊急課題に対する好個の一冊だ。(C)日本評論社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/11 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/06 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/13 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/19 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/14 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/19 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/16 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/15 02:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/23 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/23 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。