サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:22cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-98176-0

紙の本

現代病としての睡眠障害

著者 川原 隆造 (編著),前田 久雄 (編著),吉岡 伸一 (編著)

睡眠障害が社会生活を営む我々にいかなる影響を及ぼすのか、病因、症状、対策について、わかりやすく科学的に解説。第13回西日本精神神経・精神保健学会シンポジウム「睡眠障害の社...

もっと見る

現代病としての睡眠障害

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

睡眠障害が社会生活を営む我々にいかなる影響を及ぼすのか、病因、症状、対策について、わかりやすく科学的に解説。第13回西日本精神神経・精神保健学会シンポジウム「睡眠障害の社会精神医学的側面」をまとめたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

現代社会における睡眠障害 吉岡伸一 著 1-20
概日リズム睡眠障害と不適応 粥川裕平 ほか著 21-54
交代制勤務による睡眠障害 坂本哲郎 ほか著 55-80

著者紹介

川原 隆造

略歴
〈川原〉1939年鹿児島県生まれ。鳥取大学医学部教授。著書に「内観療法」など。
〈前田〉1942年生まれ。久留米大学医学部精神神経科学講座教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

不眠社会,ライフスタイルの24時間化に伴う睡眠障害の深刻さを示す。各種治療法を解説。臨床医必携の書

2000/11/01 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木村 智博 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 産業革命以前の時代は日の出とともに活動を開始し,日没後に休息・睡眠という生活リズムであったものと思われる。晴耕雨読という語彙があるが,古来,人間は自然のリズムに身を任せていた。しかし昨今,社会の24時間化が進展し,製造業,サービス産業,さらには普段のライフスタイルにおいても夜遅くまで活動するのが当たり前となっている。こうしたリズムの狂いが睡眠障害の引き金になることもある。
 交代制勤務をしている人の健康調査に関する分析は数多く行われ,サーカディアンリズムの乱れによる睡眠障害に至るケースが見られる。一方,現代社会はストレス社会とも言われ,精神的なうっ屈による不眠症も珍しくない。本書は数ある睡眠に関する書籍の中でも,睡眠障害に特化しており,病理学から高齢者における症状,睡眠時無呼吸症,さらには薬物療法などの各種治療法を取り上げている。精神医学,ならびに内科的知見が述べられているのも大きな特徴の一つである。主な読者としては医師,看護婦,パラメディカル,職場でメンタルヘルスを担当している人,さらには心理学領域も含まれる。
 本書の具体的な内容は次に示す7章の中に凝縮されている。まず,現代社会と睡眠障害の関係を解説し,睡眠障害の分類・疫学,ライフスタイルの変化に伴う影響,睡眠障害に伴う事故などを記述している。続いてサーカディアンリズムと関連する事項が述べられ,睡眠障害に陥った場合の二次的影響としての気分障害,不登校などについて,症例を紹介しながら解説する。また,交代制勤務者の睡眠障害の実態にも触れる。
 4,5章では睡眠時無呼吸症,レム睡眠関連障害などの医学的記述,ならびに社会生活との関連を取り上げる。一方で高齢化社会が進展するに伴い,高齢者の睡眠障害が問題となり,他の疾患と睡眠障害との関係について言及する。最終章で薬物療法に関する解説がなされ,治療に際する留意点が記されている。全体的にコンパクトにまとめられ,非常に使いやすい。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。