サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まどろみ消去(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 142件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/380p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264936-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

まどろみ消去 (講談社文庫)

著者 森 博嗣 (著)

まどろみ消去 (講談社文庫)

691(税込)

まどろみ消去 MISSING UNDER THE MISTLETOE

540(税込)

まどろみ消去 MISSING UNDER THE MISTLETOE

ポイント :5pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

虚空の黙禱者 7-42
純白の女 43-90
彼女の迷宮 91-126

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー142件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

綺麗に騙されたい人に

2003/03/14 21:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:逢坂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「10が二つ、4が二つある。どんな順番でも良いから、これらを全部使って、足したり、引いたり、掛けたり、割ったりして、答えを24にしたまえ」

などなど、作中に事件の他にも様々なミステリィを供し、多層的に楽しむことの出来る本格推理小説を読ませてくれる森博嗣の著作。本書はS&Mシリーズの六作目として並べられていますが、シリーズを知らなくても充分に楽しめる嬉しい短編集です。

一般論になりますが、ミステリィに限らず短編というのは筆者の力量がストレート現れます。私は『臨機応答・変門自在』から森博嗣を読みはじめたという変わり種なのですが、作家としての力量は「本業は理系の研究者だし…」と正直たかをくくっていました。難解な理系の単語を並べて、難解に見せかけることで読者を煙に巻いているのだろう、と。

が。

巧い! と思わず膝を叩いてしまいました。いかに緻密で意表をついたトリックでも、拙く騙されたのでは読後感は悪いものになる。最悪、ミステリィそのものを嫌いになってしまうことだってありえる。だけれど、この本ではそういうことがない。よかった、と思いました。初めて読みだしたミステリィが森博嗣でよかった、と。

ミステリィを読むにあたって読者が切に望むことは「綺麗に騙される」ことでしょう。謎自体ではなくて、いかに綺麗に謎が配されているかが、推理小説の本当の要です。これらの短編は見事にその欲求を満たしてくれる心地よい秀作ばかりで、ミステリィビキナーにお勧めの一冊です。筆者は後に「森の持っている可能性の大多数が、既にここにある」と語っていますが、この一文を見た私が、頬を緩めたことは言うまでもないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

森博嗣先生の些細な本音をかいま見られる短編集

2001/03/31 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:澤木凛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この短編集は習作というのが一番ふさわしい気がする。二つ目の短編集「地球儀のスライス」の方がやはり上手になっている。短編はごまかしがきかないから、余分なものがはっきりとわかってしまう。簡単にいうと優劣がわかりやすい、ということか。森先生の場合はヘタとは言わないが(笑)、コンセプトがバラバラという感じ。その点、「地球儀」の方がまだまとまりがあった。

 でも、普段書かないようなものというか「ミステリー」という枠から少しはずれたものを書いているのが特徴で、そういう意味では面白かった。でも森フリークでないとわからないトリックもあり(すばる氏って誰?とか言っているとわからないレベル)、そういう意味ではフリーク好みの「濃ゆい作品集」のかもしれない。

 個人的には最後の作品「キシマ先生の静かな生活」がよかった。森先生の本音というかそういう部分が少しだけかいま見れる。きっと今なら先生はこの作品を書かないでしょう。「いまさらこんなことを書いてどうする」と思うんじゃないかな(違う?)。でも「いつから、僕は研究者をやめたのだろう?一日中、たったひとつの微分方程式を睨んでいた、あの素敵な時間は、どこへいってしまったのだろう?」という下りは理系出身の技術者なら誰もが思わず頷いてしまうのではないか(そうでないあなたは恵まれているだろう)。そういう時代はあっという間に過ぎ去ってしまうということ。一日中、微分方程式を考えていられるというのは本当に貴重で贅沢な時間の使い方だ。それだけの集中力をもっていることと、その時間を確保できること、両方が必要だから。今は両方とも持っていない。そう思えば森先生自身が我々からすれば羨望の人なのだろう。理系のノスタルジィを運んでくる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これはまどろみではないのか?

2001/03/29 15:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハチミツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 森博嗣本人は「本書に自分の全てが詰まっている」と語っている。しかし『すべてがFになる』や『夏のレプリカ』などを夢中になって読んだ私からすれば、この本は「おち」最優先であり、それもどこかで読んだようなおちや手法ばかりにしか見えない。短編集だから仕方がないのかもしれないが、これでは星新一や筒井康隆ではないか。それに明らかに内輪うけで閉鎖的な作品もある。
 とはいえこれも森の本領なのかもしれない。「本書が嫌いな人は他の森作品にも見切りをつけた方がよい」と本人が言っているのだから、この読みやすさ=単純さも読者サービスとして受けとめるのがファンのあり方ということか。
 ただ私は森作品を娯楽として楽しんではいるが、熱狂的なファンではない。だからこの作品は(森作品の中では)駄作だと断言するし、間違ってもミステリー好きの知人に薦めることはない。しかし森作品を読んだことがない人、時間がない人には本書は良質なエンターテイメントであるかもしれない。ちょっとした移動時間にはぴったりと言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/24 23:19

投稿元:ブクログ

森節満載の短編集。
中にはS&Mシリーズの人物が登場するものもあります。短くおさまっているのに、ひとつひとつがすっきりまとまっていて面白い。そして「ぜひ、この短編の幅を広げて長編にしてもらいたいなぁ」と思わせる作品がたくさん。

2005/04/05 01:02

投稿元:ブクログ

短編集もいいです。
この本に収録されている短編は、全て秀逸ですが、特に「キシマ先生の静かな生活」が素敵です。

2005/09/28 21:48

投稿元:ブクログ

短編集です。S&Mシリーズのインターバルみたいな形で出されました。森先生の世界観が凝縮されています。

2005/09/23 09:44

投稿元:ブクログ

11のお話からなる短編集。

この中では、S&Mシリーズの登場人物が出てくる「誰もいなくなった」が一番好き。

2005/12/15 01:08

投稿元:ブクログ

オチがちょっと見えたりすることもありましたが、おっ? と思える意外な展開の話も幾つかはありました。面白いという噂を聞いていたので、期待しすぎていた・・・という思いは残りました。短編集なのでさらりと読みやすいです。

2005/11/15 16:04

投稿元:ブクログ

森先生の短編集。
こういうのもいいですねー。
新鮮。
私は『虚空の黙祷者』と『誰もいなくなった』が好きです。

2005/10/31 06:28

投稿元:ブクログ

大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そのには誰もすなかった。屋上の出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが……。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

2014/11/10 17:50

投稿元:ブクログ

再読。11編の短編集で、S&Mシリーズのキャラが出てくるのは真ん中あたりの2編のみ。
初めて読んだ時は、森博嗣って本当はこっち系の感じの人なのか、って思った気がする。S&Mシリーズは一般人にも分かりやすく書いてて、本当はこういう文章を書く人なのかなぁって。もやもやする話が多い。
『誰もいなくなった』を除くと、好きなのは『真夜中の悲鳴』。

これまでS&Mシリーズ再読したのを登録してきて、自分が持ってる本は黒っぽい表紙なのだけど、アマゾンのは白い装丁のものになってた。
でも、このまどろみ消去は持ってるのと同じ装丁。これは変わってないのかな?

2005/12/17 15:59

投稿元:ブクログ

短編集。多層構造になっていて、読者のレベルによって面白さが変わります。複雑で混乱。でもなぜか美しい物語たち。

2007/02/01 23:37

投稿元:ブクログ

数学モォドで。
きっちり決まってる理系な世界と見せかけて曖昧な感じが…!

読後はすっきり整理されて、でも印象として残ってく。
天才好きなんだ。嘘臭い有りがちな天才、それが数学者とかなのかなあ。

2006/02/12 16:29

投稿元:ブクログ

全編書き下ろし短編集。
<S&Mシリーズ>関連の作品もあるが、個人的に著者の短編はちと微妙だったり…(汗)。

2006/03/05 20:46

投稿元:ブクログ

短編集。あまり気合を入れずに(謎を解こうとせずに)読んで、最後ににやりとした方が楽しいと思います。どの作品を気に入るかけっこう票が割れる、言い換えればバラエティ豊かな短編集。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る