サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

玄い女神(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/439p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264940-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

玄い女神 (講談社文庫 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

玄い女神 (講談社文庫 建築探偵桜井京介の事件簿)

751(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿

648 (税込)

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿

ポイント :6pt / 紙の本より103おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.4

評価内訳

2005/04/28 16:22

投稿元:ブクログ

建築探偵シリーズ二作目。過去のインドで起きた事件と、現実の殺人事件がインド神話と共に絡まります。建築があまり出て来ず、シリーズの中では変わった作品だと思います。

2005/06/07 13:39

投稿元:ブクログ

「キャラ萌えしてたまるか!」という痛い思想に阻まれて(以下略)…というのはさておき。一作目「未明の家」が「館モノ」にしてはあまりぱっとしなかったので、長い間眠っていた一冊。蒼の一人称はテンポが良く、思ったよりも嫌味がなくて、うまいなと思いました。読まず嫌い良くない!と実感。
どんでん返しにハッとしました。

2007/02/27 16:02

投稿元:ブクログ

建築探偵2作目にしてある意味異色作。最初に読んだ当時はネット環境とかなくて、正直意味不明だったんだが(特に最後の本の話らへん)やっと理解できた。インドは奥深い。

2005/12/05 00:16

投稿元:ブクログ

シリーズ二作目。

舞台となる場所は場所は現代日本。
しかし過去の事件をめぐる説明の中に出てくるインドという国の、暑さや湿気、においまで伝わってきそうな生々しい描写に感心せずにはいられないのと同時に、事件の残酷性がより息苦しさを伴って感じられる。

しかし、前作と比べると前半における主人公の動きが非常に少なかったこと、いくつかの矛盾点が説明されていないことなどが少し不満といえば不満か。そして今回は、建築探偵なのにも関わらず、建築よりも人間関係が重視されていたこと・・・普通の探偵になってますがな。

やはりレギュラー登場人物がフルに動いてくれるほうが、華やかでもありにぎやかだ。そして古めかしい館もはずすことはできない重要な要素。
次作に期待。

2006/10/07 11:52

投稿元:ブクログ

ラスト「ええぇえぇぇ?!」って感じでした。まさか…と思いましたけど思い返してみすと「そういえば…」みたいな感じ。
あと今回は珍しく積極的な京介でした。
今回の作品は私としてはいい作品だと思いますよ。面白かったですから。題材がインドってのが私にとって新鮮だったしね。

2008/03/29 16:08

投稿元:ブクログ

昔ノベルス版の表紙に衝撃を受けたのを覚えている。その頃はまだカーリーって聞いても「??」っていう状態だったので。作者も言っている通り、他の初期作品に比べると建築建築してないかな、と思う。全体的に雰囲気が黒い。ノベルス版の表紙そのものな雰囲気。前はイマイチ分からずに結末に辿り着いてしまったけれど、今回は注意して読んだのでばっちり。思うにこのシリーズは何度も読んだ方が面白い。
2008/3/29再読

2007/02/13 10:13

投稿元:ブクログ

謎を解くミステリではなく、人を解くミステリ。読みにくいと思う人もいるかもしれない。美形キャラが好きな人は楽しめる。今回は、建築はあまり絡んでいないような気がします。

2007/09/08 20:22

投稿元:ブクログ

建築探偵第2弾。今回、建築はあまり事件自体に関わってきません。
10年前インドで橋場亜希人が不可解な死を遂げる。そして群馬山中の「恒河館」に当時の事件を知る仲間たちが集められる。そこに京介も呼ばれて・・・過去と現在の事件が複雑に絡み合う。
インドの神々がポイントに

2007/03/05 19:37

投稿元:ブクログ

『建築探偵 桜井京介の事件簿』第2作目!
2作目にして異色作。
今回は建築ではなく、人を読み解くものだと思いました。
結末を知った後に、読み直すと、そういえば…ということが多かったです。

2009/10/15 22:22

投稿元:ブクログ

建築探偵シリーズ2作目にして異色作だそうです。
確かに建物に絡んだ事件というのであれば同じなんだけど
今回の建物は、あくまでも小道具と言ってもいいでしょう。
京介にとっても、探索する価値のないものでした。
しかし、そこに渦巻く人々の思いの何と重厚なこと!

この作品を好きになった理由は、トリックうんぬんより
建物に纏わる人の思いや執着から生まれた捻れを
探偵役を嫌がる京介が、解いてくれるというところ。
今回、建物はあくまでも現場であって、その再現でしかないけど
人の思いの捻れを解くという意味においては同じ。

そして宗教が絡みます。しかもインド。ヒンドゥー教。
その神秘的で幻想的な雰囲気も好き。
封じられていたパンドラの箱を無理矢理こじ開けた結果
噴出した負の念と、もたらされた更なる悲劇。
京介は最後に残る希望に賭けます。
話しが進む中で、なんとなく予想出来る事もあるけれど
最後のどんでん返しにはやられました。

読後感は複雑・・・と言ったところでしょうか・・・
前作同様、激しすぎる思いの悲劇というか
報われない思いというのかなぁ~
インド神話を読みたくなる欲求をとりあえずは抑えます。

次作から同大学の教授「神代宗」が
メインキャラとして加わるらしい。
楽しみが増えました。

2007/07/29 08:56

投稿元:ブクログ

やっぱり淡々と読んでしまった。

でもこっちの方が楽しかった。
ラストというか何かびっくりさせられた。
え?そうなのって感じです。

2013/09/03 15:04

投稿元:ブクログ

“建築探偵・桜井京介”第二弾。
今回は深春は冒頭の方に少し出てくるだけ。
10年前に起こった、とある事件からスタートする、今回の物語。

深春や青が心配になってしまうくらいにいつもと違う様子の京介。
都への想いがかたちはどんなものであれ、特別なものであると、うかがわせる。

当の都も含めて、10年ぶりに揃うメンバーはそれぞれ腹に一物抱えている風であり、その影を落としているのは橋場亜希人の事件に他ならないようだ。
都の養子だという、片方の手首がないインド人ナンディの存在も気になる。
神秘的な雰囲気が漂う作品。
インドの神話にふれるところもすごく興味をひかれた。
インド、気になる!ってむくむくと。

シリーズもの、ということもあって、1巻目を読んで、2巻もせっかくだから読んでみよう、と若干お試し気分なところもあったが…2巻でかなりハートをつかまれてしまった。
読み終わってすぐに3、4巻も購入してしまいました!

トリックも、予想がつかないことはないっちゃないけれど、色んなひとの想いが交錯し、物語が進んでいくその過程が面白く、雰囲気も素敵だったので、お気に入り。
京介の内側も感じられた巻。
ラストは少し哀しく、胸がぎゅっとしてしまった。

2009/05/22 19:13

投稿元:ブクログ

桜井京介シリーズ

かつてインドで死んだ橋場。橋場の恋人狩野都のもとに集められたかつての仲間。都の自殺から殺人事件が。都の息子ナンディと蒼の物語。
都の秘密。

 2009年5月22日再読

削除

2009/10/29 22:56

投稿元:ブクログ

 ノベルズで持ってるにもかかわらず、加筆改訂があっちゃ買うしかないし、読むしかないでしょう(笑) ノベルズで読んだ時は、あんまりいいと思えなかったし、最後のオチはちょっとなぁって思ってた。でも、改訂さえたせいか、ポイントが絞られた感じになって、最後の1行までストレートにきたよ。いやぁ、よかった。これから建築探偵を読む人は、文庫で読むことをお奨めします(爆)

2011/06/22 01:57

投稿元:ブクログ

旅先のインドで、橋場亜希人が不可解な「密室」死を遂げた。10年後、橋場の恋人だった狩野都は群馬山中に「恒河館」を建て、当時の旅行仲間たち、そして桜井京介を招く。ミステリアスな「館」で展開される真相解明劇。そこへ、さらなる悲劇が...。過去と現在が複雑に絡み合う謎を、京介はどう解き明かすか。