サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 藤原書店
  • サイズ:22cm/560p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89434-187-5
  • 国内送料無料

紙の本

レジャーの誕生

著者 アラン・コルバン (ほか著),渡辺 響子 (訳)

多忙を極める現代人が心底求めている「自由時間」=「レジャー」は、加速する生活リズムとどのような関係を結んでいるのか。仕事のための力を再創造する自由時間から、「レジャー」の...

もっと見る

レジャーの誕生

税込 7,480 68pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多忙を極める現代人が心底求めている「自由時間」=「レジャー」は、加速する生活リズムとどのような関係を結んでいるのか。仕事のための力を再創造する自由時間から、「レジャー」の時間への移行過程をあとづける。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アラン・コルバン

略歴
〈コルバン〉1936年フランスのオルヌ県生まれ。カーン大学卒業後、歴史の教授資格取得。87年より、パリ第一大学およびフランス大学教育研究所教授。著書に「感性の歴史学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代人の生活と不可分になりつつあるレジャーについて、アラン・コルバンを中心とする研究者たちの論文集。

2000/09/14 18:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇波彰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 レジャー産業、レジャー人口など、「レジャー」ということばがしばしば使われている。かつてこのことばは「閑暇」などと訳され、「レジャー・クラス」は「有閑階級」と訳されていた。ヴェーブレンの代表的著作 の邦訳は今日でも『有閑階級の理論』というタイトルで刊行されている。今では死語かもしれないが、「有閑マダム」といった表現には、「レジャー」に対する軽蔑の意識がある。つまり、「レジャー」には何かしらうしろめたいものが含まれてきたのである。「レジャー」に積極的な意味を持たせ、それを「カルチャー」の一つとして考え直そうとするのは、カルチュラル・スタディーズの一つの特徴である。フランスでは、カルチュラル・スタディーズは一向に話題にならないが、それにもかかわらず、伝統的な意味での「文化」を追いかけているだけでは、本当の人間のカルチャーを理解できないということは、フランスの知識人のあいだでも暗黙の了解事項になっているように思われる。実際、この『レジャーの誕生』に収められている論文を読むと、もはや従来の伝統的・保守的な「文化論」が破綻し、レジャーや遊びを含めた日常生活を対象とする新しいカルチャー論がフランスにおいても展開されつつあることが感じられる。この論文集の監修者であるアラン・コルバン自身が、すでに『においの歴史』『浜辺の誕生』『音の風景』『娼婦』(いずれも藤原書店から翻訳が出版されている)といった著作を刊行していて、彼の関心が具体的な日常生活に向けられてきたことがわかる。

 本書によってわれわれは、近代のヨーロッパ人が、どのようにして「レジャー」についての考え方を変え、それをどのように獲得してきたかを知ることができる。それが本書ではイギリス、フランス、イタリアなど、それぞれの国について具体的な考察がなされている。レジャーを楽しむことは、最近の言い方を使うならば、「グローバル」なものではあるが、それにもかかわらず、それぞれの国で独自の展開をしてきたのである。また、レジャーは「遊び」と密接にかかわっている。レジャーの時間にすることは基本的には「遊ぶ」ことである。遊びの中で、もっとも重視されてきたのは「旅行」である。本書でも、近代のヨーロッパ人がどのようにして、レジャーを過ごすものとしての旅行に熱中してきたかが豊富なデータとともに、論じられている。そして、イギリスのトーマス・クック旅行会社の仕事がアルコール中毒の撲滅運動と関連していたことなどが説かれている。つまり、レジャーの問題は、道徳の問題とも関連し、鉄道をはじめとする交通手段の発達ともつながっていることが明らかにされている。

 暇な時間に何をするかということは、「自由」の問題と絡んでいるのであり、「遊び」というテーマと直接につながっている。この論集はそのような問題を考えるためのヒントを与えている。 (明治学院大学教授、宇波彰 2000.09.15)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/09 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。