サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. サン=テグジュペリ・コレクション 2 夜間飛行

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サン=テグジュペリ・コレクション 2 夜間飛行

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/128p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-622-04522-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

サン=テグジュペリ・コレクション 2 夜間飛行

著者 サン=テグジュペリ (著),山崎 庸一郎 (訳)

サン=テグジュペリ・コレクション 2 夜間飛行

1,728(税込)

夜間飛行

1,296(税込)

夜間飛行

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「サン=テグジュペリ・コレクション 2 夜間飛行」が含まれるセット商品

サン=テグジュペリ・コレクション 7巻セット

サン=テグジュペリ・コレクション 7巻セット

  • サン・テグジュペリ 〔著〕
  • 税込価格:18,792174pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/03/30 22:21

投稿元:ブクログ

空を飛ぶということ、本当になんて不可解なことだろうと思います。しかも、夜に。何も見えない中、自分の力の及ばない物に立ち向かわなくてはならない状況、そしてそれを強いるものと受け入れていくものと、結果。心の土に水をやるように染み入ってきた本でした。

2005/11/18 20:18

投稿元:ブクログ

サン=テグジュペリの実体験に基づく純文学。
当時夜間飛行はとても危険だったが郵便事業拡大のためには大きなステップだった。
飛び立つ者、見送る人、それぞれの心模様を描いた傑作。

2007/09/03 22:35

投稿元:ブクログ

「彼はサン・フリアンのほうを振り返った。それはもはや一握りの光にすぎなかった。ついで、一握りのまたたく星となった。やがて、塵のように消えてゆき、それが最後に彼の心を誘った。」
*******************
「おそらく、これはわかりきったことだ。芝生とたえず戦う庭師とおなじなのだ。庭師は、ただ手の重みだけで、たえず地面が萌え出させようとする原始林を地中に押し戻しているのだから」

2006/11/10 03:58

投稿元:ブクログ

こんなに胸に焼き付いて離れないラストもないです。リヴィエールが好きすぎる。
すごくすごく大切な一冊。

2010/05/30 16:41

投稿元:ブクログ

請求記号:958.7/ サ/ 2
資料番号:010043362
飛行機乗りたちの本②
「星の王子さま」で,有名なフランスの作家サン=テグジュペリのもう一つの代表作です。
郵便機の夜間飛行に従事する飛行士ファビアン。暴風雨の中,生命の危険に曝されながらも,自分の職務を全うするべく飛び立ちます。
勇敢に描かれるファビアンの姿に,自らも航空郵便の飛行士だった,作者自身の深い思い入れが伝わってくる作品です。

2009/01/10 01:01

投稿元:ブクログ

夜間飛行・・・・あらすじだけ知っているつもりだったけど、記憶のそれは間違いでした。
やりきれない、喉元に何か引っかかっているような読後感だけど、読んで良かった。

2014/03/28 01:42

投稿元:ブクログ

リヴィエールの苦悩、ファビアンの苦闘。
老境に入ってなお南方航路の責任を一手に引き受ける孤独な指揮官。
職務への誇りを持って悪天を抜けようとする郵便飛行士。
決してハッピーエンドではないが、そこには人間の尊厳や誇り、勇気の美しさがありありと描かれている。
個人的には、ロビノーと飛行士ペルランの逸話が心に沁みた。

以下、気になったフレーズの引用。
配下の者たちを愛してもいい。ただし、それを彼らに言ってはならんよ。(リヴィエール)
彼は次のように答えた「法則を生み出すのは経験だ。法則の認識が経験に先立つことはない」(リヴィエール)

ひとつの勝利が一国民を柔弱にすることもあれば、ひとつの敗北が別の一国民をめざめさせることもある。

2015/08/27 21:35

投稿元:ブクログ

思ってたものと違っていました。
「星の王子さま」しか読んだことなかったのでそれとは正反対な感じがして意外でした。
しかし「星の王子さま」を子どもの時と大人の時に読んで感想や刺さる言葉が違ったように「夜間飛行」も今の私が読んだ感想と10年後、20年後に読んだ時とでは感じ方が違うと思います。そういう部分は共通していると思いました。

サン=テグジュペリが企業人であり戦争にも志願(偵察機だけれど)していることもとても意外でした。ただ、作品全体(序なども含め)からサン=テグジュペリが 正 に生きた人だったということが感じられました。夜間飛行の話だけれど戦争も連想させられました。

「生命より大切なもなどない」「生命を賭してもやらなければならないことがある」この鬩ぎ合いの中で揺れながら突き進むリヴィエールが印象的でした。ですが今の私はリヴィエールよりもファビアンや周囲の人に感情移入しました。リヴィエールが正しいかどうかは別にして上に立つ立場の人は是非読んでほしい本だなと思います。

ファビアンが罠だとわかって上昇し、サイクロンを突き抜け、この世のものと思えない夜空の美しい世界へ入った束の間の描写が忘れられないシーンです。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る