サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~8/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プルトニウムファイル 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: 翔泳社
  • サイズ:20cm/281,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88135-904-5
  • 国内送料無料

紙の本

プルトニウムファイル 下

著者 アイリーン・ウェルサム (著),渡辺 正 (訳)

「人体実験」の機密のヴェールは開かれ、コードネームだけの被害者達はようやく生身の人間へと変わる。だが、汚染された被害者の体は? 実験によって亡くなった人達は? 秘密主義の...

もっと見る

プルトニウムファイル 下

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

プルトニウムファイル 2巻セット

  • 税込価格:3,45632pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「人体実験」の機密のヴェールは開かれ、コードネームだけの被害者達はようやく生身の人間へと変わる。だが、汚染された被害者の体は? 実験によって亡くなった人達は? 秘密主義の名残が証拠隠蔽や言い逃れに変わるのか…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アイリーン・ウェルサム

略歴
〈アイリーン・ウェルサム〉1951年ニューヨーク生まれ。テキサス大学オースチン校卒業。『アルバカーキ・トリビューン』紙の記者を務めた。プルトニウム注射の報道記事でピューリツァー賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

信じがたい放射能人体実験の全容

2000/07/23 07:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木クニエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 プルトニウムを18人の患者に注射。にわかには信じがたい人体実験が、アメリカで行われていた。それだけではない。妊婦829人、養護施設の子ども74人に放射性物質を飲ませ、囚人131人の睾丸に放射線照射……。しかも、ほとんどの人が実験台になったことすら知らされていなかった。
 1986年、注射による人体実験は連邦議会で取り上げられた。が、著者が「誰が実験台にされたか」を7年後の93年に突き止めるまで、注射された人はずっとコード番号としてしか存在しなかったのだ。その様子は『プルトニウム人体実験』(小学館)に詳しい。注射実験以外も加え、94年以降の米政府による調査・対応とあわせて構成されたのが本書である。
 やり場のない怒りが込み上げる。広島への原爆投下以前の実験は3人のみ。あれだけの被害を目にしてなお、実験を延々と繰り返した。なぜ? なんのために? せめて、著者が暴いたこの重い事実に、憤りと悲しみをもって向き合いたい。

<関連本>
○小学館『マンハッタン計画 プルトニウム人体実験』アルバカーキー・トリビューン編 広瀬隆訳・解説 1994.12.1

<目次>
[下巻]
第三部 核実験のモルモット
 第二四章 スターリンの果たし状
 第二五章 兵士のモルモット第一号
 第二六章 放射能の粒
 第二七章 焦土の演習
 第二八章 モルモットになりたい……
 第二九章 キノコ雲の決死隊
 第三〇章 志願将校
 第三一章 逆さキノコ雲
 第三二章 死体泥棒は愛国者

第四部 合衆国版・ナチ収容所
 第三三章 「マウスかヒトか?」
 第三四章 ヒューストンの「クリップ」軍医
 第三五章 核の戦場・シンシナチ
 第三六章 オークリッジの照射室
 第三七章 囚われのボランティア
 第三八章 よみがえるプルトニウム注射
 第三九章 「小説よりも悲しい……」

第五部 清算
 第四〇章 「事実を言おう」
 第四一章 暴露と痛み
 第四二章 人体実験調査委員会−−一九九四年
 第四三章 涙の証言
 第四四章 本を開いてすぐ閉じる
 第四五章 大統領の謝罪
 第四六章 「もう二度とは……」−−一九九六年末
 第四七章 ごまかしと現ナマ

エピローグ
謝辞
訳者あとがき
索引
略年表

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

国防・軍事 ランキング

国防・軍事のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む