サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

屍船
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-861221-8
  • 国内送料無料

紙の本

屍船

著者 倉阪 鬼一郎 (著)

新婚旅行の穴場として知られる南の島。しかしそこは、愛の囁きの裏側で奇妙な怪談が語られる場でもあった。中尉が髪をつかみ、首だけになった自分をぶら下げている…。混沌の海と恩寵...

もっと見る

屍船

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新婚旅行の穴場として知られる南の島。しかしそこは、愛の囁きの裏側で奇妙な怪談が語られる場でもあった。中尉が髪をつかみ、首だけになった自分をぶら下げている…。混沌の海と恩寵の殺戮を描く表題作他、16編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

屍船 5-24
老年 25-32
事件 33-40

著者紹介

倉阪 鬼一郎

略歴
〈倉阪鬼一郎〉1960年三重県生まれ。早稲田大学大学院日本文学専攻中退。在学中から幻想文学会に参加。怪奇小説家。著書に「白い館の惨劇」「死の影」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

哄笑と寂寥の右翼みみづく

2002/06/13 03:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々宝砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 十七編を収録する短編集。この本、装丁がえらく洒落ている。クラサカ氏の本の中で最もうつくしい本かもしれぬ。夜と月の匂いがするイラストがすてき。しかしカバーをとると、真っ赤な生地に白い髑髏がデンとあって、やっぱり怪奇なのである。お洒落なだけではつまんないもんね。

 異形コレクションに掲載された短編を中心に編まれているが、かなり玉石混淆な気がする。短いくせに効果的な入れ子構造を持つ「墓碑銘」のような傑作もあれば、どうかなーと首をひねるほかない「おじいさんの失敗」みたいな作品もある。初心者向き、ではないかもしれない。

 しかし、私は力入れてこの本をすすめたい。なんでかって、この本には倉阪鬼一郎の最高傑作短編(と私が勝手に思ってる)「みみづく」が掲載されている! いきなりやってきて「みみづく新聞である! づはすにてんてんではなく、つにてんてんと表記する」とのたまうみみづくは、なぜか右に偏った思想の持ち主で(左ではつまらん)、大いぱりで新聞の勧誘をする。どういう話だそりゃとお思いになったら、ぜひ読んでいただきたい。わずかに10ページしかないこの物語は、寂寥と、笑いと、幻想と、残酷さと、それから「救い」としか言いようのないものを読者にもたらすのである。

 これこそ、私の好きなクラサカなのです。ああ好きだわあ。……って、ラブレターじゃねえんだ、これは書評なんだった。あわてて付け加えておくと、他にも面白い小説載ってます。おすすめは「白い呪いの館」、「事件(ことくだん)」、恐ろしくも美味な「ラストディナーは私と」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/21 08:05

投稿元:ブクログ

イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/2191111.html)
(収録作品)水妖記/ラストディナーは私と/おじいさんの失敗/屍船/事件/辞令/雪夫人/プレイルーム/墓碑銘/白い呪いの館/霧の夜/福助旅館/茜村より/みみづく/夢の中の宴/草笛の鳴る夜/老年

2006/11/21 16:43

投稿元:ブクログ

オカルト・ホラー好きな人に絶賛します(ぉ だいぶグロイ短編集です バグ的には『ラストディナーは私と』が気に入ってますw

2008/10/29 08:43

投稿元:ブクログ

落ちが分からないのが2つほどありました。うーん私の読解力に自信がなくなってきました。ちょっと落ち込んじゃった。

2009/12/31 00:58

投稿元:ブクログ

夜中に一人で、ひっそり読むのに最適かも(笑)。装丁が雰囲気抜群。各話の扉絵がかなり美麗で、幻想的。呑み込まれそう。
表題作「屍船」がやっぱり秀逸かな。いちばん怖いし。そしてこの本、並びが見事。ずーっと怖いのが続いて、終わり近く。「おじいさんの失敗」でなんだか気が抜ける。で、怖いのが抜けたと油断をしたところで最終話の「ラストディナーは私と」。うわあ、「特別料理」だぁっ! まんま同じやん!(笑)……だけどオリジナリティのある終わり方に感服。文句なし。