サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四十回のまばたき(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-40010-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

四十回のまばたき (幻冬舎文庫)

著者 重松 清 (著)

四十回のまばたき (幻冬舎文庫)

576(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

あたたかく、やさしく、どこかいやされる。

2001/03/22 03:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名無し - この投稿者のレビュー一覧を見る

 売れない翻訳家である主人公の心が、冬になると“冬眠”する義妹との生活や、彼が翻訳をてがけた乱暴であるが温かいアメリカ人との出会いによって解き放たれていく、という話である。
 心の奥の方の、うまくいえない、こう何か足りないような、小説の中では“穴ぼこ”といわれる、きっと誰でも感じたことがある、欠落感のようなものと、向き合うことができる本である。この本が、直接埋めてくれる、という感じではない。だから、すこししんどくもなったりもする。しかし、読めば、どこかいやされた気がする。べたべたした優しさは全くなく、ただそばにいてくれるような、素っ気ない、静かな、それでいてとっても誠実な優しさにあふれている。あたたかい、霧のような雨の中を、傘も差さずにゆっくりと歩いていく、そんな感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

起伏なく終わってしまう

2018/07/07 11:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻玲子を事故で失ってしまうも、不倫の帰りであったということを知って悲しみを感じられなくなってしまった主人公圭司(周囲からは圭と呼ばれている。)。SAD患者で冬眠をするため面倒をみていた玲子の妹である耀子からは穴のないバランスの取れた人であると称されていた。やがて耀子に赤ちゃんができ、家族になってくれるよう頼まれる。圭は耀子の願いを受け入れ、引き続き面倒をみることとなった。また売れない翻訳家であった圭が、「って感じ」を口癖とする編集者からの小説の翻訳の仕事が大当たりし、その作家セイウチが来日する。粗暴なセイウチと打ち解けた圭はセイウチの別れて自殺した妻が小説の本当の作者であることを知ったものの、次回作を書くというセイウチにどこか期待感を持っていた。
本作は淡白で起伏がない純小説である。面白いかと問われるとyesとは答えづらい。淡々とした話に退屈さを感じてしまった。素材も特段優れたわけではないので、料理の仕方が問題というわけではないだろう。少なくとも理屈があるわけではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/05 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/16 03:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/27 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/10 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/09 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/22 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/21 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/05 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/23 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/01 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/05 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/10 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る