サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おちんちんのえほん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:25×25cm/36p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-591-06544-8
絵本

紙の本

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)

著者 やまもと なおひで (ぶん),さとう まきこ (え)

きみはおとこのこかな、おんなのこかな。おとこのこなら、なんでわかるの。おんなのことは、どこがちがうの。こころとからだを知るために、ちいさな男の子のための、はじめてであう性...

もっと見る

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

きみはおとこのこかな、おんなのこかな。おとこのこなら、なんでわかるの。おんなのことは、どこがちがうの。こころとからだを知るために、ちいさな男の子のための、はじめてであう性のえほん。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

やまもと なおひで

略歴
〈さとうまきこ〉1965年東京都生まれ。挿し絵や絵本作品に「土星のわっか」「だいあもんど」、「バッテリー」シリーズなどがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

じぶんのいのちをだいじにすること

2018/07/29 22:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:harugakitakita - この投稿者のレビュー一覧を見る

2歳の子供と読みました。
性教育を意識しすぎずに自然なかたちで行いたいと思い、言葉がわかる2歳になってから読み始めました。
子供の反応は、性について書いてあるからって特にびっくりした様子もなく、へぇという様子。
その後は週に数回、読んでと本棚から持ってきます。

性について、性的いたずらをされそうになったとき、出産など…いろんなテーマが書かれていますが、共通しているのは「じぶんのいのちをだいじにすること」。
男の子向けの題名ですが、女の子にもぜひ読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩みどころ

2016/05/22 21:27

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼児向け性教育絵本といったところでしょうか。
何か可愛らしいお話が展開するというわけではなく、
けっこう生々しい描写で性に関する事柄が描かれています。
何歳ぐらいの子どもに読ませるか、いつがいいのか。
けっこう悩みどころかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男の子がむやみに「そこ」を見せ始めたとき、決まり悪い思いをする大人たちにとってありがたい1冊。多側面から捉えておきたい知識がきっちり詰まっている。

2002/07/04 15:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 授業参観日のかわりに学校公開日ということで、小学校の全授業と施設が公開になった。新一年生の母親としては願ってもない好企画。3日間のうちの2日間通って、うろうろと見学に励んだ。すでに何人もの子どもたちと遊んだことがあるので、休み時間には声をかけたり、かけられたり…。
 一番つき合いが多い男の子Wには、ちんちんを見せられた。その少年Wは、昭和40年代からタイムスリップしてきたような見てくれの悪ガキで、だからこそ私の大のお気入り、心の恋人なのであるが、ズボンを下ろしてかわいい一物を見せながら、なんと「マ○コ、マ○コ」と女性の秘所の名称を歌うように言うのだ。「どこで覚えた、そんな言葉?」とびっくりしながら、いつものように叱りつけておいた。先生には聞かれていなかったと思う。
 そのことを帰ってから息子に言うと、「Wはママのこと好きなんだよ」と言う。これにも呆れた。あんなに小さな男の子でも、好きな女の人には大切な部分を開陳するものなのであろうか。嬉しいような情けないような話である。

 男子の幼児や児童をもつ女親というのは、おちんちんのトラブルが絶えない。
 わが息子も、最近ではなくなったが、年長になるかならないかのころから、保育園からの帰り道、公道でおもむろにズボンをおろしたり、大きな声で「このちんちん野郎!」と脈絡もなく騒いでいた。クレヨンしんちゃんの影響は大きいようである。また、最近でもときどき、入浴まえ裸ん坊になったところで押しつけてこようとするのでムッてしまうなんてことがある。同時にここではとても書けないような要望を口にしたりする。まあ、その要望をほんのちょっぴりだけかなえてあげて、ママと男の子の共犯関係のような蜜月時代は過ぎて行くのであろう。

 小さな子どもたちに性についてどういう知識を与えていくのか。最近児童書の業界では、そのテーマがちょっとしたブームである。栄養素や食文化についてあれこれ考える「食育」のブームがその前にあった。盲導犬・介助犬、バリアフリーをはじめとして広く福祉に関わる本の出版も相次いで、今は「性教育」なのである。それもジェンダーというよりは、ずばりセックスという生物的存在としての人間を対象とした…。
 
 この絵本では、まず、女の子から男の子を区別する体のシンボルとしてのおちんちんが紹介されて、排泄機能が語られるのだが、そのときにトイレ・マナーについても言及がなされている。次いで水着を例にとり、「プライベート・ゾーン」という言葉を出すことによって人に見せない方がいいのだという教えが述べられている。そうか「プライベート・ゾーン」——この概念を今度あいつ(W)に教えこんでやらねば、とありがたく覚える。
 プライベート・ゾーンについては、入浴時の洗い方や下着についた汚れの洗濯まで説明がある。あいつ(W)は、わが家の一番風呂に入り、ゆうゆうとして帰っていったこともあったが、浴槽に飛び込む前にお尻を洗おうとしなかったので、私はキーキー注意したものだ。
 さらに、性的いたずらへの警告、生殖機能についても詳しい解説がある。この生殖機能の記述のあとに、出産と誕生について優しいタッチで命の問題も扱われている。
「これからも、たくさんたべて、たくさんうごきまわって、ともだちとなかよくあそんで、まいにちをげんきにすごそうね」という終りの場面がとてもいい。「たのんだよ」という結びの言葉に深い共感。便利で得難い1冊なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おちんちんはとっても大事!

2001/02/28 15:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小学2年生の息子が、生活科で自分の生まれたときのことを学習しました。そして、参観日には、赤ちゃんが子宮の中で育つしくみを、お母さんの証言を交えて勉強しました。ちょうど、そんな時、本屋で見つけたこの一冊。

 “おちんちんのえほん”という題名に、子どもたちは過敏に反応し、幼稚園児は、面白くて興味津々!! 小学生になると低学年でさえ、女の子は敬遠する振りをします。大いに興味がある心とは裏腹に…。でも、この本を開けば、みんなの目は真剣そのものです。

 これは、性教育の絵本です。
 「お父さんの精子とお母さんの卵子という、『いのちのもと』が出会って、君が生まれた。そして、ママのおなかの中の『しきゅう』という袋のなかで、『へそのお』を通してママから栄養をもらって、大きくなる。ふくろが窮屈になるぐらい大きくなった君は、ママの足の間にある、赤ちゃんが出てくる『みち』を通って産まれてきたんだよ。」
 このように教えています。
 幼稚園年長クラスでこの本を読んだとき、始めははしゃいで聞いていた子どもたちが、このくだりになると、水をうったように静まり返って聞き入りました。命の始まり、一番興味のあるところなのでしょう。
 優しい絵で、自然のままに、語りかけてくれる絵本です。性教育の第一歩に最適の本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幼児に読ませるなら後半を飛ばすほうがいい

2016/09/12 13:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

4歳の娘が体について関心を持ちましたので、買いました。
しかし、後半になると、セックスのことまで書かれて、
全部読み終わったら、娘も誰かをくっついて赤ちゃんを産みたいと言い出して、
困りました。
結局、アカチャンを産むということは何かについての本をまた探さないといけないことになりまして、娘に読ませることをちょっと後悔しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/22 04:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/22 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/29 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/22 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/03 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/28 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します社会科 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。