サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 角川春樹事務所の通販
  6. ハルキ文庫の通販
  7. 回転翼の天使 ジュエルボックス・ナビゲイターの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

回転翼の天使 ジュエルボックス・ナビゲイター(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-753-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

回転翼の天使 ジュエルボックス・ナビゲイター (ハルキ文庫)

著者 小川 一水 (著)

回転翼の天使 ジュエルボックス・ナビゲイター (ハルキ文庫)

778(税込)

ポイント :7pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

官僚の縦組織を超える災害

2005/08/22 23:06

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて、アニメの『機動警察パトレイバー』、映画『踊る大捜査線TheMovie2』と消防士の災害救助活動を描いた曽田正人さんの傑作マンガ『め組の大吾』を強く連想させられた。まじで感動した。まぁ、終わり方は小川さんらしく青臭くもあるが、そこがまたいいんだよなぁ。
小川一水さんのテーマには、
1)因習にとらわれた組織を超えるほどの大惨事に対抗する
2)登場人物が組織・官僚制度の壁に絶望しながらも、なぜか希望を捨てない青臭さ
が大きな軸になっていることが多い。ほんとは、ここに
3)原初的な意味での、泥臭い足に地がついた「技術」というものが入るが、そこはこの作品では重視されていないので、カット。この技術に対する視点は、彼のHPを見ると非常によく分かる。
等身大の視点で、熱心な取材が繰り広げられているからだ。
この作品では、1)と2)がクローズアップされている。ある意味、この作品は、イカロス〜と復活の地の結合であり、前哨戦であったのだと思う。
この話、ぜったいドラマ化するか映画化してほしいなぁ。躍る〜と似たテーマで、できるはずなんだけどなぁ。ぜひ、ドラマで見てみたいと思いませんか?。
再度、1)に戻ると、踊る〜を連想させられたのは、日本社会の縦割り組織の現実。
レインボーブリッジを封鎖するには、警察庁の権限だけではだめで、様々な外郭団体や他省庁との折衝が必要でした。実は、これがパート3への伏線ではないかと、夢想しているのだが(笑)。
大規模災害は、現場が大混乱する上に、様々な縦割り組織が横に情報を共有してしかも、指揮系統がそろわないと対応できない。
そして、それができないことこそが日本社会の最大の欠点であり、日本民族が伝統的に形成する組織の欠点なんですよね。そこで右往左往する現場の人間の苦渋と誇りを描いていて、いやーえがった。この作品でも建設省の技官と民間の航空会社と警察庁、消防部隊、自衛隊が連携しないとあの大災害には、対処できないですよね。←この考え方が、『復活の地』の伏線となっているのはいうまでもない。成長する作家の面目躍如です。ちなみにパイロットや消防士などの守るべき規則と目の前にある緊急の現実のとの葛藤は、め組の大吾を連想させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々にいい航空SFを読んだ

2000/11/21 17:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:横田順彌 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 黎明期の飛行機が好きだ。腹の立つ時は、いつも大正五年刊の『快飛行家スミス』を読む。明治末期から大正時代にかけて、自ら設計、製作した飛行機で曲乗り飛行をし天才飛行家といわれた青年の半世記だ。日本にも二度やってきた。この本を読むと、腹立ちがおさまる。いま、ぼくは某事情で腹が立っている。そこで『快飛行家スミス』を読もうと思ったら、若い友人が飛行機ではなくヘリコプター小説だが『回転翼の天使』を、ぜひ読んでみてください、といった。
 読んだ。おもしろい。ストーリーは、若い女性が弱小ヘリ会社で、あこがれの空を飛ぶ。それだけだ。明るさに惹かれる。明るい小説は気分がいい。しかし、この作品が、ぼくをより楽しませてくれたのは、細部の技術的な描写や、航空法などに関する部分がいいかげんでない点。ついつい、ごまかしてしまえと思いたくなる箇所を、きちんと調べて描いていることに著者の誠意を感じる。カバー画と本文中のイラストが、少々気に入らないが、久々にいい航空SFを読んだ。立腹がおさまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/22 02:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る