サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 総務のためのコンピュータ&ネットワーク導入マニュアル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

総務のためのコンピュータ&ネットワーク導入マニュアル
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:実務家
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: 海文堂出版
  • サイズ:21cm/157p
  • 利用対象:実務家
  • ISBN:4-303-71630-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

総務のためのコンピュータ&ネットワーク導入マニュアル

著者 菅野 勇紀 (著)

「簡単で分かりやすくてビジネスの現場にすぐ生かせるコンピュータ操作の教本が欲しい」といった心境の「事務方」のために、「コンピュータ導入」に関する簡単で確実な方法を解説。【...

もっと見る

総務のためのコンピュータ&ネットワーク導入マニュアル

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「簡単で分かりやすくてビジネスの現場にすぐ生かせるコンピュータ操作の教本が欲しい」といった心境の「事務方」のために、「コンピュータ導入」に関する簡単で確実な方法を解説。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

編集者コメント

2004/05/25 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩本登志雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、企業や官公庁などで、組織的なコンピュータやネットワークの導入を任される立場にある総務部門が「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を具体的に解説しています。「はやりの最新技術に関する詳細な知識などじゃまになるだけ。必要なのは通常どおりの総務力である」という視点で、導入プロジェクトを成功させるための最も簡単で最も確実な方法が示されており、既存の技術書からは得られない実践的なノウハウを知ることができるでしょう。

【著者紹介】
菅野 勇紀(かんの ゆうき)
1970年、東京都葛飾区生まれ。
執筆時:情報コンサル企業にてシステムインテグレーターとして勤務。
司法や行政、生活問題に関する活動にも積極的にかかわっている。

【目次】
0章 コンピュータは好きじゃない
1章 コンピュータ導入「プロジェクト」とは
2章 プロジェクト管理者、その立場と気持ちは...?
3章 実施概要の策定
4章 受け入れ環境の整備
5章 プロジェクト設計はあなたの仕事
6章 業者とのかかわりかた
7章 いざ発注!
8章 納品・展開という戦争
9章 プロジェクト展開後
10章 未来は誰も創ってくれない
想定問答集

【詳細情報】
より詳しい内容・目次については
http://www.kaibundo.jp/syousai/ISBN4-303-71630-8.htm
でご覧いただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

総務担当者がコンピュータ&ネットワーク導入のプロジェクト管理を任されたらどうすればよいか細かく説明

2000/12/28 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田 哲也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読後の感想は,かなり“びっくり”した,といったところだろうか。題に「総務のための」と書いてあるので,多少レベルの低い内容だろうという先入観を持って読み始めたが,どうしてどうして,実際の内容は“一流企業のプロジェクト管理者”でも実務において十分役立つ程のノウハウの塊であった。
 それも,プロジェクト遂行上のリスク・問題点を明確にした上で,「このリスク・問題点については本気で考えなさい。このリスク・問題点は多少無視してもかまいません。」という助言を的確に与える手法をとっており,読者(プロジェクト管理者)は自分の仕事と照らし合わせて容易に理解できる構成となっている。特に,“自分ひとりでは何もできない。プロジェクトに関わる技術者をどう動かせばよいか理解する”という考え方は,小生の経験から言ってもまったく正しい。
 また,題に「コンピュータ&ネットワーク」とあるように,中盤からはエンジニアでも十分理解していないパソコンとネットワーク関連の専門知識の簡易な説明も含まれており,それも“この知識は知っておく必要があります。この知識は覚えなくても問題ありません。”との補足説明付きである。ついでに巻末には,上司・他部署・業者・ユーザからの「想定問答と模範回答」が付してあり,まことに“いたれりつくせり”である。
 しかし,ここで本書の難を述べれば,まず筆者の執筆経験が浅いためか,段落ごとの構成がほとんど同じであり,また文章にあまりにも類似の言い回しが多く“へきえき”する。さらに内容面では,プロジェクト管理で最も重要な「プロジェクト設計」について,“特別な専門知識は必要ない(本文)”と言い切っている点に大いに問題がある。著者も専門知識の必要性に気がついているので,その後の章で個別に専門知識の説明を行っている。必要な専門知識は,総務の担当者でも,プロジェクト開始前に習得しておく必要があると思うのだが。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネットワーク ランキング

ネットワークのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む