サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0115-18)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 朝日新聞社の通販
  6. 医療事故 なぜ起こるのか、どうすれば防げるのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:19cm/225,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-257532-8

紙の本

医療事故 なぜ起こるのか、どうすれば防げるのか

著者 山内 桂子 (著),山内 隆久 (著)

医療事故はなぜ起こるのか。現場の個人の追及だけでは解決しない。組織・システムとしての問題と考えよう。「誤りは人の常、安全は組織の知恵」をキーワードに、「安全な医療」を達成...

もっと見る

医療事故 なぜ起こるのか、どうすれば防げるのか

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

医療事故はなぜ起こるのか。現場の個人の追及だけでは解決しない。組織・システムとしての問題と考えよう。「誤りは人の常、安全は組織の知恵」をキーワードに、「安全な医療」を達成するため、何をすべきかを示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山内 桂子

略歴
〈桂子〉国立小倉病院附属看護助産学校講師、産業医科大学医学部医療科学講座訪問研究員。
〈隆久〉北九州大学文学部教授。著書に「偏見解消の心理」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

個人と組織が絡み合う医療事故の原因と対策

2000/12/01 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斉藤 律子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 毎日のように医療ミスのニュースが飛び交う昨近である。報道が多いため急に増えたかのように思われるが,過去のものもあれば近日起こったものもあり時期はまちまちだ。しかし一点において状況は共通している。それは小規模な病院よりも,大学病院や総合病院などの「組織」の中で起きているということである。
 通常人々は何かのときには大きな病院へ,の思いがある。設備が整い,治療技術や研究も進んでいることから,病という自己解決できないものへの不安を総合病院・大学病院へ託すのである。その中で現在の報道を見ると,出鼻をくじかれた思いがしている人々も多いことだろう。
 本書は,個人が引き起こす心理的要因から組織の盲点まで,何が原因でミスが起こるのか,どうしたらミスが起こらなくなるのかを,きめ細かく検証したものである。これまでの医療事故に関する書籍は医学,看護学,法律学など特定の学問分野の立場で書かれたものか,もしくはある一つの事例に基づいた被害者側の立場にたったものが主だった。しかし本書はあくまで「医療事故」というタームを中心に,事故調査のあり方,被害者救済,事故を起こした側のサポートなどを分析している。特に医療事故をどの組織にも起こりうるものとし,事故防止の研究成果事例を豊富に掲載している部分からは,今後の対策がクリアに浮かび上がってくる。原因の構造モデルも多く図式化されており,専門家だけでなく,一般読者にもわかりやすい。
 誤診,手術や処置の誤り,薬剤誤投与,血液型誤認,麻酔事故,患者取り違え,院内感染など,枚挙に暇がない医療事故だが,構造を根本的に解明し,医療スタッフの側をサポートしながら事故を起こさないよう克服した医療施設もある。ただ病院を責めるのではなく,論理的に対策を練るために非常に有効な一冊である。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/24 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。