サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/599p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-52311-0
文庫

紙の本

ラヴクラフトの遺産 (創元推理文庫)

著者 ワインバーグ (編),グリーンバーグ (編),夏来 健次 (訳),尾之上 浩司 (訳)

ラヴクラフトの遺産 (創元推理文庫)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

H・P・ラヴクラフトへの公開書簡 ロバート・ブロック 著 9-18
間男 レイ・ガートン 著 19-50
吾が心臓の秘密 モート・キャッスル 著 51-102

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

かなり内輪

2002/07/06 01:27

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

力量も方向性も異なる作家たちの、これまた気合いの入れ方もコン
セプトも異なる作品がゴタマゼになった、なんというか、ゼリービー
ンズとかけそばを同時に食するが如き違和感を禁じ得ない、まとま
りのないアンソロジーであった。

ラヴクラフトに心酔する同士、こういう本を作りたがる気持ちはわ
からないでもないのだが、しかしもう少しなんとかならなかったも
のかと思わざるを得ない。

わたしは、ラヴクラフトは好きだが、朝松健氏の熱い語りのノリに
はまったく共感できないのだ。この本の氏の解説「遺産相続人たち」
も、白けながら読んだ。そんなわたしと同様の諸氏はこの本はあま
り楽しめないかも。

本を閉じて内容を思い出そうとしても、出てくるのは最後に収めら
れていた作品、F.ポール.ウィルスンの「荒地」だけである。だが
これも連想したのは「X-Files」であった。

ラヴクラフトが好きな人は、いちおう目を通しておいた方が良いか
も、という程度にオススメしておきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラブクラフトとF・ポール・ウィルスン、これ以上ない最強タッグだが。

2001/01/18 23:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RAJA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 H・P・L(ラブクラフト)と、F・P・W(ウィルスン)、二人のビッグネームに惹かれて読んでみた本ですが、アンソロジーというのは難しいですね。短編な上に作者が異なるわけですから、よほど工夫してもらわないと、こっちが話に乗り切れません。どうも「工夫して、早く読者を取り込まなくちゃいけない」という部分を、H・P・Lへのリスペクトで浪費してしまっている気がします。作品自体は粒がそろいませんでした。むしろ、作者紹介とか、訳者解説とかのが興味深かったです。
 一番期待していた、F・ポール・ウィルスンの「松光」も、いつものウィルスン作品の輝きが、残念ながらありません。確かにラブクラフトといえばコズミックホラーなんでしょうけど、ここでオチだけで逃げられても困るなあ、という感じです。この本の目玉となる作家なのですから、ウィルスンらしさを前面に出して、主人公を危機に立ち向かわせて欲しかったです。
 皮肉ですが、今回はラブクラフトの偉大さを、改めてその遺産が知らしめたという印象です。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/15 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/25 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/15 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/13 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。