サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2000/08/26
  • 出版社: 評論社
  • サイズ:30cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-566-00687-5
絵本

紙の本

ライオンと魔女と衣裳だんす (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

著者 C.S.ルイス (さく),クリスチャン・バーミンガム (え),田中 明子 (やく)

古い衣裳だんすを通り抜けて4人のきょうだいが着いた魔法の国ナルニアは、白い魔女に支配され、終わることのない冬が続いていたのでした…。「ライオンと魔女」を、年若い読者のため...

もっと見る

ライオンと魔女と衣裳だんす (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古い衣裳だんすを通り抜けて4人のきょうだいが着いた魔法の国ナルニアは、白い魔女に支配され、終わることのない冬が続いていたのでした…。「ライオンと魔女」を、年若い読者のために書き直した絵本版ナルニア国ものがたり。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

C.S.ルイス

略歴
〈クリスチャン・バーミンガム〉1991年エグゼター美術・デザイン学校挿絵科卒業。挿絵画家。最初の絵本「ぼくのもらったすごいやつ」がカート・マシュラー賞候補になる。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

さすが、ナルニア国物語だと思いました。子供達が絵本の世界に入りこんでしまったようです。

2006/03/01 16:07

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひ〜ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

[ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィの四人のきょうだいは、空襲をさけ、田舎に住む、親切な老学者のもとに送られました。
そこでは思いもかけぬ冒険が四人を待ちうけていました。雨の降る夏の朝、子どもたちが、老先生の古い屋敷を探検するところから話は始まります。
たまたまのぞいたあきべやから、きょうだいたちが出ていったあと、一人残ったルーシィは、
そのへやに置かれた衣裳だんすのとびらをあけ、中にはいりこみました。毛皮のコートを押しわけると、そこは、雪の降る林の中でした。ルーシィは、フォーンや、ケンタウロスや、ニンフや、もの言う動物たちの住む魔法の国ナルニアにきたのです。美しくて邪悪な白い魔女に支配されたこの国では、もう百年も、終わることのない冬が続いているのでした。]
今日は 「つきよのくじら」と組み合わせして フォーンとお茶するまでを読みました。紹介だけのつもりでしたが のめり込んで聞いていたようで来週につづきを読むことになりました。
さすが、ナルニア国物語だと思いました。子供達が絵本の世界に入りこんでしまったようです。
シーンと静まり返っていました。
「ナルニア国物語」を子供に読みやすい様 絵本になっていましが 文字は結構あります。
だけど 目の前に情景が浮かぶくらい鮮明に描かれていて楽しい絵本です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり絵本がいいのかなぁ〜

2007/01/24 06:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 娘が幼稚園最後のお遊戯会で「ナルニア国物語」をすると言う。「ナルニア国物語」は、タイトルこそ聞いたことはあれども、ストーリーについては全く知らない物語であったため、早速娘を連れて図書館へと向かった。あいにく小学生向けの読み物しかなく最初はそれを読んだが、翻訳が気に入らず、図書館スタッフに絵本がないか聞いた所、本書を紹介された。
 こちらも通して読んでみたが、(絵が多いという点を省略しても)分かりやすさという点で、こちらの本をお勧めしたい。無駄な部分(というか、あえて訳す必要のない部分)を省いてくれているからだ。そのため少し前後関係が怪しい所もあったが、免除するに値する。
 初めて読んだ(実際には2度目となるが・・・)物語の内容としては、勧善懲悪であり、気持ち良く読み終えることができる本である。子供の頃に読んでいるのとはまた違った感じ方をしているんだろうとうは思っている。
 実はメルヘンとか昔話という類の中には、とても残酷なものもある。「赤頭巾ちゃん」でも最後にはオオカミの腹を割いてしまう。またタイトルを忘れたが(青い鳥だったかなぁ)お菓子のお家が出てくる物語でも、魔女を暖炉に突き飛ばすなんてこともある。もう少し良い解決はないものか、と考えてしまう。しかしこうした考えは「犯罪者にも人権を!」などと言う被害者遺族には何とも言えない議論がされる発端なのかもしれない。勧善懲悪で、悪いものは悪いとして、きちんと裁くメルヘン的(!?)な司法が必要なのかも・・・!!ということまで感じてしまったおじさんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/03/14 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/05 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。