サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

田村隆一全詩集
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.8
  • 出版社: 思潮社
  • サイズ:23cm/1494p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7837-2312-5
  • 国内送料無料

紙の本

田村隆一全詩集

著者 田村 隆一 (著)

1998年に亡くなった戦後詩の雄・田村隆一の全詩業を集成する。単行詩集、単行詩集未収録詩篇に加え、年譜、著作目録などの各種資料も収録する。【「TRC MARC」の商品解説...

もっと見る

田村隆一全詩集

23,760(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1998年に亡くなった戦後詩の雄・田村隆一の全詩業を集成する。単行詩集、単行詩集未収録詩篇に加え、年譜、著作目録などの各種資料も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

四千の日と夜 26-67
言葉のない世界 68-89
田村隆一詩集 90-107

著者紹介

田村 隆一

略歴
〈田村隆一〉1923〜98年。東京生まれ。敗戦後、『荒地』創刊に参加した後、戦後現代詩を代表する詩人として活躍。著書に「腐敗性物質」「女神礼讃」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あまりに分厚く、重く、読みにくいが、「単行本未収録作品」が入っている

2000/10/05 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『田村隆一全詩集』はずいぶん昔、思潮社から出た。その時も当然箱入りだったが、中は四分冊になっていた。ところが今回は全一冊、1494頁!もある。これはあんまりだ。あまりに分厚く、重く、読みにくいからだ! しかしこの『全詩集』には「単行本未収録作品」が入っている。内容は「戦前」(1939〜42)が24篇(34頁)、「戦後I」(1946〜69)が25篇(52頁)、「戦後II」(1983〜98)が54篇(82頁)と計103 篇、168 頁もある。まだすべて読んでいないので何とも言えないが、これらはみずから単行本に入れなかったものなのだろうか。詩人論は他の媒体で書く予定なので、ここではもう少しデータにこだわって紹介しておこう。「著作目録」を改めて見ると「詩集」が案外少ないことにまず驚く。処女詩集『四千の日と夜』(1956年、東京創元社)や『言葉のない世界』(62年、昭森社)は誰でも知っている。それ以後、『帰ってきた旅人』(98年、朝日新聞社)までの42年間でわずかに23冊、つまり1年に2冊は出していないのだ。「いやいや、『詩集』をそのペースで出したのは、現代詩人では彼だけだろう」との声が聞こえてきそうだが、なるほど言われてみれば、世界的に見てもそんなものなのかもしれない。ついでに書いておくと、エッセイと対談集は37冊、ミステリーの翻訳は23冊、絵本の翻訳は31冊、計91冊もある。年に約2冊以上のペースである。文庫化されたミステリーや他の本は、重複も含めると43冊である。ここまで仕事をした詩人、もし吉本隆明が詩人だとすれば、彼に次ぐ量かもしれない。田村隆一の詩集で思い出すのは、この23冊の内、『5分前』(『海』連載、82年)、『ぼくの航海日誌』(『マリ・クレール』連載、91年)の2冊の詩集、ぼく自身が世に出したことだ。いずれもぼくの企画だが、『海』は鎌倉在住の女性スタッフ、『マリ・クレール』の時は、彼のファンという若いフリーの女性編集者に原稿取りを頼んだ。出不精人間のぼくにとって鎌倉は遠過ぎ、行けば酒になり、一日仕事になるだろうとの予測があったからだ。いつも書いていることだが、田村隆一を最後に『荒地』の詩人はすべて逝き、昨今の詩人で、出れば必ず買う人は、せいぜい2、3人しかいない。こうした『全詩集』、個人では買いにくい。全国の図書館は、ただちに仕入れて欲しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/06 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/02 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む