サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 富士書店
  • サイズ:20cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89227-050-4

紙の本

情報の倫理 インターネット時代を生きる

著者 広瀬 英彦 (編)

インターネット社会における情報倫理の諸問題を、メディア・広告・経済・法律・情報工学・哲学の視点から多元的に考察し究明する。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

情報の倫理 インターネット時代を生きる

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

インターネット時代の到来 広瀬英彦 著 11-19
インターネット時代の表現の自由と社会的責任 広瀬英彦 著 20-43
インターネット時代の企業・経済活動 阿部照男 著 44-77

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

インターネット時代の情報倫理とは何か。様々な問題を概観し解決策を探る。文理双方の専門家が執筆

2000/12/28 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉野 智之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 情報化時代の中,その功罪が論じられている。インターネットが普及するに伴い,従来では考えられなかった問題も出てきている。情報にアクセスが可能となり,居ながらにして,最先端の情報に接することが出来る反面,個人の誹謗中傷がネット上で飛び交い,被害を受けている人もいる。さらには,老若男女,電子メールを利用する状況にあって,近年ではEメール爆弾が問題視されている。このように,情報化による光と影が浮き彫りになる中,情報倫理に焦点を当てた書籍が何冊か刊行されている。
 ここで取り上げる本書は,メディア論,広告論,経済学,法学,哲学,情報工学などの文理双方の研究者により,多角的に論じられている。ネット上で生じる様々な問題を分析し,さらに方策を探るあたり,極めて実用的な内容が含まれている。したがって,主な読者は企業人,研究者,学生であるが,情報関連に興味のある一般の人が読んでも,理解出来るように書かれている。
 インターネット時代をキーワードに,10名の専門家によって執筆された本書はプロローグとエピローグを含め,4部構成。大きなテーマとして,コミュニケーション,情報犯罪,法律問題,哲学と倫理を掲げる。技術的な解説というよりは寧ろ,インターネットがもたらす社会的な影響を論じる。問題の所在を捉えたうえで,今後の対策を考察する。プロローグでインターネット時代が到来するに至った経緯を眺め,社会的なインパクトが大きい点を記す。
 第1部ではまず,企業や個人によるホームページ作成が増加したことを受け,表現の自由といった法律的な問題点を分析。ただし,法的な整備が遅れ,対応が後手に回ることが多い。ここでは表現の自由と社会的責任,広告表現,企業活動への影響を論じる。第2部は有害情報の発生,ネット攻撃,情報セキュリティー技術に言及。第3部で法的整備の在り方,知的財産権などを,第4部は利用者のモラル,プライバシーの問題など,哲学的な問題に触れ,エピローグで今後の課題を再考。巻末に示された文献も参考になる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。