サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トロイア戦記(講談社学術文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-159447-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

トロイア戦記 (講談社学術文庫)

著者 クイントゥス (著),松田 治 (訳)

トロイア戦記 (講談社学術文庫)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/04/04 18:59

投稿元:ブクログ

「大きな木馬なんて怪しげなものをなんで城内に引き入れちゃうの?」という疑問から読んだ作品。固有名詞がほとんどワカリマセン。名前が似てると既出の人なのかどうなのかも判断がつかない。神様は出てくるし、しかも妙に人間のやることなすことに口を出すし、人間関係というか神様関係が入り乱れてるから誰が誰の子なのやらもうごちゃごちゃ。読むのに時間がかかり、トロイアが水没したときにはある種の達成感に包まれました。けど、わかんねー!といいつつ面白い。迫力も気迫も伝わってくるし、なんたってスケールが壮大です。大部分は創作だと思われますが、それでも全くの作り話ではない、わずかに感じられる現実味が不思議な感覚を生みます。けどこうなるとヘレネ誘拐のあたりからちゃんと読んで見たくなる。それにはどれだけの時間がかかるやら・・・。

2008/03/06 18:00

投稿元:ブクログ

 ホメロスの叙事詩「イーリアス」に描かれているのは,トロイア戦争の途中までである.本書はその後を継ぎ,トロイア(別名イリオス)の陥落とギリシア軍の帰国までを記す.アキレウスやパリスの散華,オデュッセウスによる木馬作戦の提案と反対派とのやり取り,その後のトロイア陥落の様子などを知ることができる.

 パリスと共にトロイア戦争の発端となったヘレネーは,トロイアの陥落後,結局捕虜としてギリシア軍に連れて行かれたそうだ.しかしギリシア船団は,帰国の途上に激しい嵐に遭って壊滅してしまう.ヘレネーのその後については,残念ながら記されていない.

2012/06/01 22:31

投稿元:ブクログ

『イリアス』後のトロヤ戦争。アマゾネスの女王ペンテシレイアの参戦。アキレウスとの一騎打ち。エチオピアの王メムノーン参戦。アンティロコスの戦死。アキレウスの勝利。アポロンによるアキレウス殺害。アイアスとオデュッセウスの武具争い。アイアスの狂気と死。ヘラクレスの孫エリュオユロスの参戦とギリシア軍の危機。アキレウスの息子ネオプトレモスの戦線参加。ピロクテテスの復帰。木馬の計。トロヤ陥落。

2015/01/22 19:47

投稿元:ブクログ

『イリアス』『オデュッセイア』でホメロスが扱わなかったヘクトルの死以後の事件、すなわちアキレウスの死からイリオン落城までを、3世紀の詩人スミュルナのクイントゥスが叙事詩環の各詩に取材しまとめたもの。

訳者松田治さんの『トロイア戦争全史』読了後に読んだ。こちらでも初心者に親切な註や小見出しを施しとても読みやすくしてある。非常に手際よくまとまっているしそれなりにおもしろさもあるけれども、『イリアス』と引き比べると激しく見劣りしてしまって気の毒。

『イリアス』と同じく群像劇で数多の戦士が乱れ闘うが、アキレウスとヘクトルに見合うような英雄は残念ながら現れない。トロイア最後の武将エウリュピュロスとアキレウスの忘れ形見ネオプトレモスは勇ましくもどこか線が細い。戦争も最終局面で殺戮描写がむごたらしく、最早敵も味方もない。トロイア陥落の場面ではここまでの長い年月を思いさすがに胸が詰まった。

2016/10/10 20:53

投稿元:ブクログ

これ、本当に戦記でした。
トロイア戦争のことしか書いていない。
例えば赤壁の戦いだったり、壇ノ浦の合戦だったり、物語の流れのなかで戦いを描いたものは、実は戦いそのものではなくてかけひきや各々の心情が書かれいて、そこが面白かったりするのだけど、これは本当に戦いのみ。
しかも肉弾戦。
剣で切った。槍で突いた。石を投げつけた。斧でぶった切った。
首が飛んだ。はらわたがからみついた。魂が飛んで行った。

三世紀に書かれたのにもかかわらず、2000年に本邦初訳なのも頷ける。
ただし研究者には懇切丁寧な注釈もついており、便利な本かもしれない。
ただの読者には、地名や位置情報などあまり関係ないけどね。っていうか、邪魔。多すぎ。

日本の神話も、神様たちの話からいつの間にか実際の歴史にシフトしていくけれど、これもそう。
シュリーマンが遺跡を見つけちゃったものね。
実際にこの戦いはあったこと。

だとしたら、この神様たちもどこかの大国だったのかもしれない。
ギリシャ対トロイ=代理戦争のような。
だって、神様たちもギリシャを応援するもの、トロイを応援するものに分かれていろいろ手を出してくるんだよ。
風をおこしたり、霧を発生させたり、大波をおこしたり、地割れをおこしたり。
人間わざじゃないな…。
もしかして神様は宇宙人だったのか?

それだけでも、人間は神様の駒じゃない!と腹立たしいことこの上ないんだけど、ひいきするんだよね、こいつら神様は。
お気に入りだから助ける。気にくわないから殺す。
義理も人情もないよ。神様だからね。ヤクザ以下だけど。

英雄アキレウス(アキレス腱の元になった名前)は死んで神様の元に行きました。
戦いがすんで息子の夢枕に立つ。
「実はトロイに気に入った女がいるんだよね。勝ったら家に連れ帰ろうと思っていたけど、死んじゃったからさ、お墓の前に供えてくれない?あ、彼女の死体は遠くに捨ててね」

バカじゃないの!アキレウスなんて死んでしまえ!死んだけど。
でもって、バカ息子ってば(一応英雄だけど)そのとおりにするんだよね。
で、殺された彼女の母親は哀しみのあまり犬になり、そこいら辺をさまようことになりましたとさ。
ヾ(。`Д´。)ノ責任者呼んで来い!

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む