サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千の太陽よりも明るく 原爆を造った科学者たち(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/531p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76362-6
新書

紙の本

千の太陽よりも明るく 原爆を造った科学者たち (平凡社ライブラリー)

著者 R.ユンク (著),菊盛 英夫 (訳)

オッペンハイマーを「父」として展開された原子力の開発は、やがて原爆製造へと向かう。そこに参加した科学者たちの行動と思索の跡を克明にたどったドキュメンタリー。58年文芸春秋...

もっと見る

千の太陽よりも明るく 原爆を造った科学者たち (平凡社ライブラリー)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オッペンハイマーを「父」として展開された原子力の開発は、やがて原爆製造へと向かう。そこに参加した科学者たちの行動と思索の跡を克明にたどったドキュメンタリー。58年文芸春秋新社刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

R.ユンク

略歴
〈ユンク〉1913年ベルリン生まれ。ベルリン大学在学中に、ナチスの弾圧によりパリ、プラハ、チューリヒへ亡命。スイスで新聞記者となって以後、数々のノンフィクションを発表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

刊行当時には意義があったのかもしれないが、今となっては問題の多い著作。

2001/01/12 19:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書が再刊されたので驚いた。本書でのユンクの立場は、原爆の開発を目指したが、結局は作らなかったドイツ人科学者達(主にハイゼンベルク)より、原爆を作り広島と長崎の虐殺に使用したオッペンハイマーや亡命ユダヤ人科学者達の方が、道義的には責任が大きいというとことだと読みとれるだろう。ドイツが原爆を作らなかったのは、ハイゼンベルクが意図的に作らないようなコンセンサスを作ったからだと読みとれる。しかし、本書刊行以降の研究や調査では、そのようなことは否定されている。本書は当事者達が存命の間に書かれており、それなりに緊張した雰囲気を伝えている。特に、ハイゼンベルクとのやりとりが多く含まれているが、これを読んだニールス・ボーアは激怒したと伝えられている。それについてハイゼンベルクに抗議の手紙を書いたのだが、それはあまりにも強烈な内容だったので本人が投函をしなかった。ユンク自信も本書の内容で述べた意見を、刊行後に訂正したと伝えられている。このような著者の名誉に関わる著書を、なにも解説を付けずに再版することは、大いに疑問である。翻訳の文体は古めかしく、固有名詞の訳語も慣用とは異なるものがあるなど、日本語訳の編集が完全に行われていないと言う印象受ける。本書を読んでしまった人は、デヴィッド・C. キャシデの『不確定性 ハイゼンベルクの科学と生涯』(白揚社)などを読むことをお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

核兵器とコンピュータを生んだ「マンハッタン計画」のドキュメンタリー

2000/11/09 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桂英史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 核兵器とコンピュータ。このふたつのテクノロジーは、20世紀後半の世界をまちがい なくデザインしてしまった。このふたつのテクノロジーが「マンハッタン計画」から 誕生したことはよく知られているが、本書は、そのマンハッタン計画のドキュメンタ リーである。「マンハッタン計画」が全面戦争に用いる最終兵器を製造するプロジェ クトであったことが述べられているが、オッペンハイマーら参画した科学者とその周 辺に渦巻く思惑や心理的な機微に繊細な筆致が発揮されていて、読み物としてもおもしろい。著者が本書で「マンハッタン計画」に注ぐ視線は、原子力を科学から逸脱させてしまった科学者自身の功名心や打算に向けられている。その科学者の功名心や打算へ向けられる批判的な記述が本書全体に独特な緊張感をあたえている。「科学者の役割」や「国家と科学」というテーマだけでなく、野心や功名心という人間の本性についても考えさせられる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/15 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。