サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アジア経済持続的成長の途
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:22cm/219p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-535-55234-7
専門書

紙の本

アジア経済持続的成長の途

著者 青木 健 (著)

東アジア諸国は経済の成長を持続させる条件を持っているかを検討し、外国資本導入の過程と内実、構造問題を分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

アジア経済持続的成長の途

税込 2,970 27pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

青木 健

略歴
〈青木健〉1941年東京都生まれ。早稲田大学第一政治経済学部卒業。経済学博士。杏林大学社会科学部教授。著書に「マレーシア経済入門」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

東アジア諸国は経済成長を持続させる条件を持っているのか?外国資本導入の過程と内実,構造問題を分析

2000/12/01 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:橋本 文男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東アジアは世界の諸地域の中で常に高い経済成長率を誇ってきた。1960年代は日本が年率10.4%という高成長を遂げ,70年代に入るとNIES諸国,80年代に入るとこれにASEAN諸国がフォロー,96年頃までこの好調を継承した。しかし1997年7月,タイに始まった経済危機が連鎖反応的に東アジア各国に伝搬,1998年は中国(7.8%),シンガポール(1.5%)を除きいずれもマイナス成長に急下降した。
 本著は日本企業による電気機械産業(IT産業を含む),輸送機械産業分野への直接投資による国際生産ネットワーク形成を牽引車とする東アジア成長のメカニズムを新古典派理論とA・ヤングの「成長会計」により解明,内外の豊富な資料を駆使,これを検証している。また,これに関連して1994年末に発表されたP・クルーグマンの「まぼろしのアジア経済」を紹介,東アジアの経済成長パターンが「要素投入型」で生産要素(資本,労働力)の投入量が減れば高度成長は失速するという彼の理論を,東アジアのバブル経済崩壊と照らし随所に引用している。
 著者は東アジア諸国の構造的ぜい弱性から来る必要改善策,即ち金融部門の健全化,企業統治の改善,民営化,貿易・投資の自由化,為替市場の再整備,インフラ整備,労働市場の改革などを挙げるとともに将来東アジアにも確実に到来する新しい課題“少子化と高齢化”がもたらす労働人口比率の低下,貯蓄率の低下,成長率の鈍化に言及している。結論として東アジア諸国はその成長が早晩,「歴史的長期経済成長率」である年率4%前後の成長に収束,「質」を重視した経済運営に移行,技術革新力やその能力を源泉とした「生産性主導型」に転換し成長の持続性を確保することが必要としている。
 アジアの研究,ビジネスに関係する人達は本書から明解なアジア経済像を得るであろう。しかし現実には経済理論では割り切れない諸点,即ち政官民の一部にある低いモラル,政治の不安定(部族,宗教問題も含む),法律軽視の風潮,著者も触れているクローニイ経営,ネポテイズムといった東アジアの風土を敢えて認めながら,日本の企業は自身の生き残りをかけてこの地域の戦略を世界経済の中で模索していく必要があろう。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します外国経済・世界経済 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。