サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学
  4. 工学・工業
  5. 飛鳥新社
  6. 月面に立った男 ある宇宙飛行士の回想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月面に立った男 ある宇宙飛行士の回想
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 飛鳥新社
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87031-436-3
  • 国内送料無料

紙の本

月面に立った男 ある宇宙飛行士の回想

著者 ジーン・サーナン (著),浅沼 昭子 (訳)

月面に降り立った12人の人類のうちの1人であるジーン・サーナン。希望と野心、犠牲、死と背中合わせの日常、そして栄光。「月に降り立つ」という夢のために生きた宇宙飛行士の波乱...

もっと見る

月面に立った男 ある宇宙飛行士の回想

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

月面に降り立った12人の人類のうちの1人であるジーン・サーナン。希望と野心、犠牲、死と背中合わせの日常、そして栄光。「月に降り立つ」という夢のために生きた宇宙飛行士の波乱万丈の生き様を綴った痛快な自伝。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジーン・サーナン

略歴
〈サーナン〉1934年生まれ。元宇宙飛行士。アポロ計画の前身であるジェミニ計画から宇宙計画に携わる。現在、航空宇宙関連の経営企画コンサルティング会社サーナン・コーポレーション社長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

21世紀を先取りした10年間

2000/12/13 00:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田口善弘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の中で「月に降りた最後の男」ジーン・サーナンは、1960年代はケネディが21世紀から切り取ってきて20世紀にはめ込んだ10年間だった、というようなことを言っている。実際、本書を読むとアポロ計画がいかに強引で無理な計画であり、無事済んだのが奇跡的だったかが如実に表れている(もっとも、アポロ1号の惨事と13号の大事故を考慮に入れると「無事に済んだ」というのは間違いかもしれない)。『ライトスタッフ』を読んだときには、宇宙船のパイロットになるということはエースパイロットを降りてただロケットの先端に座るだけのロボットになることだ、と書かれていたような記憶があるが、実際はアポロ計画はパイロットの悪戦苦闘の上にかろうじて成り立っていた奇跡のプランに過ぎなかった。『ドラゴンフライ』を読んだときはソ連の宇宙計画のいいかげんさにあきれたが、アポロ計画も実体は大して変わらないほど現場の機転に支えられていたのだ。著者のサーナンは21世紀を前にして、アポロ計画のそんな実体を赤裸々に描いてみせた。いずれ再び、人類が月やそして火星まで進出したとき、20世紀に月まで行ったということが本当にどういうことだったのか分かるときが来るだろう。そんなことを予感させる本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユーモアと共に回想する米社会の機会平等主義

2000/10/12 06:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松浦晋也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アポロ17号の船長として1972年12月に月に向かい,今の所「月に最後の足跡を残した男」であるジーン・サーナンの自伝。アポロ計画関係者からは様々な回想録が出ているが,本書は計画そのものではなく,サーナン自身の生い立ちとアポロ計画で体験したことを,ユーモア混じりの文体で淡々とつづっている。もちろん当事者でなければ知り得ない宇宙飛行士達の確執や葛藤などの記述もあり,それだけで貴重な資料となっている。
 しかし本書の価値は,サーナンがどのように自分を鍛え上げて経歴を重ね,宇宙飛行士になったかという部分にある。祖父の代にチェコスロヴァキアからやってきた移民の子供が,軍の教育制度や大学の奨学金システムを利用して,アメリカ社会のエリートへと自分を鍛え上げていく過程は,アメリカ社会の機会平等で開かれた側面を教えてくれる。
 翻訳は固有名詞にもう少し配慮が欲しかった。ケネディ宇宙センターの通り名であるThe Capeを「岬」と直訳してしまうのは頂けない。

(松浦晋也/ノンフィクション・ライター http://www.bekkoame.ne.jp/~smatsu/)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/19 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/27 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

機械・機械製品 ランキング

機械・機械製品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む