サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 技報堂出版
  • サイズ:19cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7655-4419-2

紙の本

栄養と遺伝子のはなし 分子栄養学入門 (はなしシリーズ)

著者 佐久間 慶子 (著)

栄養素と遺伝子について、グルコースから始まりビタミン、無機質、アルコールまで説明。遺伝子組換え食品や味覚、乳糖不耐症、生活習慣病と肥満の遺伝子についても述べた、分子栄養学...

もっと見る

栄養と遺伝子のはなし 分子栄養学入門 (はなしシリーズ)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

栄養素と遺伝子について、グルコースから始まりビタミン、無機質、アルコールまで説明。遺伝子組換え食品や味覚、乳糖不耐症、生活習慣病と肥満の遺伝子についても述べた、分子栄養学のわかりやすい解説書。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これからの栄養学には必須

2000/11/01 02:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青木みや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1994年の肥満遺伝子が発見され、肥満は生活習慣によるものという栄養学の「常識」に分子生物学から攻め込まれた形になった。それを契機に遺伝子レベルから栄養学を見る「新しい栄養学」である分子栄養学が注目を浴びている。
 分子生物学的手法でお馴染みの栄養素を見ると、アミノ酸であるグルタミン酸は栄養素というより中枢神経における神経伝達物質とされ、脂溶性ビタミンのAとDは遺伝子の発現調節などを行うホルモンのグループと扱われている。後半では遺伝子組換え食品や生活習慣病の遺伝子などが解説される。著者が注目しているのは、1塩基変異多型(SNP)の解明による個人の遺伝子パターンに合わせたオーダーメイド栄養学だ。栄養学も遺伝子ビジネスに足を突っ込む時代が近づいているのか。やや専門的で、栄養学と生化学の基礎知識に遺伝子への関心も必要。だが、これからの栄養学には必須の話題ばかりだ。

(青木みや/管理栄養士 http://member.nifty.ne.jp/live/)

【目次】
まえがき
第1章 概説
1.1 分子栄養学とは
1.2 ヒトの遺伝子とは
第2章 栄養素と遺伝子
2.1 グルコース
2.2 アミノ酸
2.3 タンパク質
2.4 脂質
2.5 コレステロール
2.6 ビタミンA
2.7 βカロチン
2.8 ビタミンD
2.9 ビタミンE
2.10 ビタミンC
2.11 微量金属
2.12 鉄
2.13 カルシウム
2.14 アルコール
第3章
3.1 遺伝子組換え食品
3.2 味覚
3.3 乳糖不耐症
3.4 生活習慣病の遺伝子
3.5 肥満遺伝子
3.6 肥満の防止と食欲
あとがき
索引

『肥満とダイエットの遺伝学 遺伝子が決める食欲と体重』(朝日新聞社 蒲原 聖可著)
「自著を語る」の『21世紀に何を食べるか』(恒星出版 葛西奈津子編著)
科学サイトトップ特集 遺伝子ビジネス

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。