サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:25cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-03-232030-6
絵本

紙の本

あしたもともだち (おれたち、ともだち!)

著者 内田 麟太郎 (作),降矢 なな (絵)

僕の友だちオオカミさんは、かっこいいし頭もいい。オオカミさんと遊んでいると時間がたつのを忘れちゃう。そんなキツネなのだけれど、このごろオオカミさんに避けられているみたいで...

もっと見る

あしたもともだち (おれたち、ともだち!)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

おれたち、ともだち! 11巻セット

  • 税込価格:12,320112pt
  • 発送可能日:購入できません

おれたち、ともだち! 10巻セット

  • 税込価格:11,220102pt
  • 発送可能日:購入できません

おれたち、ともだち! 10巻セット

  • 税込価格:11,220102pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕の友だちオオカミさんは、かっこいいし頭もいい。オオカミさんと遊んでいると時間がたつのを忘れちゃう。そんなキツネなのだけれど、このごろオオカミさんに避けられているみたいで不安になって…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 麟太郎

略歴
〈降矢なな〉1961年東京都生まれ。ブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。作品に「ともだちや」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「こころがキラキラする」気持ちって、いいな。

2001/02/09 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 “ぼくは、うれしくって、うれしくって、こころがキラキラしちゃうんだ。”背表紙のこのフレーズが、とっても心に響きます。
 『ともだちや』をしていたキツネを、真の友達と受けいれたオオカミ。『ともだちくるかな』では、自分の誕生日を一日間違えて、やって来ないキツネに心を痛めたオオカミ。
 そして、“おれたち、ともだち!”シリーズ第3弾、『あしたもともだち』。顔はワイルドだけど、心は人一倍優しくて、ナイーブなオオカミ。そんなオオカミが、“おれは、やさしいことをしないオオカミ。オオカミは森いちばんの乱暴者”というプライドを持っているのが、今回のお話の見どころ。
 クマのからかい歌を歌いながらも、クマのために、“落ちているクリを ふまないようにあるいていった”ラストシーンに、ますますオオカミへの愛着を感じました。
そして、そんなオオカミを、黙って見守ってあげたキツネ、二人の思いやりのある友情に拍手を送りたくなります。
 「はんぶんも、しんぶんも、やめは、やめだ!」ことば遊びの詩に、子どもたちも声をあげて喜びます。
 ♪ クマは まったく こまった やつだ ……
 こまった くまった くまった こまった ♪
 私が勝手につけた節にあわせて、読み聞かせのあともついつい口ずさんでいる子どもたちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつまでもいつでも友だちでいてね。

2001/01/03 19:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人に決して「優しい。」と言われたくない 強いだけのおおかみでいい。
… だから、誤解をされる。
木から落ち、腰をうち10日も寝たきりになったクマを こっそり看病しているおおかみ。
だから、キツネと遊んでも上の空。
はっきり、クマを看病をしていることをキツネに言わないから、
キツネは知らない誰かにヤキモチを妬く。悪循環です。

 遊びを中断され、しょんぼり帰るキツネの後ろ姿にオオカミは、
「明日は地球の果てまでも一緒に散歩してやるからな。」と 呟きます。
呟きだけでは伝わらないよ。ちゃんと声に出していわなくちゃ。

 怪しく思ったキツネは悪いことだと思いながらも、オオカミの後をつけます。
そこで事実を知ったキツネ。彼は声をかけず、その事はそっと胸の内にしまってしまいます。
友だちでいるために…。
声をかけない、知らないふりをする…それも友情なんですね。
あの時に声をかけていたら、オオカミとキツネの友情は終わっていたかもしれません。

 これからも 友だちでいる以上いろいろなことがあるでしょう。
一つ一つハードルを越えるたび、彼らの真の友情は深まっていく気がします。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男の子の気持ちって…

2018/12/02 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

素直になれない強がりな男の子の気持ちをうまく表現しているシリーズだと思います。
誰にでも優しくすることが、カッコイイことではないと、悪ぶる男の子…
優しいのがカッコイイという世界になれば、こんなに複雑な心境にならなくてもいいのに・・・男の子の世界って難しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ともだち

2016/06/01 06:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達っていいなと改めて感じることのできる絵本です。おおかみの名言も多く、こんなこと言ってくれる友達いいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

(あしたは、ちきゅうのはてまでも、いっしょにさんぽしてやるからな)なんて言えるともだち、うれしいよね

2000/11/21 14:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バムセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「オオカミは、もりいちばんのらんぼうものと思われている」と思っているのは、だれよりもオオカミ本人のようだ。キツネといっしょにクマのからかいうたを歌ってさんぽしてるとき、クマがたおれてるのを見かけた。キツネにわからないように、「や、やめだ!さんぽは。」なんてどなって、こっそりクマのかんびょうに行っている。
 なんだか、様子がおかしいぞと思ったキツネはこっそりオオカミのあとをつけていった。そこで、見たのはオオカミのやさしさ。あとをつけてしまったことを恥ずかしく思った.オオカミはそのあとも、クマのからかい歌を歌っていたけど、クマのためにこっそりクリをふまないようにしてあげていた。キツネも気づかないふりをしてた。
 こうやって、ともだちのいいところ見つけていくのかな。

 降矢ななさんの絵も元気があっていい。「ともだちや」「ともだちくるかな」に続くシリーズ3作目。「ぼくよりもっといいともだちができたのかなあ」と心配するキツネの顔も、オオカミのあとをつけてきたことがはずかしくってほほを赤くするキツネもかわいらしい。

 シリーズ4作目「ごめんね ともだち」も近刊予定のようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/26 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/14 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/22 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/31 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/20 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/24 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/06 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/29 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/24 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/21 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。