サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美味しんぼ 1(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-192501-5
文庫

紙の本

美味しんぼ 1 (小学館文庫)

著者 雁屋 哲 (作),花咲 アキラ (画)

美味しんぼ 1 (小学館文庫)

税込 639 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

美味しんぼ(小学館文庫) 76巻セット

  • 税込価格:51,192465pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読後、日本の世界一がもうひとつ分かる

2009/04/11 03:14

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本の食文化は世界最高峰のひとつである。文化に順位など付けられないといえばそれまでだし、他の文化を見下すものではありえないが、世界一と言ってよいと思う。つい先日も「食文化の幅広さと歴史の深さからして、東京は世界一のグルメ都市だ」として米フード・アンド・ワイン・マガジン誌で二年連続圧倒的1位に選ばれた。
 おそらくこの美味しんぼを50巻まででいい、読んだとき、食文化のなんたるかが骨身に染みて理解できるはず。ここで学んだことは、学術講義の何百倍も骨肉になるだろう。ひとつ、日本の食文化の最高峰の証左を歴史から述べれば、京都の「瓢亭」は300年にわたり継続してきた日本料理界の規範ともいうべき最古峰の名店である。調べた限り、そして本書にもあるが、ここまで伝統ある店や、脈々と守り続けられる味の伝統というのは、フランスはもちろん中国にもどこにもない。そして、日本の器の美しさは、完全に世界を圧倒している。技巧の極致に至っている。
 「豆腐100珍」という本がある。これは1782年に書かれたもので、すでにおよそ考えられる限りの豆腐の食べ方が詳述されている。これが・・ほんとに200年以上前に書かれたものか。私は感動すらした。
 懐石料理というのは、茶道に通じる。知れば知るほど、ただ「食べる。飲む」などという本能とは次元が異なる。本能的所作を、精神文明の極みまで高めている。春に一瞬だけ見せる桜の美しさを尊ぶ日本の美。虫の声を騒音と言わない日本人。そのすべてが懐石に出ているのだ。感動とはまさしくこのことだろう。
 美味しんぼというのは、結局こういうことを語っている。決して料理のレシピが毎回出てくるなどというのとは違う。
 だが、実はこれでも美味しんぼの序章に過ぎない。美味しんぼは特に初期のころの話は、珠玉のストーリである。ありがちで強引ともいえるが、胸のすくような、気持ちいいびっくりするような感動話が多い。抽象論を言っても仕方ないが、たとえば「そばつゆの深み」とか「とんかつ慕情」などの回は初期に出会う珠玉の話の一つだと私は思う。この面白さが実は一番の売りである。クッキングパパなどは歯が立たない。
 しかし、巨大な弱点もある。作者は、一面理性的かと思いきや、極端な反米で、天皇陛下への敬意を抱かず、朝鮮韓国に大きく偏向している。海苔巻が韓国発などとあり得ぬ妄言に引っ張られている。そして、挙句の果てにはシーシェパードの船を撃沈し、オーストラリアと貿易を断てなどという。
 しかし、ここは目を瞑ろう。著作の素晴らしさを損なうものではない。かかる欠点を指摘してもなお、100巻以上続いているのには理由があるのだ。こういう名作は絶対読むべきだ。すぐにBK1で注文してはどうだろうか。アマゾンなぞより早くきれいな本が直ちに届くはずだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します小学館文庫コミック版 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。