サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 学術文庫の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社学術文庫の通販
  7. コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/288p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-159451-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史 (講談社学術文庫)

著者 小林 章夫 (著)

コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史 (講談社学術文庫)

1,080(税込)

コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史

972 (税込)

コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史

ポイント :9pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 23.9MB 無制限
Android EPUB 23.9MB 無制限
Win EPUB 23.9MB 無制限
Mac EPUB 23.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

18世紀のインターネット!!

2001/08/20 11:51

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 17〜18世紀にイギリスで繁栄した、非アルコール飲料を提供する社交の場、コーヒー・ハウスについてその歴史と意義を解説した読みやすい本です。

 昔の郵便ってのは戸別配送でなくて局留で、コーヒーハウス宛に留めておくのも多かったとか。新聞がいかにして誕生したか、保険組合ロイズがどのようにできたか、などもあります。今はあたりまえになってしまっているものの来歴を知ることは、楽しいものですね。新聞や雑誌が誕生し泡沫のごとくあらわれ消えていくプロセスは、今のメールマガジンを思わせます。

 そのせいか全体としての印象は、コーヒー・ハウスは17〜18世紀におけるインターネットであったのだなということ。雑多な人間が交流し、悪所として排斥されつつも商売と交友の場として人々の支持を得て、思想や団体、新商売を産み出す拠点というやつです。
 効能確実と書かれた薬が売られ、根も葉もない噂話に興じ、あまり影響力のない政治談義に熱を入れ、誇大広告やケレンばかりが流行し、口ばかりの新ビジネスを売り込む人間が横行、コミュニティはちょっとしたことで集散統廃し、流言蜚語をばらまき操作しようという輩も居る。などと、あやしげなところも今のインターネットとまったく変わりありません。
 なにせバブル経済という言葉は本来この時代の一時期を指した言葉ですし。

 多様な人間が集まる場が階級や団体別へと分化し閉鎖的になっていったクラブのように、インターネットも固定的集団に囲い込まれて分断されていくのだろうか。いや、既にそうなっているのか。などと考えなくもない今日このごろです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/10/22朝刊

2000/11/10 21:15

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 英国といえば紅茶のイメージが強いが、十八世紀のロンドンには、文化の拠点として数多くのコーヒー・ハウスが立ち並んでいた。文学者のたまり場である以外に、政治議論や経済活動の中心としての機能、そしてジャーナリズムをはぐくんだ過程を、英文学者が豊富なエピソードを交えながら紹介する。
 植民地政策の転換などから、コーヒー・ハウスはわずか百年ほどで衰退するが、その間に英国社会、文化に与えた影響は非常に大きいと、力説する。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/24 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/25 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/24 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/03 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/21 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/16 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/24 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/31 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/02 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む