サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

偽史日本伝(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/519p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747250-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

偽史日本伝 (集英社文庫)

著者 清水 義範 (著)

偽史日本伝 (集英社文庫)

802(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

おそるべき邪馬台国 9-44
大騒ぎの日 45-82
封じられた論争 83-116

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

ホントとウソの境目は。。。

2000/10/26 01:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KON太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史順に14のお話が登場する。
「ふむふむ、へー、なるほどね」
と初めは納得するのである。
ところが、よくよく考えてみると何かおかしい。
というのは、歴史上の事実が、いつのまにか、作者の空想物語に化けているのだ。
例えば、3番目のお話「封じられた論争」では、平安時代の女性作家、清少納言と紫式部の2人が登場する。
清少納言は枕草子を書き、紫式部は源氏物語を書いた。(ふむふむ)
2人はほぼ同じ時代の人物なので、宮中で顔を合わしている。(へー)
互いに作家でもありライバル意識が強かったため、相手を目の敵にしていた。(なるほどね)
清少納言は「沓草子(くつのそうし)」というエッセイを書き、その中で紫式部の悪口を書いている。
紫式部は「続紫式部日記(しょくむらさきしきぶにっき)」という日記を書き、その中で清少納言をののしっている。
当時の権力者である藤原道長がこの醜い言い争いを聞きつけ、両方の本をすべて焼き払ってしまったため、歴史には残らなかった。(おやおや?)
というわけで、どこにも現存していない古典の現代語訳まで引用されていて、いかにもかつて存在していたかのように語られているのであるが、まるでウソ。著者のおふざけである。
ある程度日本史を知っている人が楽しむための本だろう。
くれぐれも、この本で歴史の勉強してはいけないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

偽史なのにタメになる

2002/01/18 03:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 偽史なのにタメになるのがこの本の不思議でいいところ。これはやはり、著者のけっこう根がマジメなところが働いているのだなあと思う。あとがきに“思いっきり歴史で遊んでみた”とあるのだが、歴史が進むにつれ、けっこう読ませるのである。著者の場合、時にはパロディの悪ノリのしすぎで、オヤジギャグのようにおもしろくなくなってしまうことがあるが、マジメさを根底に残した本はこのようになかなかいいのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当かもしれない

2002/07/16 18:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lady - この投稿者のレビュー一覧を見る

鯨統一郎さんの「邪馬台国はどこですか」を読んで、みごとにすべてを信じそうになったわたしは、この作品でも、最初のお話は「なるほどな」と納得してしまいました。
というよりも、あとがきを先に読まなかったので、まじめな本だと思ったのです。まさに「邪馬台国はどこですか」の謎を、実に合理的に解決していて、わたしたちのとおーいご先祖さまも、いまとかわらない性格だったのね、と親しみを感じてしまいました。
NHKの大河ドラマでも、日本の歴史に興味をもてますが、この本で、いろいろな時代について読んだことで、ほかの歴史の本も読みたくなりました。
読書のはばが広がって、感謝です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愉快な歴史遊び

2002/08/27 05:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Okawa@風の十二方位 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 歴史の名場面を、現代の視点(ワイドショー風(笑))や「もし」の仮定を持ち込んで、戯画化してみせた快作です。それでいて、なぜか本質を付いているような気がするのは、著者の目があまりにも素直だからでしょうか。特に家康と秀吉の関係を描いてみせた「転がらぬ男」は、二人の関係を見事に描ききった傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/20 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/29 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/20 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/30 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/26 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/03 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/23 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/21 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/29 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る