サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:20cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-393-13502-4
  • 国内送料無料

紙の本

聖者たちのインド

著者 島 岩 (編),坂田 貞二 (編)

人々を魅了し奇蹟を起こし、時にイカサマと糾弾され社会問題ともなる「聖者」。現代に活躍する聖者達と、聖者達を輩出するインドの歴史と伝統を、美点・欠点・毀誉褒貶あますところな...

もっと見る

聖者たちのインド

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人々を魅了し奇蹟を起こし、時にイカサマと糾弾され社会問題ともなる「聖者」。現代に活躍する聖者達と、聖者達を輩出するインドの歴史と伝統を、美点・欠点・毀誉褒貶あますところなく紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと超越瞑想運動 星川啓慈 著 24-46
バクティヴェーダーンタ・スワーミーとクリシュナ意識運動 中野毅 著 47-69
ラジニーシ教団 足沢一成 著 70-97

著者紹介

島 岩

略歴
〈島〉1950年福井県生まれ。金沢大学文学部助教授。著書に「ヒンドゥーの神々」など。
〈坂田〉1938年東京都生まれ。拓殖大学商学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なぜ私たちは聖者に惹かれるのか

2000/11/12 19:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤井正史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 書店の宗教書コーナーには、既存の宗教各派の本に混じって、怪しげな本が数多く並んでいる。いずれも超常現象、超能力や奇蹟について書かれたものだ。本の売り上げランキングには、新宗教の教祖たちの著書が上位にあがる。現在、書籍売場は諸宗教団体が信者を獲得する最前線なのである。
 信仰に入るきっかけの多くは、以前の「貧・病・争」の悩み相談と強引な勧誘から、個人的な興味から本を手にすることで、実際の活動に引き込まれていくパターンに変化してきた。そのため、カルト教団、新々宗教各派は、オカルトや神秘思想を巧みにイメージさせて若者を吸収しようと出版に力を注いでいるのだ。しかし、このような教祖や聖者たちの思想と行動、その成立した背景について客観的に分析した本は少なく、一般社会からの視点を持ったものはほとんどない。

 この書ではインド研究者・宗教学者・人類学者によって、現代インドの聖者の背景を、<宗教体験><時代的・文化的背景と宗教的体験の言語化><聖者認知のシステムと組織のあり方>という3つのポイントを切り口に分析している。一般的にも知名度の高いサイババ、ビートルズが傾倒したTM(超越思想)のマハリシなど現代の聖者6人、ヒンドゥー教の一派をつくった過去の聖者3人について、その背景と、現状について述べている。
 その中で注目せずにいられないのは、フリーセックスとドラッグで注目を浴び、武装したコミュニティーづくりを目指したラジニーシの教団である。80年代、アメリカでの反社会的行動は、オウム真理教の事件に酷似していて、不愉快極まりない。日本の犯罪教団の具体的なモデルはここにあった。

 また、インド社会における宗教の在り方を考察する手段として、非差別カーストから集団改宗した仏教徒たち、反プロテスタントのユーロブディズムなど、インドでの仏教各派の活動を取り上げているのは、あまり日本では知られていない貴重なレポートである。そしてキリスト教・イスラム教・仏教・ヒンドゥー教の聖者観の違いに言及し、「聖者と政治権力の関係」の解明を試みている。

近代化を目指す社会構造の急激な変化と人々のこころのずれに対し、聖者たちは求められるまま役割を果たしてきた。何かを探し続ける人々の心は、時代を経ても変わりなく、次々と新しい聖者を生み出していく。海外に進出する教団も多いが、これは彼らが普遍的な教義を持つからではなく、社会から逸脱した聖者の存在そのものに、私たち自身が癒しを感じてしまう証の一つではないだろうか。
(藤井正史/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。