サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ゆきの山荘の惨劇 猫探偵正太郎登場

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆきの山荘の惨劇 猫探偵正太郎登場(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-342805-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゆきの山荘の惨劇 猫探偵正太郎登場 (角川文庫)

著者 柴田 よしき (著)

ゆきの山荘の惨劇 猫探偵正太郎登場 (角川文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

シニカルでおっちょこちょい、猫探偵正太郎の事件簿。

2001/12/16 03:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:光圀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オレ、猫の正太郎。同居人で作家の桜川ひとみとともに「柚木野山荘」で開かれる結婚式にやってきた。しかし山荘は異様な雰囲気につつまれ、そして最初の犠牲者が…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

探偵猫、現れる!

2012/01/24 14:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

このミステリの主役はなんと、猫だ。
「名前はまだない」わけではなく、
名を正太郎という。
ちなみに飼い主は作家の桜川ひとみ。


結婚式に招待された飼い主に連れられ、
やってきた山奥の山荘で事件が起きる。
突然土砂崩れが起こり、
同じく結婚式に招待された作家と
編集者が同乗する車が土砂に埋もれる。

辛うじて救出されたが、その夜、ふたりは死んでしまう。
死因は恐らく中毒死。
そして翌朝、もうひとり、死人が出る。
新たな犠牲者は新婦。転落死だった。

結婚式の前に新朗に届いていた「結婚を取りやめろ」という脅迫状。
その脅迫と二つの事件は、やはり関連があるのか。
それとも事故なのか……猫探偵正太郎が真相に迫る!


まったくもう、
猫を主役にしてしまうなんて…しかも、ミステリの。

柴田よしきの発想には脱帽する。
確かに、赤川次郎の「三毛猫ホームズ」シリーズなど、
猫を主役級に取り上げたミステリは存在する。

だけどもあちらはあくまで猫は主役級。
それなのに、こちらは猫による一人称で物語が進んでしまう。
ハチャメチャだ。
だけれども、いや、だからこそ、面白い。


事件の展開はネタばれになってしまうので、
詳しくは触れないが、結末はとっても悲しいものだった。
それでいて、ちょっと拍子抜けするものでもあった。
一見、矛盾する形容なのだけれど、
この作品を読めば、この形容が、
あながち間違いではないと、わかるだろう。

人間が起こす悲しい事件を、
主役の正太郎(猫)や正太郎の幼なじみのサスケ(犬)、
美猫のトマシーナがユーモアあるやりとりで包んでいる。
それ故、事件の悲しさから受ける悲しみは6割減といったところ。
この加減の具合が、柴田よしきの憎い演出ともいえるだろう。

それにしても、柴田よしきは実に幅広い作風の作家だ。
緑子シリーズでは組織にさえ立ち向かう力強い女性を描いたかと思うと、
今度は猫が主役のミステリ。
他にも小料理屋を舞台にした話や、
青春のエッセンスを散りばめたミステリ、
ァンタジーも書いている。

初めて柴田よしき作品を読んだとき(読んだのは『RIKO』
)、柴田よしきを男性だと思った。
綴られる文章が男性的で、荒々しく力強い印象だったのだ。

しかし実際のところ、柴田よしきは女性だ。
猫探偵正太郎シリーズや、『桜さがし』、
『ふたたびの虹』などからは、
柔らかい、やさしい印象しか受けない。

なんて作風の幅が広いんだ! 
もしかして多重人格なのか? 
もしそうだったら、わたしはきっと納得してしまう。
実際はもちろん、
ただ、作風がとてつもなく幅広いだけなのだろうけれど


作品中、正太郎の言葉にこんなものがある。
「猫族の殺猫行為は、常に傷害致死であり、予期せぬ出来事である。」
同族を殺そうと思って殺すのは、人間だけなのかもしれない……。
毎日、世間を騒がしているニュースを思い起こし、
なんだかとても悲しい気持ちになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫探偵は数々あれど、私のイチオシは正太郎!

2002/01/31 02:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サブタイトルが「猫探偵正太郎登場」。以前に「柚木野山荘の惨劇」として出た時に読んだものが、文庫化されたので購入して、読み返しました。
 黒と白のツートンカラーに金色の瞳、ペルシャ猫なみの長毛種の正太郎くんが、同居人のひとみさんとともに、作家仲間の結婚パーティーのために、辺鄙など田の山荘へやってきた。そこで招待客がなんらかの中毒で倒れるが、唯一の下界への道は土砂崩れで通行不能。夜間でヘリも飛ばせない。症状はどんどん悪化して、さらなる犠牲者が! …というようなお話です。

 正太郎くん、やっぱり良いなあ。犬のサスケの関西弁も雰囲気があって好き♪♪♪一応、シリーズ第1弾ということで、このあと『消える密室の殺人 猫探偵正太郎上京』と『猫探偵・正太郎の冒険1 猫は密室でジャンプする』が出ています。
 どれから読んでも、楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/18 12:41

投稿元:ブクログ

いや〜この方、いろんなジャンルのもの書かれてて、その上みんな面白いじゃないですか!この本なんか冒頭から騙されちゃいましたし。いきなり語り手が「俺は寝ている間に拉致されたのか」ですもん。ハードボイルドかと思っちゃいますよね。
シリーズ第一弾なので、続きがあるのがうれしい♪
探偵が猫で、飼い主(本人は同居人、と呼ぶところが又良し)が作家、ってところがいいですね。美女ならぬ美猫が出てきたり。(2002.9.9)

2002年9月9日に読了。その後ブックオフで(笑)購入しました。
このシリーズは安心して読めていい。

2007/12/21 23:13

投稿元:ブクログ

題名の通りの小説でした。猫視点で書かれていて、深く考えさせられるというよりも、あっさりさっぱり読みきれてとても読みやすかったです。猫好きにはたまりません。推理モノとしてもなかなかよかったです。難しすぎず簡単すぎず…。
2006/4/14

2007/02/03 00:14

投稿元:ブクログ

【解説】 二階堂黎人 ― 柴田よしきのさらなる挑戦 [読者代表より] 山口芳宏 ― どんな人が『ゆきの山荘の惨劇』を読むべきか

2016/09/21 20:59

投稿元:ブクログ

柴田よしきさんが書くと、猫はこうなるんですね。

ミステリーですが、猫目線です。
ラストは、そう来ますか…といった感想となりました。

シリーズ化になってるようなので、もう少し読んでみようと思います。

2008/03/25 00:04

投稿元:ブクログ

猫探偵登場とタイトルにもあるように。

にゃんとも頼りになるキャットの登場です。

頼りない同居人を尻目に大活躍。

可愛いヒロインとの馴初めも見逃せない。

猫好きにはにゃんとも楽しいシリーズが始まりましたぞw

2007/04/06 16:15

投稿元:ブクログ

主人公は女性作家。ある日山奥で行われる友達の結婚式に招待された。それに無理やりつれてこられた主人公の飼い猫正太郎。招待された山荘では毒死、転落死が次々と発生する!!相次ぐ死は事故なのか?それとも殺人なのか?猫の正太郎が事件解決のために活躍する!

ん〜。イマイチ入り込めない。正太郎のキャラがな〜。飼い主に冷たくわがままで、猫の特徴そのままなの。もっと愛らしい猫の話が読みたかった・・・。猫探偵と銘うってるわりには、結局事件解決は人間だし・・・。

トリックは、リアルとシュールが入り乱れてる。推理ものとしてはご法度だろう。

2007/05/28 00:08

投稿元:ブクログ

猫探偵正太郎、初お目見え。
孤高でクール、時にはちゃっかりな正太郎と飼い主(正太郎いわく「同居人」)のデコボコな関係が好きです

2015/05/18 16:50

投稿元:ブクログ

同期作家の鳥越裕奈の結婚パーティーでゆきの山荘にやって来た桜川ひとみと編集者・糸山。裕奈の夫・白石に頼まれてやって来た浅間寺竜之介。何者かに脅迫されていると訴える白石。白石に送られた脅迫のFAX。白石の飼い猫トーマと仲良くなる正太郎。崖崩れに巻き込まれた作家・川内と編集者・山脇。デビュー前に書いた作品を盗作されたとひとみに訴える裕奈。容疑者を炙り出すために仕掛けた芝居。裕奈の小説と同じ状況で毒を盛られたふりをするひとみ。毒にやられた川内。1度は回復したが死んだ川内。同じく死んだ山脇。山脇が死ぬ間際に話した資料。過去に自殺した女性作家の死の謎についての資料。谷底に落ちて死んだ裕奈。浅間寺竜之介の推理。

2008/08/02 00:00

投稿元:ブクログ

猫も人間も犬もみんなキャラクターがよかったです。真相は、すごいな。いいのかな。ありなのかなこれ。私は推理とかできないのでこれはこれで全然ありです。

2008/10/18 06:02

投稿元:ブクログ

この本は「せつない」がテーマかなぁと思うのですが。
正太郎がせつないって言ってたとこが私もせつなかったよ。
作者に負けた気分だよ!(苦笑

我が輩は猫であるみたいに猫が主人公のミステリ。密室系。
にゃんこかわいいよ!

2009/06/02 02:17

投稿元:ブクログ

09/06/02読了。
正太郎シリーズ第一弾。一冊通して同じ話はこれだけかな?テンポがよくてコミカルでちょっとじんわり。

2010/01/24 14:45

投稿元:ブクログ

猫探偵の正太郎と、同居人の桜川ひとみが、解決する推理小説の第一作目です。
正太郎と同居人の桜川ひとみは、山奥の「柚木野山荘」で開かれる結婚式に招待された山荘では、幼馴染の犬サスケとその飼い主で、正太郎の最初の飼い主の「親父」こと浅間寺龍之介がいた、その山荘で新郎の白石へ脅迫状が来たり、土砂崩れで山荘が孤立、毒死、転落死、相次ぐ死の真相を正太郎が解き明かす。
山荘もののミステリーです。ミステリーが好きな人は、ぜひ見てください。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む