サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/284p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-861263-3

紙の本

丘の家、夢の家族

著者 キット・ピアソン (作),本多 英明 (訳)

若い母親のリーと貧しい暮らしをしている9歳の少女シーオは、リーが夜勤の間ひとりぼっちで留守番をしながら「夢の家族」を想像していた。あるとき仲のいい四人の兄妹と出会い、その...

もっと見る

丘の家、夢の家族

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

若い母親のリーと貧しい暮らしをしている9歳の少女シーオは、リーが夜勤の間ひとりぼっちで留守番をしながら「夢の家族」を想像していた。あるとき仲のいい四人の兄妹と出会い、その家の子として迎えられるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キット・ピアソン

略歴
〈ピアソン〉1947年カナダ生まれ。児童図書館員・教師として働きながら、子どもの本を書き始める。本書でカナダ総督児童文学賞受賞。訳書に「床下の古い時計」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

夢ならばさめないで!自分の願ったとおりのきょうだいのいる夢のような生活はずっと続くのだろうか?

2000/11/28 15:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杜若 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 9歳の少女シーオは、若い母親のリーと二人暮らし。貧しい生活の中でシーオの唯一の楽しみは本を読むこと。母親が仕事で留守の間、図書室から借りてきた本を読み、眠りにつく前に空想の世界へ入り込むのだった。きょうだいとやさしい両親のいる仲のよい家族を夢見ていた。
 リーが新しい恋人と暮らすため、シーオはリーの姉に預けられることになった。ビクトリアへ向かうフェリーの中で、シーオは“夢の家族”のようなカルダー家の4人きょうだいと出会い、一緒に遊んでいて、この人たちの家族になりたいと強く強く願う。
 シーオが目を覚ましたのはカルダー家のベッドの中だった。夢かと手の甲をつねると痛い。夢ではない?リーはどこへいったの?これは魔法なの?疑問を感じながらもシーオは“夢の家族”の一員となり、お話の中のような生活がはじまる…。
 
 第一部はシーオの現実の貧しい生活を描いていて暗い物語のように思えるかもしれない。しかし、シーオにしか見えない謎の女性は誰なのか、意外な方向に展開していく物語の面白さに引き込まれ、どんどん読み進んでいけるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/05 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/23 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。