サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観(ブルー・バックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/244,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-257306-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観 (ブルーバックス)

著者 安藤 寿康 (著)

心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観 (ブルーバックス)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観

972 (税込)

心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

近くて遠い遺伝の解明

2008/08/21 12:53

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

遺伝はSFなどに登場するだけでなく、大昔から
よく知られた現象でした。
産まれた子供が親に似ている。
人間から人間が産まれ、馬から馬が産まれる。
親の特性が子供に受け継がれているのです。
しかし、身体的、構造的に似ていることが心理的、知的に
似ていることになるのでしょうか?
それ以前に遺伝や心の本質とは何なのでしょう?
 
著者の安藤氏は行動遺伝学、教育心理学の立場から
知能と遺伝の関係を研究しています。
具体的には一卵性双生児と二卵性双生児の行動や能力を
調べ比較することによって心理や知能に対する遺伝や
環境の影響を調べているのです。
 
生命には個体差があり、特に人間は知能において同一例が
発見されないほど互いが異なっています。
個別に調べても他の例には当てはまりません。
そこで数学(統計)的手法を利用して研究を進めます。
個別では判明しなかった事実が多くのデータを集めることで
見えてくるのです。
 
実際には、この研究分野は数多くの難問を抱えています。
統計学的手法導入の是非、研究結果が人間の価値を決定
してしまうのか?など倫理的問題。
それ以前に知能とは何なのか?
遺伝によって生命の機構がすべて決定されるのか?
これらの問題点や前提が明確にならないまま見切り発車した
研究分野のように感じられます。
 
歴史的には19世紀のダーウィンの進化論から、
ゴールトンの優生学、メンデルの遺伝学や医学、生物学、
最新の行動遺伝学や分子生物学などまで様々な研究分野が
登場してきています。
遺伝がいかに複雑なシステム(仕組み)かが判明すると
同時に数多くの謎も発見されてきたのです。
現在も多くの研究者たちが様々な視点から謎の解明に
挑み続けているのです。
 
本書は私たちの頭の中で遺伝と環境が、どのように
影響を与えているのか?遺伝とは何なのか?
人間の心理、知能とは何なのか?などの一端を
垣間見せてくれています。
科学的な興味を持つSFファンだけでなく、小さな子供を
持つ親や教育関係者などにも読んでほしい本です。
 
SFファンにもメンデルの遺伝三法則くらいは
知っていて欲しいものですが、一歩進んで遺伝が知能に
及ぼす影響についても考えて欲しい気がします。
教育などの環境も大切なんですが、、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遺伝観の見直しを迫る意欲作

2000/12/14 09:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三中信宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、新たな「人間行動遺伝学」がもたらした研究成果を踏まえて、社会に広がっている「遺伝観」の見直しを求める。研究の方法そのものは高度に統計学的な技法が要求されるが、本書のスタイルはそれをよく噛み砕いて伝えており、一般向けの啓蒙書として適切なレベルだと私には感じられた。
 知能・性格・心理などの行動形質を量的遺伝学の立場に立って、その遺伝要因と環境要因さらには両者の交互作用の効果を解明するという方法は、進化生物学や応用育種学ではすでに広く適用されてきた。とりわけ、最近の心理測定学では、共分散構造分析(構造方程式モデリング)が複雑な多変量行動形質の統計解析法として広く用いられるようになってきた。
 「心の遺伝」を論じることがともすれば「遺伝決定論」とか「優生主義」というレッテルを貼られてしまうことを十分に意識している著者は、行動遺伝学の基本的な考え方を慎重に議論していく。進化学の祖チャールズ・ダーウィンとそのいとこである優生学の祖フランシス・ゴールトンから説き起こし(序章)、量的形質の遺伝メカニズムとその測定法を説明する前半部(第1〜2章)は、よくまとめられていると思う。
 このあたりまで読み進むと、行動遺伝学の過去の【汚点】−データ捏造や人種差別−に向けられた批判者の全面的攻撃に対して、著者がどのように対面しているかが見えてくるだろう。IQ論争におけるスティーヴン・グールドの主張(たとえば『人間の測りまちがい』河出書房新社を見よ)は反論の典型例である。グールドはスピアマンの一般知能因子(g)や因子分析で構築される因子が「統計学的な artifact」に過ぎないことを理由に、知能遺伝論を反駁するという戦略を取っている。
 著者はグールドのこの戦略は「人間の心理的形質の遺伝の問題をイデオロギー論争の中に位置づけようとする人のとる常套手段」(p.94)であると批判する。しかし、統計学的に構築された因子の reification の危険性はつねにあるわけで、相関係数や因子をあたかも【実在】するかのように述べることがまちがいであるというグールドの指摘は基本的に当たっていると考える。
 むしろ、著者はグールドが攻撃対象としたような心理統計分析の手法はその後新たな方法論によって置き換えられ、あるいは修正され、グールドが批判するような欠点は現在では解決されているのだと述べた方がより説得力をもったのではないかと私は感じた。もちろん、本書のような一般向けの本の中では、統計学的な詳細を議論するスペースはきっとなかったのだろうが。
 第3〜5章にかけては、創発的遺伝(3−4節)や環境概念の再検討(5−1節)などさまざまな実例を通して遺伝と環境との関わりを説明する。「遺伝と環境をお互いに両立しない二律背反のように考える癖」(p.155)をえぐり出すことで、「遺伝観の再考を促す」のが本書のもう一つの大きな目的であることを読者は知るだろう。
 第6章は、著者自身の双生児研究に基づく事例が紹介される。「教育とは人間の遺伝的制約を“乗り越えて”、環境によって人間の可能性を開花させることではないということだ。遺伝的な条件を背負う人間に対して、その遺伝的条件の発現の場を与えているのが教育なのだ」(p.211)という著者の結論は、当然の帰結だと私は感じるが、それでもなお議論の火種となるだろう。最後の第7章では、社会に広まっている「遺伝観」が「貧しく」しかも「硬直している」ことに対し、強い懸念が表明される:「人間の心理的形質に遺伝的影響がある」という命題は、冷静に考えてみれば実に当たり前のことなのである。むしろこの当たり前の命題が、素直に受け入れられていないことの方が問題なのである」(p.217)。この一文は、むしろ本書の冒頭にあるべきだっただろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文科系遺伝学の必然性。

2003/06/29 23:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「遺伝子は人間の姿やかたちのみならず、一人一人の心のあり方にまで影響を及ぼすのだろうか」。本書は、思わず、考え込んでしまうような命題を考察したものである。作者は、人間行動遺伝学の見地から認知能力とパーソナリティの発達に及ぼす遺伝と環境の影響に関して、双生児研究から追究している。

村上春樹の小説のような話なのだが、かつて、双生児の女の子と短い間だが、つきあっていた。彼女は一卵性双生児の姉の方だったと記憶している。ある夜、彼女の自宅に電話をした。てっきり、彼女だと思って話をはじめたら、妹だった。姉とそっくりな声だった。

作者曰く、一卵性双生児とは遺伝的に全く同じであるということ。生まれてすぐに別々に遠く離れた地で一卵性双生児が何十年かぶりで再会したら、趣味、性格などに「驚くほどの相似性」があったという有名なエピソードが紹介されている。

ぼくたちは「遺伝」なんて言葉を耳にすると、どうも文学的な解釈をしがちで、すごく運命的なものを感じて、ともすると、一生そこから逃れられないなどと嘆く人も存外多いだろう。しかし、作者は従来の「貧しい遺伝決定観」に対して「多要因の全体的な力動という視点が欠落しているのだ」と批判している。

本書の冒頭で、「進化論」を唱えたチャールズ・ダーウィンと昨今またぞろ物議を醸している「優生学」の祖であるフランシス・ゴールトンが似すぎたいとこ同士として紹介している。ちなみに、優生学は、ナチスのホロコーストの温床と目され、「悪魔」のレッテルを貼られた学問。しかし、遺伝を論ずるのには、避けて通れない問題である。

二人は、いとこであるのだから、容貌は似ているのは当然なのだが、進化に対する考え方まで似ていると。このエピソードのオチとしては、晩年の二人の写真が掲出されており、歳月を経たら、二人は異なる道を歩んだためか、その容貌はすっかり異なってしまった。

いわゆるゲノム学がこのまま発展したら、前述の優生学の再来を招くのではないかと危惧されている。そのために、作者は、遺伝学も理科系のみならず、文科系からのアプローチも必然であると述べている。

「いま必要なことは、ただ手をこまねいて悲観的な未来像を描くことではなく、新しいミケランジェロが自然に生まれ育つような新しい遺伝観に基づく豊かな社会を築くことである」と結んでいる。同感である。

大学の心理学のレポートというと、いまも『性格を決定するのは、遺伝か、環境か』などという十年一日的なものなのだろうか。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一知半解での評価は危険だが、やはり釈然としないものが残ってしまう行動遺伝学

2000/12/05 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FAT - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の「心はどのように遺伝するか」というタイトルから、評者はいわゆる「ミーム学」のような内容を予想したのだが、意外にも本書は、人間の心理的特性に「遺伝」が及ぼす影響を研究する人間行動遺伝学の入門的概説書であった。
 この学問は、心理的特性の違いを「遺伝」により、どの程度説明できるかを統計的に明らかにすることを目的としているのだが、具体的な方法論は、双生児の集団から、双生児の組ごとに計数的に捕捉できる心理的データを計測・収集し、母集団の属性ごとに心理的データの相関係数の高低を比較する。その際、ある心理的データに関する一卵性双生児の母集団から得られた相関係数が、二卵性双生児のものと比較して有意に高ければ、その心理的特性については「遺伝」の影響下にあると結論付けるというものである。
 このようなアプローチ自体には首肯できる部分が大きくある。「心と遺伝」という、得てして議論が抽象的になりがちな分野において、相関係数という統計量に基づいて反証可能な命題を積み重ねていこうという努力は、強い説得力を持っている。一方で、実態は捨象して、統計量のみから一定の結論を導き出すというアプローチには、どうしても釈然としないものを覚えるのも事実だ。それは恐らく、統計量に基づいて判断するという方法論が潜在的に含んでいる「人間の心理現象も数量に還元できる」という前提に、感情レベルで納得できないところがあるからだろう。
 しかし、繰り返しになるが、進化論を知ってしまえば、どうしても払拭することのできない「心はどの程度、遺伝によって支配されているのか」という疑問について、実証的なデータに基づいて議論しようとする人間行動遺伝学は、興味深い学問的試みであることは否定できず、その入門書として、本書は非常に意味があると思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遺伝の誤解を解き「人間行動遺伝学」の基礎を伝える

2000/11/16 02:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:彦坂暁 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人間の心が「遺伝」と「環境」の相互作用によって形成されることは、一般論としては誰もが認めるだろう。しかし人の諸々の「性格」や「知能」には、実際にどの程度まで遺伝や環境が関与しているのか? この疑問に双生児研究などの手法を用いて答えようとするのが人間行動遺伝学で、本書はその入門書だ。一卵性、二卵性双生児の比較から、どのようにして遺伝や環境の影響を数値化するのか、その数値をどう解釈するのかなど、行動遺伝学の基本的な研究法と考え方が易しく解説されている。
 もちろん心の遺伝学的研究に対しては多くの批判もある。中には「遺伝的=決定論的」というような単純な誤解に基づくものもあるが、双生児研究の妥当性などについての、専門的な批判もある。本書は、このような批判への反論にもかなりのスペースを割いている。
その議論に納得できるかどうかはともかく、批判にフタをせず、正面から答えようとする姿勢は評価できると思う。

(彦坂暁/広島大学 総合科学部 http://hiko475.ias.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html)

<本書の「参考文献」から>
『遺伝と環境 人間行動遺伝学入門』(R.プロミン著)
『子育ての大誤解 子どもの性格を決定するものは何か』(ジュディス・リッチ・ハリス著)
『優生学の復活? 遺伝子中心主義の行方』(ブライアン・アップルヤード著)
『人種 進化 行動』(J・フィリップ・ラシュトン著)
『DNA伝説 文化のイコンとしての遺伝子』(ドロシー・ネルキン、M・スーザン・リンディー著)
『人間の測りまちがい 差別の科学史 増補改訂版』(スティーヴン・J・グールド著)
『遺伝子という神話』(リチャード・レウォンティン著)
『続 科学の終焉(おわり) 未知なる心』(ジョン・ホーガン著)
『遺伝子万能神話をぶっとばせ』(ルース・ハッバード、イライジャ・ウォールド著)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/16 09:28

投稿元:ブクログ

おもしろかったーこれ! 確かに新書にしとくの惜しいわ。

「行動遺伝学」っつーのの本で、一卵性双生児と二卵性双生児とふつーの人とを比べながら、遺伝の影響と環境の影響を測ってみよう! という学問。双子の研究は事例集めるの大変だし、倫理的な問題もあったりするので難しいと思うけど、それだけにとても有意義。優生論の絡みもあるし、教育論の絡みもあるし、おとーたん、おかーたんの気になるところでもあるし。

行動遺伝学の事例で有名なのは、オオカミに育てられたふたごの「アマラとカマラ」のお話。環境も教育も大事だよねという結論に導くためによく引用される、それはそれで正しいと思うけれども、そもそも「才能」「資質」がなければ教育も環境も無駄になる。教育者や親をやる人には、才能や資質を見抜く力が、まず求められる、みたいな話。

英語の授業の実験で、双子ちゃんをたくさん集めてやった話が面白かった。
いわゆる講義形式と、おしゃべりを通して学ぶ形式を、たくさんのふたごを2つのクラスに分けてそれぞれ学ばせて、結果を比較する。それぞれの授業形式の特性がはっきりと出てて面白い。結論は、「どっちもいいところがある」「子供の気質にあわせるべき」みたいなこと。そらそーだよな。

検証しましたというには被験者の数が少ないのかも知れないけど、あんまり欲張り言えないだろうからなーこの分野。

はぁ、久々にあかでみっくなご本読んじゃった、少しはかしこくなったかしら。

2016/02/06 18:21

投稿元:ブクログ

やはり内容が多少古いのかもしれない。エピジェネティクスについては、まだ研究が進んでいなかったという事か。

2009/12/26 21:08

投稿元:ブクログ

行動遺伝学の入門書。一卵性双生児に関する統計調査の重要性が強調されています。統計データの解釈に関わる部分でもありますので、取り付きにくいところもありますが、なかなか興味深い結果がたくさん紹介されています。

著者の主張は全くマット・リドレーが『やわらかな遺伝子(原題:Nature Via Nurture)』とほぼ重なるように思われます。知識能力や性格などは遺伝的要素が高いのだけれども、その発現は教育を通して顕れるのだということを強調しています(そう記述する動機はよく分かります)。いくつか参考文献が最後に挙げられているのですが、それなりに売れているマット・リドレーの著作が挙げられていないのは残念です。
また、『心はどのように遺伝するか』は疑問ありです。必ずしも心が"遺伝"するわけではない、というのは著者の主張だと思いますので。

2005/05/02 12:24

投稿元:ブクログ

【目的】

【引用】

【感じたこと】

【学んだこと】
新しい環境が新しい遺伝的素質を開花させる。
資質に合った役割を。

2009/11/25 11:08

投稿元:ブクログ

心は遺伝するか。
本書はYESと答える。

一卵性双生児などの統計的な検査が根拠だ。
資質が共通していることが非常に多いという。

ただし、運命決定論ではない。
遺伝がすべてではない。

たとえば、親の資質がそのまま子どもに遺伝するわけではない。なぜなら遺伝するのは遺伝子であり、それ自体ではなく、その組み合わせが意味をもつものであるからだ。

ここからたとえば、「適性が違えばそれにあった教育環境は違う」などの知見に結びつく。

人は一人ひとり違うのだから、その人自身をしっかり見つめなければならないという、いってみれば当たり前のことを再確認。

2010/12/25 23:09

投稿元:ブクログ

遺伝子はその人の在り方を決めるわけではなく、その人の生き方が遺伝的特徴を発現させる。ということが印象に残った。遺伝的情報は水の流れる谷のようなものであり、ある方向に流れやすくなっているというイメージ。(ウォディントン)

2010/05/21 06:35

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
ヒトゲノム、クローン技術と、21世紀は遺伝子の時代に突入しようとしている。
そしていま一卵性・二卵性双生児の研究から、身長や体重だけではなく、IQや性格への遺伝的影響も明らかになってきた。
遺伝子はどのように人間の心を操っているのか?
遺伝をめぐるさまざまな誤解を解く「心と行動の遺伝学」。

[ 目次 ]
序章 偉大ないとこたち
第1章 遺伝のメカニズム
第2章 遺伝を測る
第3章 遺伝の多様性
第4章 遺伝のダイナミズム
第5章 遺伝から観た環境
第6章 遺伝と教育
第7章 遺伝の意味論

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/05/13 19:13

投稿元:ブクログ

面白い

行動遺伝学の入門書。プロミンの本と内容が多く被っているが読みやすい。
遺伝、共有環境、非共有環境の寄与率の算出の仕方の説明。
遺伝と教育の関係。教育方法を変えれば、教育方法に応じた成果がでる。ただ
し、結局遺伝にも依存する。
環境は遺伝子の可能性を引き出すもの。どちらかだけではない。

2010/12/09 02:37

投稿元:ブクログ

 心を働きと捉え、心は遺伝的であることを言っている。人間の心理現象も生命現象の一部なのだから、遺伝するのは当然だと言えるのだろう。運命論的遺伝観を否定し、教育や環境の重要さも説いている。

 遺伝を決定論者的に解釈するのではなく、自然なものとして素朴に受け入れ、自分にとって有益な情報とし、生きてゆくために学ぶべきこととをして捉えられるきっかけになると思います。

2015/01/25 17:05

投稿元:ブクログ

人間の心と行動の遺伝を研究する人間行動遺伝学をわかりやすく解説していた。遺伝学ときくと、農学ないし分子生物学でのシーケンサーを使ったDNAを分析することが頭に浮かぶ。しかし本書は、統計的手法を用いた心理学や教育学のアプローチで書かれていた。この意味で個人的には、遺伝学を少し身近に感じることができた。

双生児をサンプルとし、一卵性と二卵性との間の特徴の異同が分析が主となっている。なおこの前座として、IQの相関係数の中央値が、一卵性双生児、二卵性双生児、きょうだい、親子、親・養子の順で高くなっていることがまず紹介される。

社会的関係性の分析は興味深い。上司からのサポート、自律的な関わり、プレッシャーの側面、親からのあたたかさは遺伝的規定性があるという。

遺伝的な条件を加味した上で、活動の場を与えて発達を促すことが理想だということは発見だった。つまり、教育や環境だけでは解決できない問題を、冷静に整理できるということである。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む