サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. 河出文庫の通販
  7. 20世紀SF 4 1970年代接続された女の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-46205-7
文庫

紙の本

20世紀SF 4 1970年代接続された女 (河出文庫)

著者 中村 融 (編),山岸 真 (編),ティプトリーJr (ほか著)

20世紀SF 4 1970年代接続された女 (河出文庫)

税込 1,045 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

接続された女 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 著 7-80
デス博士の島その他の物語 ジーン・ウルフ 著 81-112
変革のとき ジョアンナ・ラス 著 113-130

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

内向と幻視の70年代

2001/06/16 04:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ayuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ニューウェイヴも一段落した70年代からの収録作品11篇は総じて内向的で幻視的。流暢な語り口で雰囲気たっぷりに書いてくれるのはいいけれど、センス・オヴ・ワンダーにはやや欠ける気がする。逆に主流文学寄りに一皮むけたSFとも言え、テーマに興味さえ持てれば誰でも読めることだろう。これもSFの楽しみの一つであり、ぼくはそういうの結構好きだ。

 以下気になったものをいくつかピックアップします。

ティプトリーJr「接続された女」
 このシリーズにはサイバー美女モノの話がいくつも収録されているのだが、この表題作は少しヒネってある。ただ、今読むと語りは垢抜けないし、ストーリーも予定調和的で寓話みたいではある。

ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」
 主人公の少年が家庭内の問題から逃避するため、作中作の冒険小説「デス博士の島」をなぞった幻想にとりつかれていく話。奇妙な話法を読み解く鍵は最後のセリフにあると思ったのだが、どうだろう。SF味は薄いが、本書最高の一篇と思う。

ル・グィン「アカシア種子文書の著者をめぐる考察ほか〜」
 蟻語で書かれたアカシア種子文書を読み解く前半、行き過ぎた擬人化の馬鹿馬鹿しさが楽しい。

ジョン・ヴァーリィ「逆行の夏」
 本書でいちばんSFらしい作品。灼熱の水星を舞台にしたエキゾチックな未来社会の一断面と登場人物の葛藤のドラマを、短い紙数の中に描き切っているのが素晴らしい。

クリストファー・プリースト「限りなき夏」
 これ、「センティメンタリズムはすべてに優先する」風のやや御都合主義的な作品なのだが、20世紀初頭の若者の恋がとてもとても瑞々しいので、許す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

趣向を凝らした作品が多く、面白い

2003/05/18 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1940年代から90年代までの、英語圏のSFを10年毎にまとめた、全6冊のアンソロジー・シリーズの第4巻である。1960年代のニューウェーブの後を受けた1970年代の短編が、11収録されている。ニューウェーブの影響で妙に格好付けたような物も二、三あるが、趣向を凝らした作品が多く、面白い。中長篇でも傑作を書いている著者の作品が多い。それぞれ着想が面白く、SFならではできない社会をシミュレーションしている、SFらしさがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

収録作品一覧

2001/02/13 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アーシュラ・K・ル・グィン
「アカシア種子文書の著者をめぐる考察ほか、『動物言語学会誌』からの抜粋」
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「接続された女」
R・A・ラファティ“Sky”
ジョン・ヴァーリイ「逆行の夏」
バリントン・J・ベイリー「洞察鏡奇譚」
クリストファー・プリースト「限りなき夏」
ジョージ・R・R・マーティン“And Seven Times Never Kill Man”
フリッツ・ライバー「あの飛行船をつかまえろ」
マイクル・ビショップ“The House of Compassionate Sharers”
ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」
ジョアンナ・ラス「変革のとき」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/29 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/12 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/18 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/09 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/18 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/03 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/02 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/22 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/13 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。