サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「平成時代」を読む ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明治・大正スクラッチノイズ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 文芸社
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8355-0858-0

紙の本

明治・大正スクラッチノイズ

著者 柳沢 慎一 (著)

1868年の明治時代から1925年の大正時代までの、日本と外国のエピソードを紹介。力道山と東富士、アメリカのショウビジネス界、キートンとチャップリンなど、時代のスクラッチ...

もっと見る

明治・大正スクラッチノイズ

税込 1,404 13pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1868年の明治時代から1925年の大正時代までの、日本と外国のエピソードを紹介。力道山と東富士、アメリカのショウビジネス界、キートンとチャップリンなど、時代のスクラッチノイズが満載。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

昭和以前の大衆文化に興味のある人は絶対に買って損なし!

2001/02/07 13:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大谷能生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『〜下種な話から聖らかな話題へ、平たく云うとニコライ堂、正式には「東京復活大聖堂」がギリシア聖教会のニコライ大主教に依って建立され開堂したのが明治24年(1891)3月8日の事〜』と、トントントンと威勢のよい語り口で、ヴァイオリン艶歌から『イエッサー・ザッツ・マイ・ベビー』まで、立小便禁止令から丸ノ内美容院の開業まで、明治−大正の大衆芸能文化史を、その年ごとの流行唄にまつわるエピソードを中心にして縦横に語ったステキな読み物が出ました。

 「スクラッチノイズ」とは擦り減ったSPレコードに針を落とした際に聴こえるシャーシャーと云う雑音のことだけど、そうした雑音を愛していると公言してはばからない柳沢氏は、時代の表面に浮かんではパチパチとはじけて消えてゆく大衆芸能のノイズを、講談的な語りの芸を感じさせる「話の八艘飛び」話法で活き活きと拾い上げてゆく。

 そのアクロバティックな話の構成は、著者は意識しておられないと思うのだが、もう一つの「スクラッチ」、つまりレコードをターンテーブルの上で擦って「楽器」として演奏してしまうヒップホップの「スクラッチ」を彷彿させる。氏の筆が引っ掻く歴史の「スクラッチノイズ」は、驚くほど豊かな音色を持っている。昭和以前の大衆文化に興味のある人は絶対に買って損なし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。