サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 健康・家庭医学の通販
  5. 早川書房の通販
  6. 脳の時計、ゲノムの時計 最先端の脳研究が拓く科学の新地平の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳の時計、ゲノムの時計 最先端の脳研究が拓く科学の新地平
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-208311-5

紙の本

脳の時計、ゲノムの時計 最先端の脳研究が拓く科学の新地平

著者 ロバート・ポラック (著),中村 桂子 (訳),中村 友子 (訳)

ものを感じ、意識し、覚える。これらの活動のメカニズムに大きな役割を果たす「体内時計」の秘密とは。脳とゲノムと時間の驚くべき関係を感覚・意識・無意識・記憶などの最新研究と鋭...

もっと見る

脳の時計、ゲノムの時計 最先端の脳研究が拓く科学の新地平

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ものを感じ、意識し、覚える。これらの活動のメカニズムに大きな役割を果たす「体内時計」の秘密とは。脳とゲノムと時間の驚くべき関係を感覚・意識・無意識・記憶などの最新研究と鋭い洞察で解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・ポラック

略歴
〈ポラック〉分子生物学者。コロンビア大学生物科学部元学部長。ジェイムズ・ワトソンのもと、がんウイルスを研究。著書に「DNAとの対話」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2001/1/7朝刊

2001/01/10 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村雅美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第二章に「失われた時間」のことが書かれている。人間の感覚と意識に関することである。
 失われた時間を示した実験は今から数十年前に行われた。脳に電極を埋め込んだ人の腕をつねると、その人は「痛い」と叫ぶ。つねった刺激が神経を伝って脳に達するには百分の一秒しかかからないが、叫び声は刺激の約半秒後に出てくる。本人はつねられてすぐに叫んだつもりなのに。
 「痛い」と言うのは、刺激を意識した時である。そして、刺激が神経を伝わる時間との差が失われた時間である。この間に脳は蓄積したさまざまな記憶を混ぜ合わせ、意識を組み上げている。そしてわれわれは、失われた時間を自覚することはない。古くから知られている現象だが、改めて教えられると興味深いことは多い。
 原著の表題である「THE MISSING MOMENT(失われた時間)」はここからとっている。六章構成で、前半の三章では「感覚」「意識」「記憶と無意識」というように、人の脳の働きを中心に書いている。
 意識をはじめとする知的活動や行動は体内時計に支配されているが、著者はこの不思議な時計のことを綿密に考察している。また、時間の「ずれ」をみて、「今」というのはどちらのことだろうか、というやや哲学的な問いも投げかけている。後半の三章では「侵略の恐怖」「暴動の恐怖」「死の恐怖」のタイトルで、感染症、がん、老化と死といったわれわれが直面する課題に迫っている。日本版の表題にある「ゲノムの時計」はやや象徴的な言葉のようで、ゲノム(遺伝情報のセット)の研究成果が、これらの恐怖にどのように対応するかを語っている。
 著者が書いているように、知識と英知とは別のものである。現代は科学や医学、体に関する知識は飛躍的に増えている。半面、これに逆比例するように英知を働かせることが少なくなったような気がする。蓄えた知識を生かして英知を働かせる——そんな能力が現代人には求められることを教えてくれる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/23 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/09 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。