サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

システム管理者の眠れない夜 本当に価値のあるシステムを求めて
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: アイ・ディ・ジー・ジャパン
  • サイズ:19cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87280-417-1

紙の本

システム管理者の眠れない夜 本当に価値のあるシステムを求めて

著者 柳原 秀基 (著)

ITは本当に人を幸せにするのだろうか。情報システムとそれに振り回される人々の真実の姿を届けるエッセイ集。『月刊ウィンドウズ2000ワールド』連載を単行本化。【「TRC M...

もっと見る

システム管理者の眠れない夜 本当に価値のあるシステムを求めて

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ITは本当に人を幸せにするのだろうか。情報システムとそれに振り回される人々の真実の姿を届けるエッセイ集。『月刊ウィンドウズ2000ワールド』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

システム管理者のみなさん、お疲れさまです

2002/03/18 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:穂高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会社のシステムを管理している同僚に薦められて読んだ。システム管理者はコンピュータだけを相手にしているわけではなく、一番大変なのは人間を相手にしていることなんだということを具体的な例を挙げて苦闘ぶりを描いたエッセイ。「システム管理者なんかなるもんじゃないな、まぁ協力くらいならしてもいいけれどもさ」、なんてことをしみじみと思った。筆者が大阪人なので会話が関西弁、これが具体的なエピソードをお笑いに昇華しているように思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

システム管理者をとりまく人、全てに読んでもらいたい

2001/06/30 12:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:淳  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 システム管理者、それは因果な商売である。企業の情報システムは、普通に動いてアタリマエ、動かなくなるとたちまち文句をつけられる。しかしその問題の原因の多くは、たいがいユーザ側にあるものなのである…。

 ベテランシステム管理者の苦悩の日々を綴る本書は、同じような境遇に身を窶す同業諸氏におかれては心から同感しつつ読み進めていくことができるだろう。私はシステム管理者ではないが、情報システムの研究開発に携わる一会社員として似たような立場に置かれることもあるので、本書で紹介されているような理不尽な要求がまかり通っている現実は分からなくもない。

 「偉いな」と感心したのは、実にオトナな態度で理不尽なユーザを手なずけている点である。こんなくだりがある。レイアウト変更では、システムに不都合が起らないようにシステム管理者が全てパソコンを移動する。ところがそれをユーザが好き勝手に変更すると、どうしてもトラブルがする。その対処に出動した場面である。

筆者「わちゃ。ケーブルがぐちゃぐちゃや。どこが悪いのからわからんから、
配線をやりなおしますわ」
A氏 「はよ直してや。メールを読まなあかんねん」
(「あんたらが壊したんやろ」と言いたいのをぐっとこらえる)
筆者「そんなに急いではるんやったら、別の人のパソコンを借りたら?」

 この場面、私なら「あんたが壊した」と言うのをこらえることはできないだろう。システム管理はシステムだけでなく人の管理が重要、と本書では説いている。まさしくそのとおりで、ユーザをいかに教育するか、ユーザといかに良好な関係を築いていくか、それが重要なのだ。

 上記引用でもわかるとおり、舞台は大阪であり事例は全て関西弁で紹介されている。それで本書が説教臭くなっていないのがよい。技術的な難しい話はほとんど出てこないので、システム管理に係わるあらゆる人にお薦めできる。とくにお薦めは、ネットワーク層の上位に位置される「政治層」、「経理層」の方々。本書を読んで、少しでも現場の苦悩を理解してあげたって下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「システム管理者」が語る,意外と知られていない職種と情報システムのあるべき姿

2001/01/07 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹島 愼一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 システム管理者とは企業のパソコン,ネットワークの保守管理を行う人だとわかっていても,この本を読むまで,イメージがつかめなかった。
 その実態とは,信じられないパソコンの使い方をするユーザー(利用する側の社員)の勝手気ままと渡り合い,パソコンに弱い管理職からは逆にしったされ,突然のトラブル出張,残業,休日出勤続きは当たり前で,ほんとうに眠れない人たちだ。そしてそうした実態がわかるほどに明らかになるのが,情報システムそのものが抱え持つ,けっして人間にやさしくないという変てこな実状だ。
 文章には期待できない,と思って読むとそれは偏見で,意外とよく書けている。ところどころに飛び出すユーモアもひとりよがりではない。で,まっとうな人だと読者にはわかるから,ユーザーが突きつけてくる無理難題と対決する姿が,おもしろおかしく目に映る。大阪弁の会話文も,単なるボヤキと読まれる平板さから救っている。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/31 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/03 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/05 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/06 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

システム開発・設計 ランキング

システム開発・設計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。