サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「ヘミングウェイを読む英語力をつけたいならこの本!」ポイント5倍キャンペーン(~1/18)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 日本評論社の通販
  6. 少年事件の実名報道は許されないのか 少年法と表現の自由の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少年事件の実名報道は許されないのか 少年法と表現の自由
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-51258-2

紙の本

少年事件の実名報道は許されないのか 少年法と表現の自由

著者 松井 茂記 (著)

少年法の壁に疑問を抱かず「知る権利」に応えられない新聞やテレビ、ゲリラ的報道に出る一部メディア。こうした状況下で少年法と「知る権利」の調和点を探り、続発する少年事件とどう...

もっと見る

少年事件の実名報道は許されないのか 少年法と表現の自由

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年法の壁に疑問を抱かず「知る権利」に応えられない新聞やテレビ、ゲリラ的報道に出る一部メディア。こうした状況下で少年法と「知る権利」の調和点を探り、続発する少年事件とどう取り組むかを提示。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「護憲」的立場から少年法を批判する

2001/09/09 00:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:袋小路 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神戸市須磨区の児童殺傷事件(97年)では一部のマスメディアが容疑者の少年の顔写真を報道した。大阪府堺市で起きた通り魔殺人事件(98年)でも、「新潮45」が容疑者少年の実名を報道し、少年が損害賠償訴訟を起こした。こうした動きに対しては、大新聞などの「良識派」マスメディアからは「少年法の精神に反する」といった批判が浴びせられてきた。
 しかし本書の著者の松井氏は、少年事件の報道制限を定める少年法61条は、憲法21条が保障する表現の自由を侵害している、と主張する。
 松井氏は憲法学者。民主制において不可欠である、という理由で表現の自由を極めて重視する(逆に社会権や憲法9条の平和主義などは重視しない)議論で知られている。
 氏は表現の自由の制約は、とりわけ厳しい基準を満たさなければ認められない、とし、実名報道の一律絶対的禁止は正当化しがたい、と結論づける。
 著者はさらに、少年の自己責任を重視する立場から、現行の少年法の背骨となっている保護主義にも疑問を投げかける。
 これまで、少年法の報道制限に対する批判といえば、もっぱら加害者への応報感情を根拠とするものが多かったように思う。その中で、「表現の自由」を根拠とする、いわば「護憲的」観点から少年法を批判している点で、本書の主張はもっと議論の対象とされていいはずだ。特に少年法の専門家からの応答があれば、知りたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

憲法の視点から少年法を考える

2001/01/15 12:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:法学セミナー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少年が罪を犯したとき、審判手続は公開されず、氏名や顔写真は報道されない。これらの措置は少年の利益を保護するとされるが、国民の知る権利や表現の自由はどうか。本書は、憲法の観点から論じる。
 少年のプライバシーを保護して更生をはかることが、社会の利益にもなるならば、審判を非公開とすべきだ。しかし、国民の知る権利との比較衝量から非公開が正当化されるのは、やむにやまれぬ場合のみだ。
 事件報道においても、少年の最善の利益は、表現の自由と調整される必要がある。裁判所が、具体的な事例で両者を衝量し、やむにやまれない場合にのみ報道を制限すべきだ。
 さらに、少年観の変化にも言及がなされる。自己決定権の行使主体となった少年は、自己責任を負うべきであり、その責任を自覚させるためにも情報公開は有意義だという。
 少年法の目的と憲法上の権利、これらをどう考えるべきか。本書は、理論的に突き詰めた書といえよう。(C)日本評論社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/03/04 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。