サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クール・キャンデー(祥伝社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-32813-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

著者 若竹 七海 (著)

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

497(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

夏の暑さから一瞬で冬の寒さへ。

2000/11/30 17:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹井庭水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 若竹七海に思春期を書かせたらいけませんね(誉め言葉)。世の中に斜に構え、それでいて無防備で傷つきやすい。思わず説教したくなるくらいです。

 14歳の誕生日と夏休み初日を明日に控えた中学生・渚。そんな折り、ストーカーに襲われ重態だった兄嫁が他界し、同時刻にそのストーカーも交通事故で変死。しかもその容疑者として兄・良輔が警察にマークされてしまう。動機十分・アリバイなしの良輔。渚は兄貴の無実を証明し、人生最悪の夏から抜け出せるのか?

 150枚にしては登場人物が15人以上出てきて大騒ぎなんですが、その一人一人をこうやって思い出せるほど印象付けに成功してるのがすごいなぁ。それぞれを印象的なセリフや行動で色分けしてるうちに、田舎町の閉鎖性が浮かび上がってきてみたり。事件の手がかりを与える任務しかない登場人物でも、駒扱いせずに物語内に巧く取りこんでる。宮部みゆき『火車』に通じるかも、というのは言い過ぎか。

 それにしてもこのラストはすごい。たった1ページでサプライズ、たった2行でネガ反転。近年希に見る刹那のどんでん返し、目をしっかり開けて見るべし。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

推理モノ&青春モノ

2018/07/08 01:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、文字が大きく、ページ数も多すぎず、中編といった感じで、気軽に読めました。
中学2年生の主人公が殺人容疑のかかった兄の無実を証明するために頑張るお話です。ミステリー的な要素をメインにした小説だと思うのですが、主人公の目線で語られる”世の中の理不尽なことへの反感”や”自分自身への苛立ち”など、青春小説特有の切なさや酸っぱさを感じさせてくれました。主人公の小生意気な語り口でそれらが融合して、とても読みやすかたです。
実は、この小説の内容と結末は、何年か前にテレビドラマで見て知っていたのですが、そのドラマの原作が読みたくて手に取りました。やはり、小説だとまた一味違いますね。
若竹七海先生の本は、今まで気になりつつも読んだことがなかったのですが、予想以上に好みのタッチでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あっという間

2014/07/11 14:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポも良く、主人公の女の子もかわいいので、噂に聞くほど後味悪くはありませんでした。面白かったです。
でも、行間も大きいし、文字間も大きい。2時間かからずに読了です。これ一冊では短すぎる(値段も安いけど)。短編集に入れたほうがよかったねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリのお手本のような快作

2007/05/23 21:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

明日から夏休み!しかもその日は誕生日!!嬉しいことが二つ重なる明日を楽しみにしていた渚の元に突然の悲報が。入院していた年の離れた兄のお嫁さんが亡くなり、そのきっかけを作ったストーカーの男が殺される。その容疑が兄へと向けられて・・・。殺人者の妹になるのが絶対にイヤな渚は、兄の無実を信じて真犯人を探しはじめる。
文庫本にして160ページ(しかも1ページの字数が少ない。なんとかムリヤリ160ページにした感じ)と短く、とても読み易い文体で書かれているため、スラスラと読み進めることができ、一、二時間もあれば読み終えることができるでしょう。が、短いと侮るなかれ、ミステリとしてプロットがしっかりしているし、何よりも最後に待っている驚きといったら!これには見事にやられました。
ミステリのお手本のような快作です。
それにしても、主人公の渚。冷めた目で大人たちを観察していたり、腹の中で大人をからかっていたりと、なんとも小生意気。なのですが、よくよく思い返してみると、今を去ることン十年前、自分も中学生だった頃は大人の言うことなんて聞きもしなかったし、こんな感じだったなあと。それなのに渚のことを生意気だと感じるということは・・・。思いたくもないですけど、年を取ったということなんでしょうねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうきたか〜

2017/06/01 22:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

若竹七海さんを読むのはこれで4冊目ぐらいですが、シリーズではないのにたまたま読んだどの作品も舞台が葉崎市で登場人物もリンクしてるのでちょっと驚きました。
私はなんせ読み終わるとほとんど友人達に本をもらってもらうので、シリーズだと意識して残して置かないと確かめることができないもので。(笑)

この作品はホントサイズも大きくページも160ページしかないので短編せいぜい中編ですが、今まで読んだ若竹さんの作品の中では一番好きです。
短いので話がそれほど混みいってないけれど結構推理する楽しみはあるし、最後の落ちは「そうきたか〜」とあっけに取られました。

これからは若竹七海さんの作品は手元に残しておくことにします。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/06 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/02 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/25 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/10 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/06 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/08 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/13 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/03 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/23 06:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む