サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ローマの歴史 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ローマの歴史 改版(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/540p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-202601-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ローマの歴史 改版 (中公文庫)

著者 I.モンタネッリ (著),藤沢 道郎 (訳)

ローマの歴史 改版 (中公文庫)

1,183(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/06/24 17:48

投稿元:ブクログ

塩野七生のローマ人の物語を何年かにわたってのんびり読書中だけど、すっとばして読みたくなり。で、意外に面白かった。次から次と目まぐるしくはあるけども、堅苦しくなく勢いのある文章で、読みやすかった。

2006/08/10 17:09

投稿元:ブクログ

もの凄く面白いローマ史です。専門家じゃない分、筆はすべるし、人物は誇張されるし、爆笑しながら読める入門歴史書。

2014/07/11 22:26

投稿元:ブクログ

ストーリーによる、限りなく人間臭いローマの歴史。

本書は小説ではないが、もしかしたら小説以上に生き生きと躍動する登場人物たちに出くわし、小説以上に楽しく読める本かもしれない。

ローマ史には既に膨大な学術的な研究が存在する。
本書はそこには挑まない。あえて一面的な解釈と指を差されることを恐れないで流れを重視する。
主に同時代の歴史書などをもとに、思い切って登場人物をデフォルメし、当時のローマの空気を、歴史の流れを興味深く分かりやすく書いている。

暗記するのではなく、流れでローマの空気を理解できる、一般書としては名著中の名著だと思う。

2011/08/25 21:28

投稿元:ブクログ

ローマ市の建国から帝国の崩壊まで1冊で読める。簡潔な記述ながら生き生きとした描写で飽きずに読める。興味深いのは古代ローマには既に銀行があり、ディオクレティアヌスは社会主義・計画経済の実験までしていたということ。家族の崩壊と避妊、中絶の普及で人口が減ったなど現代と同じだ。「全ての道はローマに通ず」は街道だけではないようだ。

モンテクリスト伯でファリア司祭が語っていたうまく選択した150冊の本はほとんどギリシア・ローマの本に違いない。少なくとも18世紀までは古典古代の叡智への注釈をしているにすぎないのだから。

2009/09/18 22:34

投稿元:ブクログ

20090716
モンタネリ著
ローマ帝国を虚飾なく書き、発表当時は批判も浴びた良作。
読み物として面白かった

2009/04/05 13:36

投稿元:ブクログ

ローマの神話から繁栄、そして滅亡への道がわかりやすく書かれている。 農耕民族が帝国の繁栄によって堕落していく様は、現在の日本と重なるとこがあると思う。

2014/08/02 18:02

投稿元:ブクログ

為政者を辿ることで、古代ローマの歴史を纏めた一冊。
著者は、カエサルもハンニバルも、人間的弱さにフォーカスしたシニカルな評価故に、歴代皇帝、英傑全員が愚帝の様だが、国家・仕組みとしてのローマを評価している。 “アリは愚かだが、コロニーは賢い。” 元老院が、帝国500年の栄枯盛衰を担ったとも読める。

2015/06/24 00:26

投稿元:ブクログ

塩野七生の名作「ローマ人の物語」を読んでいない人にとっては、ざっと古代ローマ帝国の歴史を知ることができる。
それ以上に素晴らしいのは、著者のあとがきにある。
ローマ帝国のヨーロッパでの役割や、キリスト教に関する論評は、ローマ文明が1番というシンプルすぎる論評とは一線を画し秀逸。

2012/06/02 10:58

投稿元:ブクログ

軽妙洒脱なローマ史。質量ともにいまのぼくにはちょうどよく、楽しく読んだ。
「エルトリア人は楽天的で陽気な種族だった。だから、悲観的で陰湿なローマ人が相手では、負けるに決まっていたのである」には笑った。たしかにローマの歴史は陰湿だ。戦争ばっかしてるし、王様や皇帝の半分くらいは畳の上(?)で死ねなかったんだし。でも今のイタリア人のイメージって、この本に出てくるローマ人よりエルトリア人に近い。結局勝ったのはエルトリア人だったのかもしれない。
皇帝と元老院の関係とか、市民の支持が皇帝の権力に直結していたとか、政治事情が興味深い。ギリシアが手本だったのかもしれないが、この時代の政治機構は、中世よりずっと民主的に見える。ストライキだってやってるし。

2011/12/16 12:51

投稿元:ブクログ

ローマ建国から西ローマ帝国の滅亡までを叙述の範囲としたローマ史の概説書。500ページ近くの中々に分量の多い著作だが、スエトニウスに通じる読み物としての面白さを持っている。

2011/05/29 10:59

投稿元:ブクログ

易しく笑えるローマ本。世界史が苦手な高校生やローマに興味があるけど敷居が高いかな…と感じている方は必読です。

2012/04/15 12:24

投稿元:ブクログ

おもろい。この時代から戦争経済なんだなって思った。長く培われた技術というのは、すばらしいなと思う。あと、蓄積し受け継がれる技術が重要なのか、それともそのただなかの流れの中に点として居続ける人間の天性が重要なのか、ってことも思った。

2013/05/17 20:55

投稿元:ブクログ

高校の頃読んだ。
大変面白かった。
赤茶けた文庫探せばある筈だ。
新刊が出たのは大変喜ばしいことだ。

2016/07/12 17:08

投稿元:ブクログ

初めてしっかり歴史ものを読みました。
ローマの歴史についても予備知識がなく一回ではわからないことだらけだったので通読。
現代にも当てはまる感情や、価値観などいろいろと考えされられました。

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む